人気ブログランキング |

★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>ミユキさん 「健康第..
by cicocico at 12:02
㊗誕生日おめでとう\(^..
by ミユキ at 16:32
>じゃんさん せっかく..
by cicocico at 10:01
入場待ちに公演中止の案内..
by じゃん at 11:00
>Invitationさ..
by cicocico at 00:35
今年もありがとうございま..
by Invitation at 00:58
>じゃんさん きびしい..
by cicocico at 16:50
先日はお疲れ様でした。い..
by じゃん at 07:20
ちこちゃんに福が2倍きま..
by ミユキ at 17:16
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
最新のトラックバック
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お知らせ

◆シンシア

2019/09/27(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)

by cicocico | 2019-07-16 23:59 | Comments(0)

Days of Wine and Roses(酒とバラバラのヒビ)

「今日はサンバ3連発だから頼むよ!」

7月5日、おなじみシンシア姐さんの金パラライブの日。楽器を搬入しているところにやってきたシンシア姐さんに、おはようございまーす!と元気に挨拶した私に間髪入れず返ってきたのがこの言葉でした。

「えっ!?サンバ3連発って??」

いきなりのことに面食らう私。

「チコさんがキモだからヨロシク!」

「えっ!?えっ!?どゆこと!??」

事態を飲み込めず面食らう私。今日のメニューにサンバとつく曲はひとつしかなかったはずだけど。すると堺さんが苦笑しながら、

「まあサンバというか、コンガ3連発ってことだね」

と言うではありませんか。よくよく聞いてみると2部のアタマにコンガを叩きまくってほしい曲を並べたというのです。その曲とは『埠頭を渡る風』と『水色の雨』そして『お嫁サンバ』。

(あ〜、そゆこと

曲順までは聞いていなかった私もようやく理解しました。いやいきなりサンバ3連発と言われた時には何事かと思いましたよ。でもまあイメージは伝わりました。駄菓子菓子、じゃなかっただがしかし、姐さんはここにさらにネタを絡めるというのです。リハーサルの時に思いついたという必殺のネタ。そう、それは必殺仕事人!ってそのまんまだな。その内容は『埠頭を渡る風』のイントロが途中であの『必殺仕事人のテーマ』に変わるというネタで、姐さんがチャンバラよろしく刀を振り回す演技をし、オイッ!?アタシゃ必殺仕事人じゃないんだよっ!!と突っ込むというもの。と、こうして文章にしても伝わりづらいっすね。まあ実際に聴き比べていただくとなんとなくニュアンスがわかっていただけるんじゃないかな~とは思いますが、いかがでしょうか。そして最初のうちはひとりで刀を振り回していたシンシアさんですが、やっぱり相手がいたほうがいい!ということで、PAスタッフまで巻き込んで細かい段取りを打ち合わせては何度もリハを繰り返すのです。ええ、殺陣(たて)のですよ。ハッハッハッ。この日一番熱の入ったリハだったんじゃないでしょうか。イヤハヤ。こうして入念な準備をして披露したネタがどうなったかはさておき(さておくのかよ)、この日のライブはいつもと少し違っていました。いや、正確に言えば、我々メンバーは同じでしたがシンシア姐さんがいつもと少し違っていたのです。どういうことかというと、この日の姐さんは何か最初からカラんでくるのです。ええ、吉澤さんに。異変に気付いたのは始まってすぐでした。1〜2曲演奏した後、ギターをチューニングしている吉澤さんに姐さんが、

「ちょっと〜、ちゃんとしてくれない〜!?」

と言いだしたのです。

「え!?なにナニ??」

困惑する吉澤さん。そりゃそうでしょう。これまでもしょっちゅうシンシアさんは吉澤さんとトークでかけ合ったりする中でカラんだりはしていましたが、それもそれまでの話しの流れがあってのこと。ところがこの日は何の前触れもなく何のネタ振りもなく何の打ち合わせもなく絡んできたのですから。ザ・青天のへきれき。この日は雨降ってましたけども。ってそうじゃなくて。そしていったい何をどうちゃんとしてほしいのか誰もわからないまま次の曲へ。それが終わると今度は、

「今日、すごい距離を感じる〜

などと言い出すではありませんか。

「え!?オレ何かした??」

困惑する吉澤さん。無理もありません。今演奏した韓国語の曲もしっとりとしたギターと歌がいい雰囲気をかもし出していたのに、それとは何の関わりもないところから切り込んでこられたのですから。ついでに言えばいつも通りのパラカフェのステージでいつも通りのセッティングなので、実際の二人の距離もいつも通り。ステージの端と端に離れちゃったなんてこともないのです。

(う〜む…)

いつもながら鉄火肌のシンシア姐さんとはいえ、いつもと少し様子が違うと気付いたのは堺さんも同じだったようで、思わず目が合いお互い苦笑いしてしまいました。そんなメンバーの気持ちをよそに、次は初演奏の『Thinking Out Loud』。これもまたいい曲です。姐さんのライブとしては比較的穏やかな曲が続いて客席もなごやかな空気に包まれます。オトナの雰囲気と言ったらいいのでしょうか。が、平和というのは長く続かないもの。そんな雰囲気とは関係なく、あ〜、何か今日はちょっとおしゃれな(品のある)曲が多いから下ネタに行けない〜!と言い出す姐さんに大爆笑の客席。だからブルームーンやってよ!と吉澤さんに詰め寄ります。ええ?何だよその振り?ハイハイわかったやりますよやりますよハイハイ『ちぶさ』ねイヤ『ちぶさ』じゃなくて『Blue Moon』ねわかりましたやりますやります…、と吉澤さん。「だからやってよ」の何が「だから」なのかわかりませんが、簡単に言うとこの曲の歌詞に「乳房」という単語が出てくるので、以前から何かにつけて姐さんはそのことを引き合いに出してこの曲を紹介していたのです。吉澤さんのシブい歌声が終わり、さてここらでちょっとダンサボーな曲を、といくはずだったのですが

「ん〜…なんかやっぱ距離があるなあ〜

「えぇ!?どうしたのシンシア怒ってるの??イヤイヤオレなんかした???」

ん〜…なんか違うっていうかぁ…、何か気持ちが一つになってないって感じ?

「えぇ〜〜〜!?」

何が何だかもはやわからず吉澤さんも我々もそれからお客さんも笑うしかない状態。さらに追い討ちをかけるように、

「せっかく次は二人で歌うのにぃ

という言葉が。これにはメンバー全員で、

「えっっ!??」

そう、姐さんはダンサボーコーナーをすっ飛ばしてもう1部のラスト、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの『Shallow』へ行く気満々なのです。あわてて譜面を探し始める私たち。特に吉澤さんなどは譜面台からバサバサといろんなものが落下する始末。それでもなんとか無事に二人の情感こもった歌が終わり、休憩タイムへ。

「今日、なんかどうしちゃったんですかね?(ある意味)絶好調ですよね?」

「そうそうそうですよチコさんイヤイヤまったくカラんでくるよなあハハハハ」

という我々の疑問に、多分酔ってんじゃない?と堺さんがクールに一言。

「えっ!?」(←こればっかだな)

堺さんの分析では、今日はわりと早くリハも終わって本番まで余裕もあったので、きっと開場してからご常連さんたちと早めに乾杯してたんじゃないかな、と。なるほど〜、と深くうなづく私たち。普段もお客さまから本番中に差し入れがあったりして乾杯してるもんなあ。でもほとんど、というか全然顔に出ないんだよなあシンシアさん。そして、多分「ワイン」とかまで行っちゃってんじゃない?フフフフと笑う堺さんの言葉通り、2部のアタマに「サンバ3連発」そして「必殺仕事人」をお届けしてからもますます絶好調の姐さんは当初の予定を軽々とひっくり返し、ちょっと吉澤さん!ここで代わりになんか歌ってよ!などと言い始めるではありませんか。アッハッハッハ。えっ!?マジかよシンシアもうブルームーン歌ってんじゃんマジでオレ歌うの!?わかったよわかったハイハイじゃあとりあえず『シンシア』ねハイハイ皆さんじゃあすいませんがかけ声よろしくお願いしますウンウン。そう言って歌い始めた吉澤さんに客席が一体となった合いの手が入り、姐さんのなにやら変なテンションにひっぱられるように会場は盛り上がっていきました。そして短いトークの後、何の脈絡もなく、

…じゃあもう1曲、吉澤さんヨロシク

「ええっ!?イヤイヤマジかよシンシアまたオレ歌うの!?イヤイヤシンシアのライブだよ」

そんな急に次々歌えと言われてもと焦りまくる吉澤さんの姿に逆に大盛り上がりのお客さまと姐さん。困った吉澤さんは仕方なくビートルズの『Blackbird』を披露。すると興がのったのか姐さんは妙なサンバ風の踊りで絡んでくるではありませんか。弾き語りで切々と歌う吉澤さんのすぐ横で。これがまたメチャメチャ曲と合ってねえ〜〜っ!!でもメチャメチャウケてる〜〜っ!!イヤハヤもはや何が何だかワカラナイ狂乱の宴の様相を呈してきたではありませんか。そしてそんな宴の最後を締めくくるはずの定番『Dancing Queen』も、イントロが始まってさあ歌い出し!のところで姐さんが不意に、

「これどんな曲だったっけ?」

全員その場でドンガラガッシャン!!さらに演奏後はまたまた吉澤さんに、

「なんかテーマ!テーマ弾いて!!」

と叫びます。

「えっ!?テーマ!?えっ!?テーマってなに!?なにテーマって!?」

動揺しまくり千代子の吉澤さん。ウヒャヒャヒャ!ゴメン、もうホント気の毒なんだけど笑っちゃいました。後で判明したのはそこでメンバー紹介をしたかったらしく、そのための音楽、というかBGMがほしかったんだそうです。そりゃあわかりませんがな。「テーマ」って言われてもねえ。ホホホ。そして最後は姐さんが、次回9月のパラカフェの日にちを何度も7月と言い間違えて何度も吉澤さんに突っ込まれるという、今宵にふさわしいエンディングとなったのでした。ふう。楽屋で吉澤さんに心から、今日は本当にお疲れさまでした(いろんな意味で)と声をかけると、ハハハハいやホントホントですよチコさんホントに参りましたよイヤイヤホントに今日はいろんな角度から弾丸(タマ)が飛んでくるんだからなあハハハハイヤ参りましたよホントに、と汗をふきふきうまそうに水を飲むのでありました。

「でも、これだけグダグダなのにこれだけ盛り上がるライブって、ある意味貴重だよね

という堺さんのクールなつぶやきが妙に耳に残る、そんな夜でした。


とさ。

by cicocico | 2019-07-16 23:57 | Comments(0)

7月なのに

 まだまだ梅雨でございます。ジメジメとスッキリしない日が続いておりますが、そんな中でも私的にはそれなりに出来事もありましたので、ここらで6月をサラッと振り返ってみたいと思います。7月なのに。

✢6月上旬
ブレストークにおける僕らの僕らのリーダー、チャーリーが参加している万里村れいさんのコンサートを、初めて見に行きました。いかにも梅雨という雨でしたが会場はボボブラジル、じゃなかったほぼ満員で年齢層はやや高め(てか自分も決して低くはないが)で、皆さんなんというか品のいい方が多い気がしました。そんな中、素敵な白いドレスで登場した万里村さんは、とても上品な方なんだろうなあと思っていたらまあとってもよくおしゃべりになる方で。オホホ。歌のうまさもさることながら、最初のイメージのギャップにちょっとビックリしました。だって1曲歌って演奏が終わるか終わらないうちにもう話し始めちゃうんですもの。わ〜お。でもファンの皆さんには普通なんでしょうねえ。ご自身も、私のトークが長くってよくカットされるの、なあんて言っては、バンマスに、ここはしゃべってもいいところ?となんども確認したりして、笑いを誘っておりました。そしてそんなお茶目で素敵な万里村さん以上に個人的に注目せざるをえなかったのは、やはり僕らの僕らのリーダー、チャーリーです。だってそりゃあそうでしょう。僕にとってのチャーリーはブレストークのチャーリーなんですから。もしかしていつものように意表をついた発言でもしてまわりをざわつかせたりしないだろうか(←失礼)と、心のどこかでハラハラしながら見守っておりましたが、そんなことはまるでなく(←当たり前)いつもの素晴らしいハーモニカに泣かされ、また、新調したギターも実にいい音色を奏でておりました。いやあチャーリーってギターもうまいんだなあ(←どんだけ失礼)とあらためて思いましたよ。客席からも「よっ!チャーリー!」などとかけ声がなんども飛んでましたしね。そんな一味違うチャーリーの勇姿。カッコよかったなあ。次回のブレストークでもそんな凛々しいリーダーの姿を期待!してもいいですか、わかりませんか、そうですか…。

✢6月中旬
前日の雨がウソのようにスカッと晴れ上がり、というか一転して夏日になっちゃった日曜日。これはもう散策(徘徊)するしかないでしょうってことで不意に出かけました。とりあえず横須賀線に乗って考えたのは、季節的にはアジサイやアヤメですがまあ鎌倉なんかは激混みだろうし、そうだそういえば横須賀にはしょうぶ園があったなあ、そういえばこれまで行ったことがなかったなあ、ということに気づいたのでこの機会に行ってみよう!しょうぶ園で勝負しよう!(何を?)と決めました。現地に着くと駐車場待ちの車が並んでいます。鎌倉ほどではないにしても天気に恵まれたせいか園内はかなりの人で賑わっていました。さて、どこからまわろうかな、と案内板を見ているとピンポンパ〜ンと放送がながれ「まもなくしょうぶ園コンサートが始まります。本日は篠笛、ギター、パーカッションの演奏です。皆さま是非ごらんください」というではありませんか。ふーん、珍しい編成だなあ。けどパーカッションもいることだしこれは見るしかないでしょ、ラッキー!と、早くも勝負(何のだ?)に勝った気持ちで会場に向かったところ、

…?あれ?…)
d0067750_13370486.jpg
なんとそこには長谷川さんのお名前が!おお〜、こんなところでお会いできるとは!とっても子豚さんです!とってもご無沙汰してます!!これはもう見るしかないじゃありませんか!!と、確実に勝負(だから何のだ?)に勝った気持ちで会場に入りました。するとそれほど広いスペースではないものの客席はボボブラジル、じゃなかったほぼ満員です。そして年齢層はだいぶ高めなのはやはり場所がらでしょうか。ここでは比較的若輩者の私は一番後ろに立ってそっと見守ります。やがて拍手と共に篠笛奏者の村山さんが登場。ソロで1曲披露した後、共演者を紹介しますと言って長谷川さんを呼び込みました。

(おお〜、友二さんお久しブリーフ!)

場所がら思わず友爺さん!と叫びそうになるのをこらえて拍手で迎えました。久しぶりに聴く長谷川さんの音色は変わらず穏やかで温かみがありました。篠笛との相性も抜群でパーカッションも加えた3人のバランスも良し。この日見ていて思ったのは、どの曲も長谷川さんは比較的クールにというか淡々と演奏されているなあということです。もちろん現場にもよるのでしょうが、以前に何度かご一緒した時もステージを拝見した時も、あまり感情をむき出しにするタイプではなく常に穏やかに演奏しているという印象はありましたが、それでいて音に込められた感情というかぬくもりが伝わってくるということを、今回あらためて感じた次第です。やっぱり楽器って弾く人の人柄や性格が出るんだよねえ。そしてまたそういうギターがあることによって、逆に篠笛の感情のこもった音や表現力だったりパーカッションのダイナミックスだったりが引き立ってくるという、あ〜こういう音の作り方、アンサンブルもあるんだなあという発見もありました。いや〜こんな演奏が入園料だけで聴けるなんて安い!ラッキー!いやホントあっという間の1時間でありましたよ。で、終わってからこそっとご挨拶に行くと長谷川さんは「オオ〜ッ!?どしたの〜っ!?」と目を丸くしてとっても驚いてくれたのでもうそれだけで私は大満足。感情むき出し。ホホホ。それからゆっくり園内をまわり、音楽と花を堪能するという中身の濃〜い1日となりました。いやあやっぱり散策(徘徊)してみるもんですなあ。

✢6月下旬
かねてから横須賀呑みしたいと言っていた知人とようやく都合があったので、じゃあ令和になったことだし三冷ホッピーで乾杯しようぜ!などと意味不明の理由をならべつつ行ってきました。三令和、じゃなかった三冷(さんれい)ってのは氷を入れないでジョッキと焼酎とホッピーをキンキンに冷やして飲むという、販売元も推奨するうまい飲み方でございます。
d0067750_13252965.jpg
で、注文したらこんな感じです。うわ、氷がなくてもナカ(焼酎)がジョッキの3分の1強。横須賀で氷なしを頼むとどこもだいたいこういう感じですが、でもここのお店は多めですな。呑んべえにはウレシイことですがしかしどう見てもソト(ホッピー)が入りきらないではありませんか。

…うーむ

ここでちょっと説明。フツーの居酒屋でホッピーを頼むと大抵氷が入っているのと、それにもかかわらず焼酎は、そうですねえこの写真の半分も入っていればいいほうじゃないでしょうか。そこへホッピー1本丸々は入らないし入ったとしても薄くなっちゃう。そこで通常、私の場合はホッピーを半分だけ入れて飲んでから焼酎だけお代わりするという、ソト1本に対してナカ2杯という飲み方をいたします。もっと強い人だとソト1ナカ3という方もいらっしゃいますし、まあ要は自分の好みの濃さで飲めるということなんですが、これもともとはナカが少ないのでそうやってソトの量を加減して濃さを調整しているわけです。ところがこの時はナカが多くてソトを入れようにも入りきらないという状況。なので本当ならホッピーを入れるだけ入れて少し飲んで減らしてから残りを足す(それでも濃いめだけど)か、ちょっと軟弱者と思われるかもしれないけど、空のコップをもらって焼酎を少しとっておいて、後で逆にソトだけお代わりするという方法が妥当だったと言えましょう。ところが…、

…うーむ

日ごろのクセは恐ろしいというか、念願の横須賀呑みが叶ってテンション高めの知人が、イヤ〜、コレはスゴいねえ!を連発するものだから、ついついコチラも、ねー、スゴいでしょう!?スゴいよねー!と調子にのってしまい、ついついいつもと同じくホッピーを半分だけ入れて飲み、やがて、スイマセーン、ナカお代わりくださ〜い!などとやってしまったのです。いつもより相当濃いめなのに。わたしバカよねぇ〜。おかげで知人とは久しぶりにたくさん話しをし、実に楽しい時間を過ごした(はず)のですが、案の定そのほとんどの記憶を紛失してしまった酒バカな私です。愚か…ブ(タイムボカンシリーズより)。

…うーむ

いやあ久しぶりにやっちゃいました。甘栗むいちゃいました。久しぶりにヤッターマン(タイムボカンシリーズより)って感じですわ。トホホ。まあでも無事に帰宅してたんだからよしってことで。無事これ名馬(違)。そんなわけでホントは先月末に書き上げるはずだったものが今更ジローになってしまったのでありました。梅雨明けはまだ先になりそうですが、皆さまもどうぞ爽やかに、紛失物には気をつけてお過ごしください。イヤハヤ

by cicocico | 2019-07-04 01:11 | Comments(0)