人気ブログランキング |

★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>ミユキさん 「健康第..
by cicocico at 12:02
㊗誕生日おめでとう\(^..
by ミユキ at 16:32
>じゃんさん せっかく..
by cicocico at 10:01
入場待ちに公演中止の案内..
by じゃん at 11:00
>Invitationさ..
by cicocico at 00:35
今年もありがとうございま..
by Invitation at 00:58
>じゃんさん きびしい..
by cicocico at 16:50
先日はお疲れ様でした。い..
by じゃん at 07:20
ちこちゃんに福が2倍きま..
by ミユキ at 17:16
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
最新のトラックバック
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

ウインタースポーツ゠完結編゠

「登っていく時よりも、そこから降りるときのほうが難しい」

ベテランの登山家であるほど、この言葉の持つ意味を理解しているという。

また日常生活においても意外に下り坂が、または階段を下りるときのほうが足腰に負荷がかかって辛かったりする。さらには「人は上りつめたあとの引き際が大事」ともよく言われる。我々人間にとって、高みを目指していくときよりもそこから下りてくるときのほうが、実は難しいものなのかもしれない。

そしてこの場合であれば、ゲレンデの頂上からどうやって麓に帰るのか、ということだ。


予兆は、あった。

滑る以前の段階、すなわちこのリフトというものもまた「乗ることよりも降りること」が難しいのだ。気分よく景色を眺めつつも頭の中でキチンと先輩の教えを復習していたにもかかわらず、私はリフトの終点でいきなりこけるという失態を犯してしまった。まわりは中級者たちである。(え?こんなトコでコケる人がいるの?)という視線を振り切ってともかく先輩たちの背中を追った。

そして、ゲレンデの上で待つ彼らにようやく追いついた私は、次の瞬間凍りついた。

「!!…………」

そこに待っていたのは、想像を絶するような恐ろしい急斜面だった!下から見上げたときはあれほど穏やかに見えたゲレンデが、今その正体をあらわし牙を剥いて襲いかかってきたのだ!おなじ斜面なのに見る位置でこれほど違うということを、私はこの時初めて知った。恐怖で足がすくむ。目が眩む。ふと子供の頃に聞かされた父の言葉が蘇る。

「いいか浩一、たとえどんな時でも高いところから人にモノを言ったり、見下してはいけないぞ」

…父さん、あなたの言っていたことが今、本当によくわかるよ。

眼下に散らばっている多くの人々。呆然と立ちすくむ脳裏に絶壁の母などというフレーズさえ浮かんでくる。そんな軽い混乱状態の私を「じゃ、言った通りゆっくりくればいいから。じゃ!」と言い残し、みんなはスイスイと滑っていく。
そして独り。まさしく崖っぷち。後悔役にたたず。わかっている。先に立たず、だ。

私は何故ここにいるのだろう?
そしてこれから何処へいくのだろう?

真剣にリフトで帰ろうかとも考えたが、見ていると次々とのぼってくるスキーヤーたち。彼らとずっとすれ違いながら下りていかねばならないが、それはどう考えても無理だろう。ヤツらの視線のレーザービームに耐えられる筈がない。身も心もボロボロにされ下に着いたときには間違いなく廃人になっているだろう。それは嫌だ。まだ俳人になって一句詠むなりハイジになって口笛はなぜ遠くから聞こえるのかアルムオンジに聞いているほうがいい。となると……だっく。

やはり滑り降りるしか方法はない。そうだ!一気に行こうとするからいけないんだ。横移動を繰り返しジグザグに行けばいい。この時はまだ元ジグザグのフヂイさんとは会ってなかったけどジグザグに行けばいいだろう。人生急がば回れ、だ。

私は覚悟を決めた。

おそるおそる斜面に踏み出す。既にビビりまくっているので相当なヘッピリ腰だ。そしてそうやって体重が後ろにかかるとスキーは逆にスピードが増し、エッジが効かないのでブレーキはかからず思った方向にも進まないのであった。たちまち雪の壁に突入。不屈の闘志で立ち上がり再び挑むも今度は反対側の壁に突入。雪だるま式に増える借金というのもイヤだが、雪だるまそのものになっていく自分、というのも哀しいものがある。しかもゲレンデをそうやってジグザグに転がり落ちていく私は、まわりのスキーヤーにとってははなはだ迷惑であったろう。それはたとえば競馬でいうなら『斜行』つまり他の馬の進路を妨害するというルール違反を犯しているのと同じなのだから。

スキーというものはどうして行きたい方向とは反対にしか進まないのか?そんな強い思いを抱きつつなかば半べそ状態で、それでも他のスキーヤーと2、3回程の軽い接触があった程度でどうにか無事に麓まで下りきることができたのは、まさに奇跡としかいいようがない。それにしても、坂道を転がり落ちるような人生という言葉をこれほど見事に体現することになるとは、私自身まったく思いもよらないことであった。

そして…

この日以来、私はゲレンデで滑ったことはない。
ネタで滑ったことはあっても…。



最後にひとつ。中学生の時のエピソードを付記しておこう。


「ウインタースポーツと言えば?」

という先生の問いに対して

「寒中水泳!」

と力強く答えたのは私だ。



〝これは事実である〟《完》
by cicocico | 2007-02-13 21:15 | Comments(12)
Commented by みゃあ at 2007-02-13 21:29 x
初めて書き込みます☆

いつも楽しく読ませていただいたのですが、こんかいは我慢できないくらい楽しかったので思わずコメント書いてしまいました…

cicoさんのスキーしてる場面も想像すると、自分もそうだわぁ…と笑いが止まりませんでした(*^▽^*)

でも…最後の寒中水泳…
もう笑い死にそうです(笑)
Commented by りか at 2007-02-13 22:09 x
かなりの大作!すごく楽しく読んじゃいました(*>v<) どうしてちこさんはこんなにおもしろく文章が書けちゃうんでしょう…。アッパレです☆
私も近くに大山という山があるのにスキーは小学校のスキー教室でしか行ったことはなく、もちろん滑れるわけもなく、もったいない冬を過ごしているのでけしてちこさんの失態?を笑えませんっ。でもおもしろかったぁ(*^m^*)
『となると…だっく』がピカイチでした。いつか使わせていただきます♪
Commented at 2007-02-13 22:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-13 22:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-13 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-14 01:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KAZUYO at 2007-02-14 01:45 x
Cicoちゃんすごいです!前後編にわたる大作、こんなの初めてですよね(^O^)随所に小ネタを散りばめて、これはもう芸術でしょう。私はやはり最後の「寒中水泳」がツボでした(^^)vおかしさがジワッとくる感じが好きです☆
因みにCicoちゃんは何か得意なスポーツってありますか?私は強いてあげればマラソンです(恥)
Commented at 2007-02-14 18:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆきん at 2007-02-14 21:11 x
本当大笑いしながら読ませていただきました。
スキーは自分も最初はそうだったからすごく
イメージできました。ここで曲がりたいのに、ここで
止まりたいのに、と思ってもスキー板が言う事を聞いて
くれないのですよね。
何回か付き合うとスキーも仕方ないから合わせてやるかと
言う事聞いてくれるのですが、それまでが本当大変!
でも、スキーが少し言う事聞いてくれるようになると本当
気持ちいいですよ。
しかし、CICOちゃんは音楽の才能だけでなく文才もあると
本当に思います。
思い切って自伝など書いてみたら如何ですか?

Commented by cicocico at 2007-02-15 03:52
多くのご声援ありがとうございました。これからも精進いたします。

(何をどのように…?)
Commented by ナタリィ at 2007-02-16 09:24 x
初めまして!今回のブログは、余りに自分と重なりすぎて、思わす涙が出ました。(笑いすぎではなくて)同じような体験されてる方も…
私は、スキーで心に深い傷を負いました。(奇跡的に?体は無傷)いつか、心底から笑い話になる日がくるかなあ?と思います。それか、消せる物なら消し去りたいです。って、無理ですけどね〜。これからも、楽しみにしてます!
Commented at 2007-02-25 10:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。