人気ブログランキング |

★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>ミユキさん 「健康第..
by cicocico at 12:02
㊗誕生日おめでとう\(^..
by ミユキ at 16:32
>じゃんさん せっかく..
by cicocico at 10:01
入場待ちに公演中止の案内..
by じゃん at 11:00
>Invitationさ..
by cicocico at 00:35
今年もありがとうございま..
by Invitation at 00:58
>じゃんさん きびしい..
by cicocico at 16:50
先日はお疲れ様でした。い..
by じゃん at 07:20
ちこちゃんに福が2倍きま..
by ミユキ at 17:16
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
>ミユキさん どうもあ..
by cicocico at 09:28
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
㊗誕生日おめでとう..
by ミユキ at 21:42
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
最新のトラックバック
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

お知らせ

椎名恵
「Birthday Live」

2019/08/09(金)
東京・芝 ザ・プリンス・パークタワー東京 Melody Line
TEL:03-5400-1153
東京都港区芝公園4-8-1
開場18:00 開演19:00(2部構成・途中休憩あり)
21:40終演予定
前売り:¥5,500/当日:¥6,000(共に税込・+オーダー)
全席自由席

椎名恵(Vo)
恩田直幸(Pf)、吉澤秀人(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

■一般予約
6/14(金)15時から電話受付
メロディーライン
電話予約:03-5400-1153
受付時間:15~20時
その他、詳細についてはコチラをご覧ください

■入場順
(1)前回東京公演予約者優先予約者
(予約番号100番台:受付終了)
(2)メルマガ会員優先予約者
(予約番号200番台:受付終了)
(3)一般予約者
※当日来場順に(1)優先予約番号100番台、 (2)優先予約番号200番台、(3)一般予約者
それぞれの列にお並びいただいて係の案内に従ってご入場ください。
入場が開始されて来場されたかたは最後尾にお並びください。

《お問合せ》
ザ・プリンス・パークタワー東京 Melody Line
直通:03-5400-1153 (15~20時)
ホテル:03-5400-1111

# by cicocico | 2019-06-16 15:32 |  お知らせ | Comments(0)

お知らせ

2019/09/18(水)
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

# by cicocico | 2019-06-10 17:43 |  お知らせ | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2019/07/05(金)
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)
シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)

# by cicocico | 2019-05-29 21:49 |  お知らせ | Comments(0)

ハーモニカとギター、そして…

 はい、昨日はブレストークのライブでした。お天気にも恵まれ、また金曜日ということもあってかにぎやかな吉祥寺界隈。道行く人々もみなどこか谷繁です。じゃなかった楽しげです。道行く人々がみなキャッチャーミット構えてたりプロテクターつけてるんじゃないんだから。そんな楽しげな人々を縫うようにしてお店に入った私が機材を並べていると、間もなく僕らの僕らのリーダー、チャーリーがやってきました。

「おはようございまーす」

「あ、リーダーおはよーっす」

今日もよろしくとセッティングを始めたリーダーでしたが、おや?何かどことなく谷繁な気配がただよっているではありませんか。どこかにミットでも隠し持っているのでしょうか。しかし聞いてみたところで「ミットなんてないよ!ミットもない!」などという気のきいた答えが返ってくるとも思えなかったので黙っていました。ハーモニカのマイクチェックを終え引き続きギターのチェックを始めたリーダーは、おや?いつになく熱心な感じがします。

(うーん何かが違う…)

そう思いながらも作業を続けているところへ、

「遅れてスイマセーン!」

と元気に入ってきたヤングサトーくん。間髪を入れず、

「あっ!?それっスね!?例のギター!!」

と叫んだのです。

(えっ!?…あ、そうか〜

そう、実は僕らの僕らのリーダーは新しいギターを手に入れたのです。しかも手作りのオーダーメイドの逸品を。昨年10月頃に注文し、その後の制作過程などの写真をおりあるごとに我々も見せてもらっていました。そのギターが今日ついにお披露目されたというわけです。おお〜〜!!どうりで谷繁なはずです。てか、そういうアンタはなぜ気がつかないんだ!というツッコミはおやめください。私だって何かいつもと違うなあとは感じていたんです。ただその違和感の正体が何なのかまでは見抜けなかっただけなんです。それはひとえにこの現場(リーダーのトークとか、あるいはリーダのトークとか)が違和感にあふれているからでしょう。それはたとえばどんなにキレイな景色があったとしても、そこに住んでいる人にとっては日常的であり意外にその良さに気づかないなんて状況と言えるでしょうか。それはともかく。さすがギタリストだけあってすぐに見抜いたヤングサトーくんはリハの後、その真新しいギターを弾かせてもらい盛んにイイっすね〜!イイっすね〜!を連発し、目を輝かせながらリーダーとのギター談義に花が咲いておりました。もう、二人とも子供みたいなんだから。ウフ。そう言われてみれば今回はなんだかリーダーがギターも弾く曲が多かったような気もしますが、別にいいじゃありませんか。さらに1部を終えて、今日ってなんかおとなし目の曲が多いかなぁ…と言っていたリーダーですが、それもいいじゃありませんか。メインはハモニカなんですから。歌ゴコロあるリーダーのハモニカ好きですもの私は。するとリーダーは、じゃあ2部は最初はコレにしようか、腹筋が疲れないうちに、といきなり『Orange Blossom Special』をやることに。ステージでお客さまへ「…それでは盛り上がりたい方はここでお願いします。あとはもうだんだん落ち着いていくだけなんで…」と呼びかけていました。って右肩下がりですか!そんな具合のおなじみの独特なステージトークが展開される中、おっ!?と思ったのは、リーダーが「次回までにカバー、オリジナルとも新曲をひとつづつ用意します!」と言ったことです。おお〜!いきなりの新曲やります宣言。しかも「ダメだったらお客さまにビールをご馳走します」宣言までも。いったいどうしちゃったんでしょうか。いや、このくらい言っとかないとなかなかやらないから…とリーダー。おお〜!!男前じゃあないですか。見直したッス!これも新しいギターの効能なんでしょうか。いいじゃありませんか。…と

ただ、次回のライブはまだ未定ですが

ドンガラガッシャン!おっとお、さすがは僕らの僕らのリーダー、チャーリー。そうきましたか。やっぱり油断がならねえぜ。まあ、とは言いながらも一応9月くらいを予定しているとのこと。

…なので今は皆さんライブの予定を入れられないと思いますが、7月20日頃に『ライブの予定を確認する』という予定を入れておいてくださいね」

出ました意表をついた(いつもの)トーク。こういう発想がオレにはないんだよ。どこからこういう言葉が出てくるのか想像もつきません。ね?だから新しいギターに気づけなくても仕方ないでしょう?日常だもの。人間だもの。りいだあ。

それにしてもすっかりショッカーの妖気、じゃなかった初夏の陽気になりました。ただ前回、前々回と雨模様だったブレストークのライブ。リーダーによると以前からあまり天気には恵まれない傾向があるということなのですが、じゃあそれって3人の中に誰か雨男がいるってことなのか、あるいはブレストーク自体が雨バンド(甲斐バンドみたい)って言いたいのかと思うじゃないですか。果たしてリーダーの本音はいかに?そう思っていたら出ましたよこの日。さりげなくも、その心の内を知る手がかりになるだろうひと言が。曰く、

「そう、ここ(ブレストーク)って雨率が高いんですよねー。でもそれが直前になって回避されることも多いんですけど

どうですかこの味わい深さ。私の今日イチ。まさに「含蓄」。じゃあだったら実際のところ、雨率は高いのか低いのか。恵まれないのか恵まれてるのか。そう、答えは永遠(とわ)に風の中。そういえば今、こうして昨日のことを書いていて急に記憶がよみがえりましたが、リーダーは去年の夏のライブでも同じようなことを言っていたではありませんか。あの時は曲のテンポについてでした。さりげなく、実にさりげなく自然な感じのトークの中に「含蓄」。やはり僕らの僕らのリーダーはさすがです。皆さまもぜひこれからは素晴らしいハーモニカそしてギターの音色だけでなく、ステージトークにもしっかり耳を傾けてみてください。そうすればきっと今まであなたの知らなかった何かが、知らなくてもいい何かが見つかることでしょう。


深いえ?)

# by cicocico | 2019-05-18 22:33 | Comments(0)

いつも通り

 はい、昨日はシンシアさんの金パラライブでした。久しぶりのパラダイスカフェでしたがシンシア姐さんは開口一番、

「皆っさんこんばんは!今日もガンガン酔っぱらっていきましょ〜!ヨロシク!!」

と、いつも通りの勢いで切り込んでいき、また大勢のお客さまもそれに応えて、実にいつものように大変盛り上がっていただきました。どうもありがとうございました。前回から少し間が空いてしまったのですが、メンバーと一緒にリハで音を出した時には(あ〜、やっぱりこういうの楽しいな〜)と思ったんだそうです。そのせいかどうなのかいつにも増して威勢のいいトークでステージを進めていく姐さん。あっという間に1部が終わり休憩中に、なんだか今日スムーズだね、とささやき合うメンバーたち。しかし2部の途中で不意に姐さんが、

「あっ!?いっけね、下ネタ言うの忘れてた!!」

などと言い出すではありませんか。何ですかそれ。というかどうりで今日は引っかかる部分もなくスイスイと勢いよく話しが進んでいくなあと思ったら、それが原因でしたか。それでも、ヤベ、せっかく考えてきたのに(←考えてきてんだ!?)言い忘れてた〜!と天を仰ぐ姐さんに皆さん大爆笑。結局しっかり話してましたけどね。ほほほ。そしてそんな勢いのままダンサボーコーナーに突入。皆さん踊りまくりミラーボール回りまくりギターソロキーボードソロ弾きまくり、とそれは良かったのですが、ここでちょっとしたハプニングが。おなじみ『Venus』の演奏も盛り上がり、さあボチボチというタイミングでシンシア姐さんが合図を出しました。いつもならここでエンディングへ向かうはずなのですが、なぜかギターの吉澤さんがまたもやソロを引き出したのです。

(えっ!?ここでソロいく!??)

と思わず顔を見合わせるキーボードの堺さんと私。これまで毎回のように演奏している曲なのに一体なぜ?どうしたんだ吉澤さん!?さすがの姐さんもこれにはめずらしく(アレ?)という表情を見せたのですが、すぐに、

…皆っさん、吉澤さんはソロ弾きたいみたいです!

と突き放し、爆笑する私たち。とそこまでは良かったのですが、ここでさらにハプニングが。相当弾きまくった吉澤さんが、あろうことかシンシアさんに「チコさんに!チコさんに!」と叫んでいるではありませんか!

(えっ!?なに余計なこと言っちゃってんだよ!!?)

思わず心の中で叫ぶ私。

「ヘイ!パーカッション!!チコさん!!」

すかさずソロを要求する姐さん。

(ヤ、だから普通ないって!ディスコナンバーでソロなんて!)

思わず心の中で叫ぶ私。

「ヘイ!パーカッション!!ヘイ!チ・コ・ちゃん!!」

とダメ押しする姐さん。

(ヤ、だから普通ないって!しかもカホンだって!!)

笑顔をひきつらせ心の中で叫ぶ私。

「ヘイ!チ・コ・ちゃん!!チ・コ・ちゃん!!」

とお客さまをも巻き込んで大合唱する姐さんたち。

(ヨ・シ・ザ・ワ…ぜってーコロす

もう引くに引けなくなった私は弾きましたよ、じゃなかったやりましたよソロを。ディスコで。カホンで。根性で。(注:ソロは根性でやるものではありません)
まあしかし、窮鼠猫を噛むというか火事場のバカ力というか、ただの火事場のバカかもしれませんが、お客さまのノリのよさもあってか我ながらけっこうよかったです。何が?ソロが。一緒になって盛り上げてくださったお客さまには感謝しております本当に。命拾いした吉澤さんも皆さんに感謝してください。さて、そんないつにも増してノリのいいこの日のお客さまの中でも、このソロ以降しきりにチコちゃ〜ん!チコちゃ〜ん!と私の名を連呼してくださるご婦人方がいらっしゃいました。いやありがたいことです。ありがたいことですけど、ここの現場でってのがめずらしくないですか。って誰に聞いてんですか。てか姐さんとこではこんなこと初めてじゃないですかね。でもチコちゃ〜ん!カワイイ〜!チコちゃ〜ん!とあまりに声援をくださるもんですから、日頃(特にここでは)そんなにほめられ慣れてない身としてはちょっとハズカシかったりもしたのですが、でも本当にありがたかったです。終演後にも笑顔で明るく手を振ってくださったのですが、シンシアさんと何か私のことを会話をされている中でふと「…ホラ、あのNHKの」という言葉が聞こえました。

…ああ、なるほど〜

どうやらそのご婦人方は、今NHKで放送されている番組のキャラクターと私の名前が一緒だったことが面白かったようで、それで興味を持たれたようなのでした。まあそうですよねえ。5才の女の子と50ちゃいのオッさんが同じ名前なんて、フツーないですよねえ。もっとも私の場合は同じ「叱られる」といっても「叱られる側」ですけどね。ホホホ。いや、あらためて日本放送協会の底力を見せつけられた気がいたしました。さすがね。


d0067750_12233583.jpg

そういえばこのことに一言も触れなかった姐さん。いつも通りで、さすがね。

# by cicocico | 2019-05-11 18:20 | Comments(0)

暑いし寒いし

 暖かくなりました。というか暑いくらい。と油断させておいてまた気温が急降下し、あわててダウンを引っ張り出す!なんてことも、もうさすがにないでしょう。さすがにねえ。そんな陽気に誘われて、先日は投票を済ませた後そのままぶらぶらとあてなき散策(徘徊)に出ることにしました。しかし陽気がいいと気分も陽気になりますね。さすがに桜の時期は過ぎてしまいましたが道ばたやご近所の庭先には名残の菜の花やタンポポ、チューリップや藤の花、その他よく見かけるけど名前は知らない花がいろいろ色とりどりに咲き誇り、名所観光地に行けなくとも徘徊オジサンの目を楽しませてくれるではありませんか。

(いや〜、すいませんねぇ。どうにもこうにも素敵な花を)

よそ様の庭先をこっそり花見の陽気な花盗人(いや見るだけでっせ←当たり前)。よしじゃあこのまま春の海でもぼんやり眺めに行くか!と思い立ち、その勢いで駅で1日乗車券を購入。とりあえずこれでヨシ。さて、どのあたりの海にしようかなと思っていると、ふとある展覧会のポスターが目に止まり、なかなか面白そうな
内容だったので行ってみることにしました。特に地図も見ないでてこてこ歩き出した私ですが、途中でたまたま後からやってきたバスに乗車。終点の観音崎で春の休日を楽しむたくさんの親子連れを横目に横須賀美術館へ行くと、おうこちらでは見晴らしのいいレストランのテラス席で、大勢の方々が東京湾を眺めながらのランチタイム。いいですねえ春の海。

なあんてことを先週、書き始めたのはいいんですが、ご存知の通りその後また気温が急降下。どこぞでは雪がチラついたなんてニュースも。もう5月になろうかというのに。と、サッサとかき揚げ、じゃなかった書き上げないでグズグズしてるうちに天気はグルグル変わりまくりですっかりタイミングを逃す徘徊オジサンの巻。
d0067750_15003120.jpg

はい。写真がデカイのはスマホに変わったからです。やはりガラケーとは勝手が違うというか、まだ使い慣れないというか、カメラに設定されているサイズもガラケーに比べて皆大きいものばかりというか。うーむ…、どうもまだその能力を使い切れていない感がアリアリの私です。ちなみに1日歩きまわったにしては思ったほど歩数がいってないのは1日乗車券を買ってしまったからです。あてなき散策(徘徊)の、まあ保険と思ってとりあえず買っとくか、くらいの気持ちだったんですが、美術館でのんびり作品や海を眺めているうちに半日過ぎてしまい、この分だと切符はほとんど使わないで終了しそうだということに気づき、そうするとなんとか元は取らなきゃイカんじゃないか!というようなビンボー人根性が湧き上がってきたのです。やあねえ。そこでこの後はむやみにバスと電車を乗り継いで三浦半島を半周する旅を敢行。よしそれならいい機会だからと金沢八景でわざわざ途中下車して新しくなった金沢シーサイドラインの駅に立ってみたり、六浦駅にあるちょっと変わったポイント(分岐器)を眺めたり、とりあえず来たバスに乗って逗子から葉山方面へ向かったはいいけれど、終点の佐島マリーナで降りたら帰りのバスは1時間に1本程度しかなく、しかもすべて逗子行きで横須賀や三崎方面に行く便がなく、そこで仕方なく今バスに乗ってきた道を徒歩でトホホな感じで国道まで戻ったりしました。そこでたまたま来た「長井行き」のバスに乗ります。終点の長井は特に駅や名所があるわけでもそこで行き止まりというわけでもない、フツーに続いている国道の一停留所で、どうしてココが終点?回送のバスはどこへ行くの?などと思っていたら、バスはすぐ先でフッと左折したのでのぞいてみると、そこにはバスの転回場がありました。ここは車で何度も通ったことがあるけれど気づかなかったなあ…、と意外な発見にココロの中でニヤニヤしてしまいました。そして待つことしばし。次にやってきたバスで三崎口駅へ向かい、そこからまた電車に乗って無事帰宅したのでした。地元でも行き当たりばったりというのはなかなかに発見やら波乱(というほどでもないが)がありオモシロイなあと、なんとなく太川さん蛭子さんの顔を思い出しつつ感じた次第であります。なんていってるうちに世の中は大型連休に突入。皆さまどうぞよい休日をお過ごしくださいね。

# by cicocico | 2019-04-28 16:29 | Comments(0)

進学の春

 今月の上旬、今年はめずらしく国の行政機関への書類の提出もそれなりに早く済ませることができた私は、その帰りにふと思い出しドコモショップに立ち寄ることにしました。携帯のショップというのはどこもたいてい混んでいるというというウワサは聞いていたのですが、平日の昼間、それも雨が降ったり止んだりという天気だったからか、店の中には2〜3人ほどしかお客さんはいないようでした。そこで意を決して入店。アテンダントの女性に、スマホへ機種変更を検討していてお話しをうかがいたいんですが、混んでますか?と言うと、今お一方だけなのでそれほどお待ちいただくことはないですよ、とのこと。じゃあお願いしますと言って待とうとしたところ、お先にこちらにご記入願いますと渡されたのは、本日のご用件とか使っている携帯機種とか契約年数などなど諸々書かれた、病院で診察前に書く問診表のようなもの。

…はぁ〜、今はこんな風になってんだ〜…)

と感心しつつ記入していきます。書き終えたそれを渡して店内にある様々なスマホを見ているうちに「お待たせしましたどうぞこちらへ」と別の女性スタッフに声をかけられました。そこで今はガラケーを使ってるんだけれども実際のところ料金はどのくらいになるのかとか、ほとんどメールと電話しか使ってないとはいえ操作方法がずいぶん違うけど大丈夫でしょうかとか、まあシロート丸出しの疑問質問を投げかける昭和と平成、そして次の元号を股にかけるオッさんの言葉にも、それが仕事とはいえそのスタッフさんは実にスムーズにひとつひとつやさしくていねいに答えてくれるのでした。ただ、今思えばその時は単にスマホについていろいろ聞いてみたかっただけで買い換えるつもりはさらさらなかった私に対し、どうもその、どことなくギャル曽根っぽい雰囲気のあるそのスタッフさんは最初から私がスマホにするつもりで来ていると認識していたんじゃないかという気がします。私の問いかけに対し「あぁ、それならこちらですね〜」とか「こういう選択もできますよ〜」など、流れるような対応で話しはどんどん進んでいき、いつしか「あ、そうなんですね」とか「なるほど〜、そうなんですかぁ」などと、いつしか相手のペースに乗せられた私は結局その場でスマホデビュー!となったのでした。いや、ギャル曽根さんが強引だったってことじゃないですよ。親切丁寧にいろいろ説明してくれましたしこちらも遠からず買い換えるつもりではあったんですから。そしてこういうことでもないとまたしばらくそのままだったような気もするので、むしろいいきっかけでした。こうしてガラケーからスマホに進学した私は、それからまあホント、学んでおりますよ。とりあえず電話とメールは覚えました。文字の入力とかぎこちないけど。あと、ちょっとズレたとこ叩いちゃって思わぬ画面が出てきて慌てるけど。やっぱらくらくスマホにすればよかったかなあ。いや、マジで考えたんですよねらくらくスマホ。自分がやることって限られてるし、何よりネタ的にもいいかなと。でも見たら結構お高かったんですよ端末が。う〜ん…、一瞬のネタのためにそこまで出さなくてもいっかぁと思ってフツーの機種にしちゃいました。サーセン。そしてそれからは学びの日々。進んで学ぶ。といっても歩きながらはやってませんよ。というかやろうと思ってもできないっす(←やっちゃダメダメ)。ちゃんとそれだけに集中してやらないと、何かしながらなんて、無理っす。やっぱりスマホって便利だなあ!なあんてサクサク使いこなす日が来るのは、まだまだ先でありましょう。

# by cicocico | 2019-03-28 00:42 | Comments(0)

卒業の春

 暖かくなってきましたね。なんて思っていたら、昨日はまた気温が急降下で寒いのなんの。こういうのはカラダにはこたえますなあ、ゴホゴホ…すまんのう。そして本日はまたキリッと晴れてビューティフルなサンデー。あいかわらずの昭和な例えですいません。平成も終わろうというのに。まあしかし空が青いとそれだけでウレシイものです。駅前の桜も一気に花開いてきましたし卒業式も過ぎて束の間の春休みを楽しんでいる子ども達。春だなあという感じです。そんな別れと出会いの季節に、なんてことでしょう私もとうとうガラケーを卒業してしまいました。あらビックリ。それも「ヨシ!ここらでオレもスマホデビューするぜ!!」と気合を入れたわけでもなんでもなく何となくの流れで、です。思えば2年ほど前にガラケーの出荷が終了するという、私にとってはなかなかに重大なニュースを耳にした時から、それなりに意識はしていたものの、それまで特に不自由なくいたわけですし特にこわれたとか調子が悪いといったこともなかったので、たまに家電量販店なんかに行っても、展示してあるそれらを横目でチラチラ眺めたりたま〜にちょっと手にとるくらいで、さほど積極的に関わってもこなかったのです。スマホにすると月々の料金も高いって言いますし。で、まあそんな煮え切らない私を見かねてか、スマホに詳しい友人がいろいろ料金を見積もってくれたり各種割引について調べてくれたところ、もちろん使い方次第ですがそれほど大幅な料金アップにはならなそうだということがわかりました。いずれガラケーとお別れする時が来るかもしれないことを考えると、じゃああとはどのタイミングで機種変更するか?というところに笑点がさだまさし、じゃなかった焦点が定まります。あいかわらずの昭和な例えですいません。平成も終わろうというのに。そう、そこで昭和と平成、そして次の元号を股にかけるいいオッさんの身としては、新しい課題に挑むのならば少しでもオツムの柔らかいうちに取り組んだほうがいんじゃね?という思いが強まってきたのです。そう思うようになってからは家電量販などに行くといくぶん積極的に展示してある見本品を手に取っては、あちこち押したり引いたり伸ばしたりといじくってみるようになりました。まあしかし携帯電話というのは実際に使ってみないとホントのところはわからないものです。ガラケーの時でさえ機種変更するとまた一からスタートだったもんなぁ。ましてまったく違うシステムにするとなったらどうなることやら。そこでこれはやっぱり実際に話しを聞いてみるしかないという結論に達した私は、その日、思いきってドコモショップに向かったのでした(行動おっそいな)。
# by cicocico | 2019-03-24 17:16 | Comments(0)

お知らせ

2019/05/17(金)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

# by cicocico | 2019-03-06 00:56 | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2019/05/10(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)

# by cicocico | 2019-03-04 02:00 | Comments(0)

2月も終わりますが

 今年最初のブレストークのライブにお越しの皆さま、あいにくの冷たい雨の中どうもありがとうございました。やはり季節の変わり目ってことで予報もコロコロ変わります。そんな天気に翻弄されたわけでもないんでしょうが、僕らの僕らのリーダー、チャーリーが1曲目の『Raindrops Keep Fallin' On My Head』で使用するハーモニカを間違えてしまい、初っ端から演奏を止めてやり直すという展開に。おっとっと。なんでもこうした間違いを防ぐためハーモニカにはそれぞれキーを書いたシールを貼ってあるんだそうですが、同じキーでもなにかしら違うものがある(←聞いたけどよくわからず)らしく、そういう時はたとえば同じ『C』でもこっちは赤いシール、そっちは緑のシールというふうに色分けしているんだとか。いわゆる補色の関係でしっかり区別できるようにしてるんですね。ところが近頃では緑のシールが手に入らなくなってしまい、仕方なく代わりに白いシールを使ってみたところ、時々こういう間違いがおきるらしいのです。慣れの問題なのかもしれませんが、すんなり紅白でめでてえな!とはいかないものなんですね。しかし考えてみればテンホールズ・ハーモニカってその名の通り10個の穴しかないのによくまああれだけの音色を吹き分けられるもんだなあと感心してしまいます。時には2つも3つも持ち替えたりするし。そういえばリーダーが2部のアタマに『Orange Blossom Special』をやりますと言ったら、この曲をもうやるの!?という感じでお客さまがどよめいてましたね。早弾き、というか早吹き(?)のこの曲はたいていステージの最後かアンコールで演奏することが多かったですもんね。最近演奏してなかったのでここらでやっておこうかなと、というリーダー。お客さまから息は苦しくないんですか?とよく聞かれるそうですが「息は大丈夫なんですよ。むしろ思わず息を止めて見ちゃってるお客さまの方が苦しいんじゃないかな。僕は息は大丈夫だけど腹筋を使うのでなるべく体力のあるうちに演奏しようかと」と言って笑いを誘っていました。それから前回、腰イテテ問題に悩まされていたヤングサトーくんですが、あれから整体やら鍼治療やらに行きかなり改善されたそうです。なんか骨盤と脚をつないでいるなんとか筋が緩んでいるとかで、そうすると骨盤がズレても元に戻りにくいらしく、なるべく運動してくださいと言われたんだとか。「なんか、こういう感じで足をぐっとやるような体操、教えてもらったんスよ。ハハハ」というサトーくん。まあまあひき続きくれぐれも養生してくださいな。そして皆さまも季節の変わり目の寒かったり暑かったりで体調を崩しませぬよう、どうぞご注意くださいね。さて、次回は5月頃を予定しております。今度は暖かくスッキリ晴れるといいですな。
# by cicocico | 2019-03-03 16:33 | Comments(0)

冷えますのう

 いや〜冷えますのう。一昨日はウチの方でも雪が降りました。今年の初雪ですかね。今日も降ったらきっと雪になるだろうという冷えっぷりでございます。う〜〜〜寒い!世の中的にはちょいとお天気が残念な三連休でしたが、唯一お天道様が顔をのぞかせていた昨日、久しぶりにふらふらと出かけてみました。が、いや〜〜〜寒い!日差しはあるもののまあ風が冷たいこと。散策(徘徊)好きのハイカイおじさんとはいえ特に「どうしてもコレのために!」といった理由もなく歩き回るにはキビシイ環境ではありますな。それでもまあ寒風に身をさらしつつハナをすすりつつなんとなく寒天の気持ちになって歩いていると、制服姿の中学生たちとすれ違いました。さらに歩いていくと向こうから次々に中学生たちがやってくるのです。あれぇ?連休の真っ裸だというのになんだろう?卒業式にはまだ早いよなぁ…、などと思いながらさらに先へ進んでいくとやがてある高校の前にさしかかり、そこには「入試会場」の文字が。ああそうか、今そういう時期なんだなあとひとり合点しました。試験を終えてひとまずはホッとして帰るところだったんですね。それはお疲れさまでした。そういえば知り合いのお子さんも今年高校受験だって言ってたっけ。無事合格するといいけれど。と、そんなことを思いながらこの日は衣笠から汐入方面へとおもに旧道や路地裏を中心に、相変わらずの勝負弱さを発揮しながら歩いて行きました。おなじみのドブ板通りでは何やらイベントがおこなわれているらしく、たくさんの露店が出ていたり迫力あるエイサーが始まったりと、この寒さをものともしない勢いでにぎわっていましたが、そんな通りを横目にハイカイおじさんはさらに一本裏手の道をひっそりと通り抜け、八百屋さんで新玉ねぎを買って帰途に着いたのでした。梅の花も(あちこち人さまの庭先で)たくさんめでました。は〜るよこい。
# by cicocico | 2019-02-11 22:50 | Comments(0)

またやったのね

 運転免許証を更新してきました。前回更新時に「お〜、次は平成31年か〜。だいぶ先だなあ〜」なんて思っていたのにあっという間ですなあ。ますます光陰矢の如しなお年頃。イヤハヤ早いものです。神奈川県民の私はこれまで即日交付される二俣川の運転免許センターに行っておりました。こんなことでもないとほとんど訪れる機会のない二俣川への関東甲信越小さな旅を、散策(徘徊)好きの私はそれなりに楽しんでいたのですが、届いた案内ハガキをよく見ると、今回私は優良運転者講習該当者にあたるため、地元の指定警察署でも即日交付してもらえることがわかりました。ふっふっふ、やったぜ。そこでポッと予定が空いたその日の午前中にこれ幸いと出向くことにしたのです。ただし午前中の受付は11時までなのに、9時をまわって起き出したお寝坊化粧品の私ですから、そこからあわただしく顔を洗って歯を磨いて身支度を整えていそいそと出発。ただでさえ免許証の写真写りのワルには定評があるのに、今回はさらに起き抜けのぶんぶんぶくれのブッサイク顔になるのはわかっていましたがもうそこは仕方ないと潔くあきらめて、なんとか10時40分には警察署に出頭、じゃなくて到着することができました。ところが所定の用紙に記入をして証書を貼ってそれまでの古い免許証とともに受付の方に渡す段になって気がつきました。

…同じ服じゃねえか

そこには今日着ているのと同じシャツを着た私がいたのです。確かずいぶん前にも一度やらかして個人的にすごくガッカリしたことがあり、前回更新時にそこだけは気をつけていたのですが、やはり慌てているとどこかで落とし穴にハマるものです。でももう仕方ありませんからその格好で写真を撮られ、30分の講習を終えて無事渡された免許証には、思った通りのブッサイク顔の私が5年前と同じシャツを着て写っておりました。うーむ。どうも元旦の網棚置き忘れといい今回の件といい、もう少し過去の教訓を生かすという姿勢が私には必要なようです。とはいえ、次回更新の時まで覚えていられるんでしょうか。元号が変わっても同じ服だったらどうしましょう。

(てか10年同じ服を着てたらそれはそれでスゴいけどな)

# by cicocico | 2019-01-28 17:51 | Comments(2)

今年もこんな流れで

「皆っさ〜ん!こんばんわ〜!今年もヨロシクお願いしっま〜す!!」

いつもながらたいへん威勢のいいあいさつで始まった今年のシンシアさんの初ライブは、でも今日は少ししっとり目の曲から始めま〜す!とまずは久しぶりの『シェリー』そして寒い季節になるとやりたくなるという『さよなら』からスタートしました。もちろん『さよなら』はもうおなじみのネタイントロのあと、シンシア姐さんが歌いだしのもう…、の音程をはずし、メンバー一同ズッコケるというオチ)つきです。個人的には寒い季節にさらに寒さが増すんじゃないかと密かに心配しているのですが、その点姐さんは一切のゆるぎなく堂々とこのネタを押し通すのです。ええ、もちろんリハーサルも毎回しっかりやりますよ。コケ方の。姐さんはコケ方には相当こだわりがあるようで、この日は吉澤さんが何度かダメだしされていました。そういえば以前『恋』をやった時も、2番の貴方になんかつまづかないわ〜、のところで姐さんが「つまづいて」メンバーがズッコケるというネタがありましたが、こういう、なんというかどことなく昭和感漂うネタにこだわるあたり、ほぼ同じ世代として親近感を抱いてしまうのも私です。ま、それはともかく。さらに吉澤さんボーカルで2曲しっとりお届けしてから、出ましたクイーンシリーズで3曲。早くも私にとっての山場が訪れます。まずは『Bohemian Rhapsody』そこから私がリズムでつないで『We Will Rock You』へ。ここまではまあいいでしょう。試練はそこからで、シンシア姐さんから、

「これライブっぽくちょい速めのテンポで!」

と指示された『Don't Stop Me Now』からの『銀河鉄道999』への流れ。ハイきましたよお得意の攻撃が。なかなかにハードな両手だけのカホンでやるスリーナインのイントロをさらにスピードアップするというパーカッション殺しのワザ。


沈黙する私。そんな私の心情を察してか吉澤さんや堺さんからは、

「ここインントロ4小節だから、すぐ歌だから」

とシンシアさんにアドバイス(念押し)が。ありがたいことです。メンバーの思いやりに感謝です。そして本番ではもちろん、姐さんがイントロサイズ倍攻撃を仕掛けてきたことは言うまでもありません。イントロ始まってから優雅に衣装の上着を脱ぎ始めるんだものなあまったく。ふえ〜ん。こうして個人的にはすでに前半で燃え尽き症候群になった私ですが、差し入れのいちご大福効果もあって後半もなんとか持ち直し、怒とうのダンサボー攻撃をしのぎ切ったのでした。老若男女満員のお客さまがたも皆さん終始笑顔で楽しんでいらっしゃるようで何よりでした。ご来場いただきましてありがとうございました。今年もまたこんな感じのパラカフェになりそうです。


d0067750_15080313.jpg

パラカフェにステージが完成

今年はさらに段差ボー!(何それ)

# by cicocico | 2019-01-21 12:57 | Comments(0)

明けました

d0067750_00051897.jpg


もちを焼きます
d0067750_00060600.jpg


じわじわ
d0067750_00063877.jpg


じっくり
d0067750_00065062.jpg


はい、ちからきつねうどん!

 ということで、おめでとうございます。元旦早々またしても電車の網棚に荷物を置き忘れるという、勝手に波乱の幕開けを迎えた私です。そこで田舎に帰ったおりに、少しでも落ち着きを取り戻そうと餅つきこそしませんでしたが、七輪でゆっくり30分ほども時間をかけてもちを焼いてみました。ご覧の通り焼いていないもちを焼いたので、誰かにやきもちを焼くということもなく一人でおとなしく食べました。お腹がふくれるとココロは落ち着きを取り戻すもの。大変おいしゅうございました。こんな感じで今年もゆるゆると参りますが、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

# by cicocico | 2019-01-08 00:26 | Comments(0)

年の瀬ひざカックン

 以前書いた気がしますが、いわゆる「舟をこぐ」人っているじゃないですか。あ、といっても船頭さんじゃなくて居眠りしてる人のほうね。電車の中とかでよく見る光景です。今年もおそらく忘年会帰りなんだろうなあという方々が気持ちよさそうに舟をこいでる姿を何度かお見かけしました。で、いつも思うのですがあれは倒れそうでなかなか倒れないもんですよね。前に昼間、空いている車内で見かけた方なんかは隣に人が座っていないからか、どんどん揺れが大きくなっていき、本当にもう倒れる!というところまで傾くんですけどそこからフッと復元して決して倒れないんですよ。あれはやはり人間の防御本能なんでしょうかね。あらためて見るとすごい能力だなあと感心しきりだったんですが、先日さらにすごい人をお見かけいたしました。その方もおそらくお酒が入ってたんでしょうね。席は埋まっていましたが車内はそれほど混んではおらず立っている人がちらほらいるくらい。なので乗ってきたその男性はドアの脇のところに寄っかかるようにして目を閉じていました。そしてしばらくするとその人が不意に「カクン」となったのです。ええ、いわゆる「ひざカックン」の状態です。僕も経験がありますが、あれはつり革につかまっててもなるんですよね。これまでに何度か電車で寝過ごして降りるべき駅を通過してエラい目あったこともあるワタクシですから、特にお酒の後とかで今日はちょっと危ないかも!なんて時は、席が空いてもあえて座らないようにするのですが、そんな時でもやってくる睡魔に力が及ばないと不意に「カクン」となってしまい、たいていそこでハッと目が覚めてしまうものの恥ずかしさでそのまま目を開けられず(早く駅に着いてくれ〜!)とココロの中で叫び続けるということになります。まあ僕のことは置いといて。その男性はどうもそれでも目が覚めなかったらしく、その後もたびたび「カクン!」「カクン!」とやるのです。僕はちょうど反対側のドアのところで同じような格好で文庫本を読んでいたんですが、どうしても目の端にその「カクン!」の動きが入るんですよね。そしたらやがてその動きが徐々に大きくなってきたことに気づいたんです。その人は身体を預けてるだけでつり革につかまってはいませんから、だんだんと沈み方が大きくなっていったんです。

(!…うわ、スッゲエな〜…でもアレで倒れないんだ

なんかもう気になっちゃって気になっちゃって文庫本どころじゃなくなっちゃってね。読むふりしつつコッソリ観察してたんだけど最後はもうほとんど屈伸状態になっちゃって、でもそれでも倒れないし座り込むでもないし目覚めるでもなくきちんと復元するのがおかしくておかしくて。いやあ人間ってすげえなあ〜!と軽く感動すら覚えましたよ。だけどそんなことしてるうちに駅が近づいてきて、次はその人の寄りかかっている方のドアが開くんだけど果たして大丈夫かなと思っていたら「まもなく金沢文庫〜金沢文庫です」のアナウンスが流れるやその男性はフッと目を覚まし、ゆっくりと身体の向きをかえてコケることもなく無事に下車していかれたんです。その背中にココロの中で大拍手。なんか、よい年を迎えられそうな気がしましたよ。はい。

ということで、今年もいろいろありましたが皆さま本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。よいお正月そしてよい年をお迎えください。

# by cicocico | 2018-12-31 17:12 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2019/02/28(木)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

# by cicocico | 2018-12-10 13:42 | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2019/01/18(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)
# by cicocico | 2018-12-10 13:32 | Comments(0)

にくの日に

 11月29日。いい肉の日。あるいはいい服の日。なんだそうですが、そんな日に行われたブレストークのライブには、多くのお客さまが吉祥寺に足を運んでくださいました。不意に雨が落ちてきたりして肌寒い天気にもかかわらず、お集まりいただきましてまことにありがとうございました。まさかそんな雨を予感していたわけではないのでしょうが、この日は『Raindrops Keep Fallin' On My Head』『Rainy Days and Mondays』そしてオリジナル『雨の予感』の雨つながり3連発で幕が開きました。うーん、やるじゃありませんか僕らの僕らのリーダー、チャーリーは。さすがです。何がさすがなのかはわかりませんが。そしてこうしてしっとりとした雰囲気にお客さまもなじんででしまったのを察知したのか「なんとなく元気のある曲をやる雰囲気でもなくなったので」と、リーダーからは急きょメニューを変更する指示が。そもそもブレストークでは元気系の曲はわりと数少くて、ちまたではよくライブやコンサートに行った人が「元気をもらいました!」なんて言われますけど、ここではあまり明日の活力になるような元気は与えません、とキッパリ言い切り笑いを誘っていました。さらに、元気といえばギターのヤングサトーくんが少し元気がないんですという話しになりました。聞けば何やら数日前から腰が痛いんだそうで「いやぁ、明日は整体に行こうかと」とのこと。ヤングなのに。でもまあこのところ公私にわたっていろいろ忙しいらしいので、知らず知らずのうちにからだに負荷がかかっていたのかもしれないですねえ。忙しいのはけっこうなことだけれどもあまり無理せずできれば早めに治療してくださいな。僕も度々ビックリ腰を経験しておりますからそういう辛さはよくわかりますもの。うんうん。と、そんなことを話題にしつつ穏やかに進行してきたこの日のライブはしかし、最後に思いがけない展開が待っていました。2部の最後になって僕らの僕らのリーダーは、突如その貴重な元気系を2曲続けてやりますというのです。

(え!?…そなの!?

寝耳に水の私。さっきまで元気は与えないとか、さんざん腰痛の話しをしていたので今日はこのまま大人な雰囲気で終わると思いきや、まさかの展開です。結局オリジナル『風の逝く絵』と、本来は1部でやるはずだった『GOKIGEN-IKAGA』を続けて演奏。ブレストークでは珍しく元気系での、それも2曲続けるという実にレアなエンディングになったのです。終わってメンバーを振り返り「大丈夫だった?」と笑うリーダーに「腰にきます」と返す私。そんなやり取りにお客さまからはあたたかい失笑をいただきました。ありがとうございました。いやホラ、カホンて中腰だから。ともあれこの日のライブはまた優しいお客さまに囲まれてにぎやかに終了したのでした。サトーくん、整体に行ったかなあ。とりあえずお大事に。そして今年もブレストークに来てくださった皆さまありがとうございました。次回はもう来年になってしまうので、僕らの僕らのリーダーは「ちょっと早いですがクリスマスっぽい曲を」といって『When You Wish upon a Star』を、お得意の〈小さいギター〉で歌ってくれました。いいですねぇ、星に願いを。この日はなんとなく「腰に願いを」という気もしましたが。サトーくん、養生してね。皆さまもどうか腰とインフルエンザにはくれぐれもお気をつけいただいて、またのお腰を…じゃなかった、またのお越しをお待ちしておりまする。

# by cicocico | 2018-12-05 03:24 | Comments(0)

旨しものは

 やはり「食欲の秋」と言いますから、たまには旬のうまいものでも食って心とお腹を豊かにしたいではありませんか。新米とかサンマとかキノコ(松茸はお高いからあえてキノコ)とか色々あるよなあとあれこれ思いをめぐらせていたそんな折、久しく会っていなかった知人からメール(ラインではない)があり、今度横浜に行くのでたまにはメシでもどう?というお誘いが。ちょうどこちらも空いている日だったのでふたつ返事で了承し、桜木町で待ち合わせました。やっぱ旬のサンマの塩焼きで熱燗なんてどう?いいね!でもミツカンはちょっと、などとバカ話をしつつ野毛方面へ。本日は何やら馬車道方面でのイベントに行ってきたという知人は赤レンガ倉庫にも寄ってきたそうで、もうちょっと早かったらオクトーバーフェストやってたのになあと残念そうでした。

(むう…オクトーバーフェストかぁ

それを聞いて私の脳裏に浮かんだのはやはりこの秋体験したビール工場見学のこと。できたてビールがいかに衝撃的なウマさだったかをやや興奮気味に語ってしまったところ、それじゃあやっぱりここは熱燗じゃなくてミツカンでもなくてビールにしますかルービーに!という流れになりました。ビアレストランみたいなところに行けばいいんでしょうがそれ以外で、まあさすがに工場のできたてみたいにはいかないかもしれないけれど、でもできるだけおいしく飲むとしたらどうすっかという話しになり、それならばビールに合わせるツマミで勝負しようぜという話しになり、じゃあビールといえば?…せーの、

「ギョーザ!」
「おお〜〜っ!!」

見事なシンクロナイズ。同調するなら金送れ(←古いし違うし)。ということで意見の一致を見た我々は一軒の居酒屋へ。ギョーザがメインのその酒場はチェーン店でしたが主役のギョーザはもちろんおいしくてあたり前ですがビールと相性抜群です。

「乾パ〜イ!」
「おお〜〜っ!!」

いちいちシンクロナイズ。よおしじゃあ今日はとことんビールで攻めようぜと盛り上がるオッさんたちは、ビール、ギョーザ、ビール、ギョーザ、ビール、ビョーザ、ギール…と無限ループに突入し、ふたりオクトーバーフェストの夜はふけていったのでした。うーん文句なしのコンビネーション!楽しい宴をありがとでした〜。ハイ、てことでさらっと秋もこれにて。

しかしなんだか食欲の秋というより飲欲の秋って感じですな

d0067750_12205257.jpg

やはり間違いなし
d0067750_12243098.jpg

ビールで攻めると言っときながら


(そして『旬』はどこへいった?)

# by cicocico | 2018-11-21 02:23 | Comments(0)