人気ブログランキング |

★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>ミユキさん 「健康第..
by cicocico at 12:02
㊗誕生日おめでとう\(^..
by ミユキ at 16:32
>じゃんさん せっかく..
by cicocico at 10:01
入場待ちに公演中止の案内..
by じゃん at 11:00
>Invitationさ..
by cicocico at 00:35
今年もありがとうございま..
by Invitation at 00:58
>じゃんさん きびしい..
by cicocico at 16:50
先日はお疲れ様でした。い..
by じゃん at 07:20
ちこちゃんに福が2倍きま..
by ミユキ at 17:16
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
最新のトラックバック
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2019年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オメデトウ30周年!

 あっという間に1週間が経ってしまいましたが、先週22日のライブ「sister’s bar vol.8 」は大大大盛況のうちに無事終了いたしました。遅くなってしまいましたが、まずはご来場いただいた皆さまにお礼を申し上げたいと思います。冷たい雨にもかかわらずお越しいただきまして本当にありがとうございました。おかげさまでもって素晴らしいライブになりました。いやあ、楽しかったですねえ!作曲家としてデビューしてから30年。今や編曲からプロデューサーからボイストレーナーからライブサポートなどなど、本当に幅の広〜い音楽家として活躍されているノダさんですから、今回のライブにも多方面から素敵な方々が参加してくださいました。第1部の女性ショーグループ、なにわ小町 with アプローズ ERICOの皆さんの華やかで賑やかな歌とダンス、面白すぎるトークはまあ一気に会場の熱量をあげてくれましたねえ。実はワタクシずっと以前にライブをお手伝いさせてもらったことがありまして、ERICOさんをはじめお久しぶりのメンバーの方々もいて懐かしかったのですが、当時はまだ「アプローズ」という名義だったのがどうして今回は「なにわ古町 with 〜」での出演になったかの説明がおかしかったですねえ。古参のメンバーであるTIYOさんやhinaさんらが後輩たちに道を譲りつつ、自分たちは関西色あふれるバラエティ路線でいこうと「なにわ小町」を立ち上げたのですが、ERICOさんはどうしてもまだそういうお笑いの部分を受け入れることができず、かたくなに拒んでいるんだって。アッハッハッハ。で、ご自身は後輩の指導などもあるのでアプローズの看板を背負ったまま活動されているんだとか。いやあなるほど。いろんないきさつがあるんですねえ。確かにこの日の出し物ではアフロヅラかぶったりヒョウ柄の服着てダンスしたりメチャメチャ関西のオバチャン出してたもんねえ。いやあ笑った笑った。そのあと一人で登場したERICOさん。清楚な白の衣装に思わず問いかけるノダさん、

…あの同じグループの方ですか?

「いえ、違います」

即答するERICOさんに皆さん爆笑。そして二人の軽妙なトークがありそのままキレイな流れで次の曲へ。

「それでは『You Raise Me Up』お聴きください」

ノダさんのピアノがイントロを奏で、スポットライトに浮かぶERICOさんがおごそかに歌い始めました。と、不意に手を止め立ち上がるノダさんに、何があったのかと思わず立ちすくむERICOさん。超満員の客席にも緊張感が走ります。静かに立ち上がり、せっかく歌っていただいているところ申し訳ないんですが…、とノダさん。

…この曲…、バンド入るんじゃなかったですか?

「!!…、そうでした

シマッタ!という表情のERICOさんにザワザワと笑いが漏れだす客席。メンバーがのそのそとステージに上がるにつれ笑いは大きく広がっていき、ERICOさんの、それではもう一度お聴きくださいの一言で場内はもう大爆笑です。いやあ面白い!もう全然面白いじゃないすかERICOさん!まさかのタイミングで曲が始まり客席もいい雰囲気になっていた時、控えていた僕らだけが、

(えっマジ!?)

(これ出なきゃアカンやつやん!)

(イヤ、もう無理っス!)

と動揺してましたけどね。ウハハハ。いつかヒョウ柄が見られる日が来るのかなあ。ホホホ。いやあのっけから素敵な歌と踊りと楽しいトークの見事なショーを見せていただきました。そして第2部はこのシスターズバーでのまとめ役でもある福田光次郎くんのステージ。コージローくんのライブももちろんこのメンバーで演奏するのもずいぶん久しぶりだし、本当に楽しみにしていました。彼の曲は本当に好きだし気心の通じた信頼できるメンバーとやるのはやっぱり楽しかったなあ。今回はバンド編成でドラムの田中陽(あきら)さんとは初めてだったんですが、これまたいいドラムでねえ。手数が多いというのとは違うんだけど、ゴーストノートというか細かいフレーズを多用してパリパリと歯切れよく小気味のいいリズムで、フィルインとか次のセクションへの呼び込みなども(曲にもよるでしょうが)わりあいたっぷり目で、なんというか饒舌だなあという感じがしました。僕と同じく初めてだったウッディーさんや恩田さんも言ってましたが、それだけ叩いててもうるさくなくて邪魔にならないのは、しっかり音楽をわかっていてツボを心得ているからだろうと。うーん、納得。やっぱりリズムがいいと演奏が締まりますからね。そうしてこのバンドのもう一つの強み。それはツッコミ手が豊富にいるということです。出会った頃から変わらないコージローくんの安定した不穏のステージトークに対して、ノダさんとウッディーさんの東西両巨匠と、アコースティック小編成の時でも常にコージローくんをサポート(いろんな意味で)してくれるギターの小澤マコトさん、マコっちゃんがまたいいツッコミ手なんですよ。この3人がいる安心感と言ったらないですよホントに。当の本人は見事にブレない不穏さで、たとえばこの日は時間が押していて急きょ本番中に1曲カットしたんですが、

「今日はアコースティックな曲も用意してきたんですが、飛ばして次にいきましょうか」

と、フツーにバラしてしまったり、最後のセッションのために駆けつけてくれていたゲストのことを、

「今日の最後に出てくれます梶原孝人さんは

と、フツーにバラしてしまうなど、言わなくてもいいこと、言ってはいけないことを、次々と当たり前のように披露していくという力技を繰り出しては、まわりから、なんでワザワザいうんですか?とか、それは言うなって!というもっともなツッコミ(というより指導)を受けていました。とはいえその程度のことで揺るがないのが彼の彼たるゆえん。最後の曲の前にはノダさんへの感謝とアツい想いを語り始めたのですが、もとより定評がある不穏なMCは健在で、気持ちは伝わってきそうなのですがどうにも要領を得ない話しっぷりに我々は、いや慣れないお客さまもヤキモキしていたんじゃないでしょうか。そのあげく、

…ボクはシスのおかげでオトコにしてもらいました

などと言い出すではありませんか。

「!…どうゆうこと!?

「オイオイオイ!!?

どよめくステージ上。ザワザワとした変な波紋が客席にも広がっていきます。あ゛いや、あ゛そじゃなくて…、と言い訳しようとするコージローくん。せっかく1曲カットしたのにそういうトーク入れる?とあらたな指導をもらうありさまです。さらにはいよいよ演奏にいくと見せかけてはまた喋り出すという得意技も繰り出し、会場中から、もう早くやれって!オーラを浴びる小さな巨人っぷりには頭が下がります。いやそんなこともないです。それでも久しぶりに彼の曲を演奏できて本当に楽しかったしシアワセでした。今度またぜひソロでもお願いします。さて第3部はノダさんにご縁のあるゲストの皆さんのコーナー、これがまた。俳優さん、役者さん、芸人さん、作・演出家さんと多岐にわたっておりまして、ノダさんの幅広い活動ぶりを表しているいるわけですが、あまり普段は関わることのない方々ですけれども、まあ皆さんやっぱりプッロフェッショナルというかなんというか舞台に上がった時の立ち居振る舞いがすごいんですねえ。司会進行にしろ演じるにしろ歌うにしろどこか一本芯が通っているという感じで、そういうところはジャンルは違えども勉強になるなあとあらためて思った次第です。自分もはるか昔に似たようなことやってたことがあるけど、あれはやはりお芝居じゃなくて小芝居だったなあ(当たり前)。最後のセッションではバラされてしまったゲストの梶原さんのパワフルな歌声が、以前とまるで変わっていないのに驚いてしまいました。そしてああ見えて(失礼!)ものすごく礼儀正しいところも。遠方から駆けつけてくれてお疲れ様でした。久しぶりに同じステージに立てて嬉しかったです。こうして盛りだくさんのギュウギュウに中身の詰まったライブでしたが、あ、そうだ。ギュウギュウ詰めといえば、当日は超満員でお客さまもギュウギュウ詰めですいませんでした。それでも小さいお店なのでステージ上からは皆さんのお顔がよく見えるんですが、皆さんがとても楽しそうで笑顔でいらっしゃって、それが僕らにとっても嬉しくて幸せでした。そしていつも来てくださる方や久しぶりに来てくださったお客さまのことも分かったのですが、何しろこの日はケツカッチンでその上終演時間も少し押してしまったため光の速さで撤収しなければならず、ご挨拶もままならずすいませんでした。でも、ありがとうございました。すみやかな退出にもご協力いただき感謝いたします。

あ〜しかし、今回のライブを振り返って思うのは、これだけいろんな内容が入っているのにバラバラにならずちゃんと収まっていてしかもクオリティも高く、そしてみんな楽しんでいたということです。それはひとえにノダさんの音楽活動の幅広さに起因しているのでしょうが、もうひとつはやはりご本人のお人柄が大きいという気がします。でなければどんなに優れた腕を持っていても仕事はこなせるかもしれないけれどあんなに素敵な人たちはついてはこないと思うのです。確かずいぶん前にも同じようなこと書いてたと思うんだけど…、それはそのうち探しとくとして。実際、音楽にはキビシイけど優しいからノダさんて。ウフフ。いや本当よ。コージローくんもオトコにしてくれたし(←それは誤解)。だから関わった人に慕われるんでしょうね。そう、だってノダさんのツッコミって「ツッコム」というより「拾う」とか「すくう」という感じなんだよね。誰かがポロっとささいなボケを言ったとしても聞き逃さずに拾ってくれるんです。って、これもどっかに書いてるな。まいっか。で、それがささいなネタであっても拾ってすくって拾い上げて面白いオチに変えてくれるんです。ライブなんかでも時に予想外のことやハプニングがあったとしても、それをすかさず笑いに変換、推進力に変えてくれるんですね。今回MCなどを担当してくださった円盤ライダーさんたちもそうでした。またそういう方々が集ってくるんですね。えーと、ノダさんと違ってあまりうまい例えが出てきませんが、そういう意味では今回のシスターズバーはノダさんの人柄があふれる、というかノダさんそのものだったと言えるんじゃないでしょうか。ノダさんシスター説。って、そのまんまじゃないですか。ともかく、本当に素敵な笑顔のあふれるいいライブでありました。出演者の皆さま、スタッフの皆さま、お疲れさまでした。ありがとうございました。ご来場いただきましたお客さま、あらためてありがとうございました。

そしてノダさん、野田“s.i.s.”浩平さん。30周年おめでとうございます。これからもますますのご活躍を願っております!そしてまた時々は一緒に乾杯させてくださいね。もちろんその時は楽しく飲りましょう!(センチメンタルおことわり、ネ

by cicocico | 2019-10-28 12:56 | Comments(0)