★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
遅くなりましたが、今年も..
by ミユキ at 21:33
>てぼたんさん 焼酎は..
by cicocico at 00:35
ちこちゃん♪ 楽しいラ..
by てぼたん at 10:58
>s.i.s さん お..
by cicocico at 21:44
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

おじいちゃんのポテチ 〜TSOの記憶〜

 ブリリアントリオには、艶やかな音色で難解なフレーズも一見そうとは思わせないほど巧みに弾きこなすバイオリンの匠、おじいちゃんがいます。あ、間違えた、森琢哉さんがいます。タクヤというカッチョいい名前とは裏腹に、自他共に認めるおじいちゃんキャラでもある森タクさんはしかし、ワカモノのようにスナック菓子とかジャンクなものがお好きです。あんなに優雅なバイオリンを弾く姿を見てるとこれまた意外な気もしますけど。でね、長時間のリハだからお腹すくじゃないですか。すると休憩時間に毎回コンビニに行ってポテトチップスを買ってくるんです。初日に普通の塩味とのり塩タイプのふたつを食べくらべ、

「やっぱ、こっちだな」

と言って2回目からはのり塩タイプが定番になりました。まあ僕らもいつもお相伴にあずかってるんですけど。フフフ。そしてそんな時、気のきく光田さんがコーヒーあるけど?と言うんです。

「ポットに入ってるのとスタバのスティックタイプとどっち?ちなみにスタバは賞味期限過ぎてま〜す」

「じゃやっぱ、スタバだな」

迷わず答える森タクさん。いや大丈夫でしょ賞味期限なんて、と言いつつカップにお湯を注ぎます。

「ズズ…、あ〜やっぱスタバだわ。濃いねぇ」

としみじみつぶやくその姿は、やはりコーヒーよりも渋茶をすするおじいちゃんのイメージに重なるのでした。そんなおじいちゃんはもちろん携帯はまだガラケーだそうですが、聞けばチェロのシンコちゃんもそうだというじゃありませんか。なんとブリトリプラスはご本人以外ガラケーバンドだったのです。おお〜やった!でもスマホと違って家のパソコンに届いたメールは外出先では見られないので、急ぎの連絡などは家と携帯のそれぞれに送らなくちゃならず、最初の頃はスタッフさんにはちょいとお手間をおかけしたみたい。ホホホ。お世話になりました。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-03 23:41 | Comments(0)

フセン大作戦 〜TSOの記憶〜

 翌日もリハーサル。少し遅めの入り時間になったのはあまりにも多忙な光田さんのため。何しろ悩んで悩んでナヤンデルタール人になってメニューを決定し、曲を入れ替えたりこまかくアレンジし直したり新たな曲は譜面を書いたりとすべてご本人がやらねばならないんですから。あとから聞いた話しではリハのない日はすべて別のお仕事やらイベントが入ってるんだって。いったいいつ譜面書くんだってハナシだよなぁ、ヘッヘッヘと笑う光田さんですが。それよりいったいいつ寝るんですかってハナシじゃないですか。そんな姿を見ていたシンコちゃんがスタッフさんに、でもそうやって時間がなくなるってわかってても本人が絶対予定入れちゃうんでしょ?と言い、そうなんですよと苦笑いされておりました。もう昔からそういうヒトだからなあ。からだをこわさないでくださいねホントに。今回は(今回は?)カゼなどもひかずまだお元気だけれどもそれこそ大台にのるんですからね。あんまり無理しすぎないでくださいねホントに。

とそんな心配をよそに、いたって普通にあらわれた光田さん。さすがにお目々は少々眠そうでしたけど。あ、でも普段とあまり変わらないような気もしましたけど。オホホ。さて今日は演奏する曲の尺を縮めることに力を注ぐ光田さん。というのも計算したところ、このままではまだライブの時間がだいぶオーバーしてしまうんだとか。

(まあそうでしょうねえこのメニューなら…)

とも言えず、フンフンなるほどと一応神妙そうな顔をして話しを聞く私たち。トークの部分を多少長めに見積もっているとはいえ、そこを削ったとしてもまだ充分ではないというのです。そう、思えば昨年も昼の部が押してしまい曲をカットしたり、その影響で夜の部も曲の差し替えや変更があったのはまだ記憶に新しいところです。何度も言いますが、ご本人がやりたいこといっぱいできれば全部やりたいヒトですから。しかし今回は50曲という縛りがあります。つまりもし時間が押したとしても1曲2曲カットするというようなわけにはいかないってことです。そしてまた光田さんのライブをご覧になった方ならお分かりでしょうが、たいていの場合は予定時間を越えます。やりたいこといっぱいできることをできるだけお客さまに見てもらいたいというヒトですから、いくら今日は絶対に押せないからといったところでたいていは押してしまうのです。

押すなよ!絶対押すなよ!➡押す

というなんだか熱湯風呂的構図があるのですがそれはさておき、曲数を減らせない以上は1曲の長さを縮めていくしかありません。そこでイントロを短くしたり間奏や繰り返しををはぶいたり、できるだけ曲の良さを残しつつ慎重にでもときには思いきってカットしたりという作業をしていくんですが、曲の流れや構成が不自然になっちゃいけないしどこでも切ればいいというもんじゃありませんから、これがまたなかなか大変そうでした。さんざん譜面とにらめっこして結局4小節しか削れなかったとかね。それでやっと何秒短縮みたいな地道な作業を重ねていったわけですが、いざ演奏するにあたってそれをどう譜面に落とし込むかという新たな問題が浮上してきました。つまり譜面はオリジナルのサイズで書かれており、そこにはダルセーニョやダカーポやコーダといった反復記号もあり、演奏者は本来それに従って演奏するのだけれども、かなりの曲でそれらとは違う進行をしなければならないのでさてどうするか、ということです。今回のためだけの新たな譜面を書き起こすというのはもはや時間的にも無理ですから今ある譜面を使うしかないんですが、今回限りの演奏のために譜面にあれこれ書き込むのも後々どうかということ、またいろいろ書き込むことで逆に見づらくなる可能性も考えられました。そこで、

「これ使ってみよっか」

と光田さんが取り出したのが『付箋』です。確かにフセンなら後ではがしてしまえば元通りですし、実際試してみると発色性により目立つしわかりやすかったのです。本番前にはがれちゃ意味ないけどねと笑う光田さんでしたが、これはなかなかいいアイデアでした。それぞれに独自の譜面を工夫していくメンバーたち。いずれにしてもこれはいつも以上に自主練しなくちゃなぁ…とめずらしくシンコちゃん。しっかりさらっておかないと本番で進行を間違えそうだと。シンコーちゃんだけに(つまらん)。弦の国の住人たちにしてもそうなのですから、私のような染み込みオヤジはなおさらです。特に私は曲によっては譜面ではなく歌詞カードを見て演奏したりする上、気持ちが入るほど過去に染み込んだオリジナルのサイズや歌詞なんかが出やすい体質ですから、そこは十分な注意とフセンが必要です。まあ実際のところ、曲数の多さからそれぞれの曲に当てられる時間も限られる中、例によって本番直前まで見直しも含めこまごまとしたサイズチェンジが続き、前回の録音を聴き込んでカラダに入れたものをリセットしたりまた覚えさせたりの繰り返しになり、染み込みオヤジなんだか染み抜きオヤジなんだかわからなくなりましたけど。そんなこたどうでもいいスか。


d0067750_10183891.jpg

わかりやすい、ですか…

(むしろ居酒屋のメニューっぽい)

[PR]
# by cicocico | 2017-03-02 16:18 | Comments(0)

長くて短いリハーサル 〜TSOの記憶〜

 ライブへの期待と不安がひとつになって過ぎ行く日々など稚内。時のたつのは早いものです。年が明け二草粥などすすっているうちにもう出るサンダースの決意表明からあっという間に1ヶ月。私にとってはこれまでで最長となるであろうライブは、演奏時間もさることながら演奏する曲数も最多。それはいったいどんなライブになるんだろう?しっかりやれるだろうか?と、これまで経験したことのない舞台にあれこれ思いをめぐらせる日々。もちろんこういう機会はそうはありませんからやりがいは感じていました。そこでよおしやってやるゼ!と大きなヤリ貝を背負って万全の備えをしようと立ち上がってはみたものの、実際のところ演奏する曲目がわからないことには準備のしようがありません。仕方がないのでトイレに行きたそうな犬のように落ち着きなくそこら辺をウロウロしたり、光田さんのこれまでのアルバムを何となく上の空で聴き流してみたり、新年会で豪華トリすき鍋を食ったりしながら有意義な時間を過ごしていました。そしてようやくメニューが送られてきたのは暦が2月にかわる頃。1回目のリハの前日でした。さらにその後少しして修正版が届きます。

…うーむ

曲目がびっしり書かれたそれは進行表も兼ねており、出演者の出入りや次点の候補曲なども書かれていました。

…うーむ

まだ曲も完全には絞りきれていないのでしょう。おそらくやりたい曲もたくさんあるんでしょうね。なんたってご本人がやりたいこといっぱいできれば全部やりたい最後の最後まで妥協なし手抜きなしタヌキソバのヒトですから。というこの例えもデブジャ(←だからデジャブだよ)。とにもかくにも昔のファイルをあれこれひっくり返しては譜面を探し出し曲順に並べていくという作業を開始したんですが、これだけでけっこうな時間を費やしましたよ。どうしても見つからなかったものは後々用意してもらうことにして、なんとかひととおりそろえてシャ乱Q。というかバタンキュー。ふう。やることはやったという充実感(譜面そろえただけなのに)。あとは野となれ山となれ。リハに行ってのお楽しみ。好きな四字熟語は「現場処理」ってなもんです。こうして迎えたリハーサル初日。チェロのシンコちゃんもバイオリンの森タクさんももちろんワタクシもみんな時間通りに集合。光田さんを交えて今さらながら一応新年のご挨拶。ここでさらに更新された進行表が配られ光田さんから全体的な説明があって、さていよいよリハのスタートです。

「まあ今日はとにかくあたれるだけあたる方向で。で、後ろは振り返らない」

と笑う光田さん。そう、何しろリハは数日間あるといっても曲数が曲数ですから決して時間に余裕などないのです。それこそ油断していると1回通すだけでもいきものがかりになる可能性が高いのです。というか1日がかりになる可能性が高いのです。まずはどんどん音を出していこうという方針に異存はありません。そこで譜面のそろっているものからメニューにそって次々に曲をこなしていきました。

「ハイオッケー。じゃ、これ次は本番で」

「うっひゃ〜〜っ!」

そんなあまりシャレにならないようなシャレを交わしつつも、次々に演奏していくうちに初日のリハはまたたく間に終了。弾き語りのコーナーやインストゥルメンタルの一部は飛ばしたにもかかわらず、やはりけっこうな時間がかかります。それでもきちんとした譜面さえあればすぐに弾きこなしてしまう弦のお二人はさすが。明日が本番だったとしても問題ないんじゃないでしょうか。対して私はというと、もちろん譜面も見ますがどちらかというと曲をカラダに叩き込むというか染み込ませて、その曲の構成やイメージをもとに演奏を作っていくタイプ。幸いなことに今回やる光田さんの曲の多くはカラダに染み込んでいる染み込みオヤジなんですが、やはり最近の新し目の曲や逆にずいぶんとご無沙汰だった曲については早いところ慣れたり思い出したりする必要がありました。そこでそういうものについては音源をもらったりリハの録音を重点的に聴きこんでいきました。

が、リハが進んでいくと、思わぬ落とし穴が待ち受けていたのでありました。

[PR]
# by cicocico | 2017-02-28 08:41 | Comments(0)

デブジャ 〜TSOの記憶〜

 まだまだ寒い毎日ですが、時おり急に暖かい風が吹いたり近所の梅が白い花を咲かせたりと、着実に春が近づいているんだなあと感じる今日この頃。陽気に誘われて陽気に踊りだしたくなります。ウソです。またどこかへ散歩(徘徊)に出かけたくなります。が、その前にそろそろやっておかねば、とフト気づいたところで先だっての光田さんのライブです。あれから早2週間。このままフラッと出かけたらサラッと書くと言いながらシレッと忘れてしまいそうな私。だってそんなお年頃なんですもの。メモリーだってTSOなんですもの。あ「TSO」ってのはもちろん「年相応」って意味です。てことで、むしろ年不相応な言葉づかいだよというツッコミはスルッと受け流しつつ、長〜いライブを軽〜くたどってみたいと思います。

光田さんから2月11日のバースデーライブのお誘いをいただいたのは、昨年の暮れもかなり押し詰まった頃でした。前回からもうすぐ1年か…光陰矢の如しとはよく言ったものだなあ、とあの興奮島倉千代子だった日々に思いをはせる私はしかし、内心ちょっと意外でした。というのも、光田さんからのお誘いがあるときはたいていもっと前に早めにお声がかかるので、本番までひと月余りというこの時期にオファーをいただけるとは思ってもみなかったからです。しかもブリトリプラスでやりたいと。思わぬお誘いに私は驚きつつもたちまち興奮島倉千代子になり、出る出る出ます出してください出たいんです!お願いですから出してください!誰かここから出してくれえーーっ!!オレは無実だあああーーーっっ!!と勝手に牢獄の中からすぐさま出演了承の叫びを返したのでした。そしてそれからほどなく発表されたライブの詳細には『Happy50曲↑5時間ライブ!』とありました。

(えっ?!50曲?…5時間って??

再び驚きを隠せない私。思い起こせば昨年も出演が決まってからの2回公演だったことに驚いたものですが、今年はまた曲数と演奏時間に驚かされるとは。

(これは…デブジャ!?(←デジャビュ!せめてデジャブと言えって)

こうしてまたしても意表をつかれた私はしかし、もう出ると言っちゃった以上はもう出るサンダースになるしかないと腹をくくり、いくばくかの不安と期待と不安を胸に、このスーパーロングバースデーライブに挑むことを決意したのでした。

[PR]
# by cicocico | 2017-02-25 20:54 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2017/04/25(火)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
# by cicocico | 2017-02-23 22:14 | Comments(0)

花とオジサン

d0067750_08501975.jpg 早咲きの桜を見に行きました。僕はこういう時たいていは混雑を避けて平日にするんですが、ちょっと気分転換もしたかったので、まあ休日の賑わいに身をおくのもそれはそれでよかろうとフラフラ出かけましたところ、人混みの中、日頃お世話になっている方々と立て続けに遭遇するというミラクルさんに。これってやっぱり大吉効果でしょうか!(←ハイ違います。皆さん今日は花を見に来たのであってオジサンを見に来たのではありません)

そして人混みに流されて変わってゆく変わり者の私を近くで叱ることもなく、せっかくなのでと、花とオジサンの写真を撮ってくださいました。どうもありがとうございました。

それにしても大根率の高い(謎)お花見でした。

[PR]
# by cicocico | 2017-02-20 20:34 | Comments(1)

時差ボケの効用

 ハイ、16日木曜日はブレストークの今年最初のライブにお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。僕らの僕らのリーダー、チャーリーの相変わらず歌心ある素晴らしいハーモニカをお楽しみいただけたでしょうか。そしてもしかするとご覧になっていてお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、この日のリーダーはまたつつがなくステージを進行させてくれましたので、どなたも落ち着いて演奏を堪能することができたのではないでしょうか。逆に、これまでのような違和感あるトークと素敵なハーモニカのマリアージュがたまらない(いろんな意味で)という方には、逆に少々もの足りなかった(いろんな意味で)かもしれませんが、これが本来のライブの姿であると言えなくもなくもないのでしょうか。思えば前回は荒野愛子さんの素晴らしい演奏と素晴らしいゲスト効果によって落ち着いたライブをお届けできたのですが、今回はまたこの3人だけでの演奏。荒野さんだけでなく仮面ライダーもトッキュウジャーもいない中で、いったいどうなるのだろうと思っていた私ですがどうやらそれは取り越し苦労でした。堀越学園でした。じゃあいったいなぜノーゲストで落ち着いたステージ進行ができたのでしょうか?私はそのカギは時差ボケにあるのではないかと考えています。実は僕らの僕らのリーダーは今月初めにお仕事でアメリカはロサンゼルスに行ってきたというのです。リルは上海帰りでしたがリーダーはLA帰りだったのです。1週間以上も滞在していたそうですが途中にオフの日もあってラスベガスにも連れて行ってもらい、今話題のトランプタワーにも宿泊するなどひとりではもったいないくらい贅沢な体験をさせてもらったそうです。そして我々メンバーにもそんなラスベガスのおみやげを忘れなかった優しいリーダーですが、帰ってきてから今でもまだ時差ボケが残っていてね、と語ってくれました。

「夜、9時前にもう眠くなっちゃうんだよ」

(へえ〜…?でもそれって、健全なんじゃ

「そのくせ朝も6時前に目がさめるし」

(へえ〜…?でもそれって、健全なんじゃ

夜中に眠れなくなったとか昼間仕事中に居眠りしたとかいうのと違って、至極健康的な気がするのは私だけですか。まあでも海外から帰ってきて、なかなか普段の生活リズムに戻すのはむずかしいという話しはよく耳にしますものね。そういえばそんな僕らのリーダーがステージで、最近ますます多忙だというヤングサトーくんのことについて何か言いかけながら、いや実はまだ言えないんですよ、ともったいつけるので、何ですかそれは?気になるじゃないですか?まさか人に言えないことじゃないでしょうね?とツッコミを入れると、まあね、次回からサトーくんが急に来なくなるとかそういうことじゃないから、と答えにならないような答えが。この日は唯一このあたりの曖昧なくだりがいつものチャーリーらしいといえばらしい感じではありましたかね。そんなチャーリー、僕ももう50ですからやはり半世紀も生きてると人生いろいろありますよね、となんだかしみじみつぶやいたと思えば、サトーくんはいくつだっけ?32かあ。なんかずっと19のままの気がするねえ、とますます好々爺っぽいことを言うのでした。うーむ、その気持ちはわからないでもない、というかとてもよくわかるけど。なんというかずっと最初に会った時のイメージなんだよね、それは僕もよくわかります、ハイ。今だにヤングサトーくんとか言ってるし。ずっと少年隊。そう、そのサトーくんは今回新しいギターを持ってきたんですがこれがなかなかいい音でね。特に低音が丸くふくよかでよく響いてとても良かったんです。

(すごく音が豊かだね、豊だけに)

と言おうかと思ったのですが、せっかくリーダーがスムーズに進行しているのに自分で自分の首を絞めることになると瞬時に気がつき、ココロのつぶやきだけにとどめておきました。我ながら的確な判断だったと言えましょう。ライブが終わって帰りがけ、だいぶ眠くなってきちゃったと言うリーダー。だから夜型人間をなおしたい人はロサンゼルスに行ってきたらいいんだよね、とおもむろにひと言。そういうもんですか。しかしむしろ私としては時差〈ボケ〉がいつものリーダーの〈違和感〉トークとかけあわさることで、なんというか『マイナス╳マイナス=プラス』的な形となり、実に良い結果をもたらしたのではないかという点に注目しています。時差ボケでステージ進行がスムーズになり早寝早起きの健康的な生活が送れるとなれば、これは一石二鳥ではありませんか。できればこれから僕らの僕らのリーダーが毎回ライブの前に海外に行ってきてくれたらなあとコッソリ、でもいくらか真剣に思っている私です。ホホホ。

ということで、世界にはばたいてほしいリーダーとブレストークを今年もよろしくお願いいたします。


d0067750_08374945.jpg


ベガスのおみやげをありがとうリーダー

d0067750_08380540.jpg


使いやすさなんていらない

d0067750_08380931.jpg


筆箱に入らなくてもカワイければ



d0067750_08380275.jpg


正しい使い方

[PR]
# by cicocico | 2017-02-19 09:40 | Comments(0)

「ル・キャーンズ・フェブリエ」

 というのが2月15日という意味だと最近まで知らなかったワタクシ。だって学生の頃から英語は苦手だったんだもの。と思っていたらフランス語なのだそうでした。ハッハッハ。そりゃ手も足も出ませんわ。ということで本日は光田健一さんの誕生日なのでございます。数年前に血液型を変更した経歴をお持ちの光田さんですが、さすがに誕生日の変更はないと思われるので、ここでささやかながらお祝いさせていただきます。光田さん誕生日おめでとうございます。大船ならぬ大台にのったお気持ちはいかがでしょうか。タコがでしょうか。そして先日の超ロングバースデーライブお疲れさまでした。そしてそしてライブにお越しいただきました皆さまも、大変お疲れさまでした。どなたさまも無事お家にたどり着きましたでしょうか。思えば昨年はしばしフヌケになっていたワタクシですが、今年は脳ミソが筋肉痛、揉み返し状態になっておりますのでライブのことはいずれサラッと書くとして、何よりまずはお礼を申し上げまする。皆さま本当にありがとうございました。カゼが流行っている昨今、体調や頭の使いすぎ(←いやアナタとは違うって)には十分ご注意の上、どうぞ元気にお過ごしくださいね。
[PR]
# by cicocico | 2017-02-15 09:29 | Comments(0)

ほっこりバレンタインライブ

 2月10日金曜日は椎名恵さんのライブでした。朝のうちはお日さまも出ていたんですがお昼くらいからアララ雲が広がってきまして、夕方僕が下北沢のお店に到着するとおおなんと雪がちらついてきたではありませんか。そういえば数日前のリハーサルの時も、それまでずっといい天気が続いていたのにみぞれっぽい雨が降ったりしたんですが、確か晴れ女だったはずの椎名さんはさりげなく雪女に変身していたのでしょうか。まあしかし雨より雪の方が機材の搬入にはそれほど濡れずにありがたかったですけど。そしてそんな寒い中お越しいただきました皆さま、本当にありがとうございました。この日はバレンタインデーも近いということで、椎名さんからお客さまへありがとうの思いを込めたチョコのプレゼントもありました。西友で買ったんですけど…、と正直に告白していた椎名さん。ウフフ。でも大切なのは思いですからね、皆さんへの思いがしっかり込めてありますからね、とも言ってました。まったくその通りでございます、ハイ。ちなみに我々メンバーもリハの時にそれぞれチョコをいただいたんですが、ステージで椎名さんがそのことにふれ、お客さまにコッソリと、実はひとつ○百円なのョ…、と暴露しておりました。ええっ!?そうだったんですか!?と驚く我々。実はいただいた時には、

僕「あっ、これなんかちょっとお高いチョコなんじゃないですか?ホラ少しアルコールも入ってるみたいですし」

吉澤さん「アッ!ホントだホントだそうそうそうですよチコさんこれきっと高級品ですよハハハハすごいなあ大人のチョコレートですよウンウン」

恩田さん「オレのは入ってねえけど…、まあこういうのは意外と(値段が)するのかもな、おぅ、マジでよ」

と騒いでいたのです。イヤッハッハ!チョコを見る目のないオトコたち。茶碗じゃなくてヨカッタ。まあでも大事なのは値段じゃなくて気持ちですからね本当に。ありがたくいただきましたよチョコも気持ちも。あと今回のリハでおかしかったのは、順番に曲をあたっていって4曲目の『 I won’t last a day without you(愛は夢の中に)』になった時、ピアノの恩田さんから次の曲のテンポはなんだっけ?聞かれたので、えーとこれはおよそ82ですねと答えたんです。意外とゆっくりだな…、とつぶやく恩田さん。

「カウントはありだっけ?」

「いえこれはピアノからですよ」

そっかわかったオレからか、と言ってメトロノームでテンポを確認した恩田さんが、おもむろにイントロを弾き始めたんですが、その時その場に妙な違和感を感じました。ただそれがなんなのかわからないうちに、椎名さんが歌い出した瞬間こう言ったのです。

「ねえ?…キー高くない?」

「?……アッ!?やべえっ!曲が逆じゃねえか!!」

なんと恩田さんはその次の『Touch me』の譜面を見て演奏していたのです!想像もしなかった展開にその場の全員が大爆笑!!ちょっと待ってくださいよ〜〜っ!!と笑い崩れる一同。いやワリイワリイ譜面を間違えて並べてたョ、マジでゴメン!と苦笑いの恩田さん。こんなことってあるのかというような出来事は本当にあるもんです、イヤハヤ。聞けば僕以外のお二人もイントロが始まった瞬間(あれ?)と思ったそうですが、よもや恩田さんが真剣な顔でまったく別の曲を弾いているなんて思いませんから、吉澤さんはてっきり自分が違う曲違う譜面を持ってきてしまったかと焦り、椎名さんはあれ?いつの間にアレンジを変えたのかしら?と考えていたそうです。で、いざ歌ってみたらやっぱりと。

「いやあ、でもそう信じて聴いてるとそれなりに聴こえるもんですねえ」

とは一緒にいたスタッフの弁。イヤハハハハ、なんともはや。気をつけよう、暗い夜道と思い込み。リハでよかったッス。本番ではもちろん『I won’t last a day without you』も、僕のカウントで始まるテンポ100の『Touch me』もちゃんと演奏いたしましたよ、ハイ。それから前回ちょっとつまづいた『がんばれ』もしっかり雪辱を果たしてお届けできました。ヤレヤレ。そして初めてのトークコーナーの企画もなかなかよかったようですね。僕らは楽屋に引っ込んでいたのでどんなやりとりだったのかはよくわかりませんでしたけれども、でも時々聞こえてくる皆さんの笑い声でなごやかな雰囲気が伝わってくるようでした。さらにアンコールでは皆さんも一緒に歌ってくれて、寒い夜でしたがあったかいステージになりましたね。どうもありがとうございました!

[PR]
# by cicocico | 2017-02-13 23:21 | Comments(0)

自主トレに励む

 2月に入りましてリハーサルと予習復習の毎日を送っているワタクシです。昨日も予定していた行事がなくなってしまったので一瞬ガッカリしつつ、でもむしろこれ幸いとばかりに1日中山道、じゃなくて1日中自主トレに励んでおりました。曲の進行やアレンジや使用楽器やコーラスパートの確認と整理。思えば昨年の今頃もこんな感じでしたかねえ。あれから1年。早いもんであります。そしてこれも昨年同様に椎名さんと光田さんの日程がかぶらなくてヨカッタっす。無事両方とも参加できてシアワセ。クルシタノシイけど。ホホホ。お二方とも、それからそれぞれのメンバー方も皆さん元気なのは何よりだったんですが、今まだなんとなく気持ちの上で落ち着かないのは、光田さんの曲がまだ全部はあたれていないからでしょうか。ご本人いわく、もうそんなに難しいヤツは残ってないから大丈夫、へへへ、だそうですが、小心者なワタクシとしては内心ドキドキするわけです。まあとはいえリハのない日も他の仕事がビッチリ埋まっているご本人が一番忙しいそのうえに、あらたにアレンジもして譜面も書かなきゃいけないんですから、そういったことを思えばワタクシなんぞが気を揉んだところで始まりません。しのごの言わず今できることをやっとけって話しですな。ということでこれからリハに行ってきます。やるど。


イヤッホーッ!!(と自分を鼓舞してみたり)



d0067750_11400616.jpg


自分を鼓舞

[PR]
# by cicocico | 2017-02-07 11:53 | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2017/03/10(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)
[PR]
# by cicocico | 2017-02-04 01:11 | Comments(0)

ふと大吉

d0067750_10411499.jpg 
じゃん!












d0067750_10495886.jpg


じゃじゃん!!

 はっはっはっは!いやあ、やってしまいましたワタクシ。ついにひいてしまいましたよ大吉を。いやあどっからどう見ても大吉。我が人生初の大吉。イヤその昔、焼き豚大吉は食べたことがありますがあれはカップラーメンですからね。おみくじ入ってたけどそれでも大吉には会えませんでしたから。今度は正真正銘大吉ですよ。こいつは春から縁起がいいじゃあありませんか!あっはっはっは!!いやあ素直にウレシイなあ。思い起こせば数年前には『連続凶男』の名をほしいままにしていた私。その後もかろうじて首の皮一枚というところで吉の世界に復帰した私。そんな私にまさかこんな日が訪れるとは。しかも今回は最初から初詣に行ったのではなく、もともと別の目的がありたまたまそのついでにお参りしての結果がこれ。いやあシアワセって本当に何気ないふとした瞬間に訪れるのかもしれません。いやあホントビックリですわ。

さて、そんなことの顛末はというと、ふと、宇都宮に行ったことが始まりです。イヤ『ふと』行く距離じゃねえだろという声が聞こえそうですが、そこはまあまあおさえておさえて。何しに行ったのかというと餃子です。餃子といえば宇都宮、宇都宮といえば餃子ですが、餃子の好きな私の友人がある時、宇都宮にはいろんなお店の餃子が食べられるところがあると言うんです。新横浜のラーメン博物館みたいなものなんでしょうか。前から気になってたんだけどなかなか行けずにいたので今度一緒にどうかと誘われたので、そうかじゃあまあ都合が合えばねえ、なんて言っていたらふと都合が合っちゃったんです。合っちゃった以上は行かないわけにはいきませんから、ふと行ってきたというわけです。まあでもそういうきっかけでもないとなかなか行けないですからね。それに有名無名の餃子屋さんがひしめく宇都宮で、どこに行くかと迷わずにすむというのもいいじゃありませんか。ゆるやかな鉄道好きとしては新幹線ではなく上野東京ラインでトコトコおよそ2時間。そうして久しぶりに降り立ちました宇都宮の地。そして久しぶりに再会した餃子の像。目指す場所は駅前通りをまっすぐでわかりやすそうだったので、のんびり歩いて行くことにしたのですが、地図を見るとすぐ目の前になにやら神社があるではありませんか。今年まだ初詣に行ってなかった私は、じゃあせっかくだからとこの機会にお参りさせてもらうことにしたのです。大通りを歩くことおよそ15分ほど。

「おぉ〜〜!」

まわりをビルに囲まれた中のその一角だけがスコンと切りとられたような空間が広がっていました。通りに面した思いのほか大きい鳥居から奥の小山の上へと参道が続いている風景は、なんだか箱庭のようです。二荒山神社と書かれた扁額ののった鳥居をくぐって階段をのぼり境内に入ると、決して広くはないもののやはり神社の、街の中とは思えない落ち着いた空気がただよっていました。もう人もさほど多くはありませんでしたが、それでもここも三が日には地元の方々で賑わってるんだろうなあという気配がありました。手を洗って口をすすいでから二礼二拍手そして一礼。ふらりと立ち寄ることにしたとはいえしっかり真剣にお参りいたしました。今年もよい年になるでしょうか。

さて無事に初詣もすませいよいよ餃子に繰り出そうというところで友人が、おみくじはいいの?と聞くのです。ご存じの通りすでに昨年フツーの吉をひいている私は、今年からはまた参拝だけの人に戻るつもりでいました。ところが、

「え?おみくじ?う〜ん…まあ別にいいかなぁ…」

と遠慮する私に友人は、せっかくだから引いたら?なかなかここまで来る機会もないんだし、と言うのです。何がせっかくだからなのかよくわかりませんが、確かにそう言われればなんだかもっともなような、よく考えるとそうでもないような気にさせられる優柔不断な私。それでもおみくじ所の巫女さんもなかなかチャーミングだったので、じゃあまあそこまで言うならせっかくだし…、という態度を前面に出しつつ列に並んだのでした。そうして引いたその結果がこうだったのですから世の中わからないものです。その瞬間頭の中を『夢の中へ』がグルグル回り出したことは言うまでもありません。探すのをやめた時、見つかる事もある…。こんなドラマチックな展開にすっかり盛り上がった我々は、じゃあもう祝杯をあげなくちゃなと言って意気揚々と本来の目的地へ。『来らっせ』という名前のそこは、鳥居の前の通りを渡ったすぐのところにありました。ドンキホーテなどがはいった商業ビルの地下という以外と地味な場所ながらやはり有名なスポットなんでしょうか、もうかなりの行列ができていました。それでも割に回転が早く思ったより待たずに入店できたのは、早くも大吉効果でしょうか。ウフフ。おいしそうに餃子を頬張る人々にまざって我々も何種類かの餃子とそしてビールで乾杯!ク〜〜〜ッッ!やっぱこの組み合わせは鉄板だなあ〜!!出てきた宇都宮餃子はそれぞれ個性がありつつもどれもみんな本当にうまかったです。昼ビール効果で選んだお店の名前は忘れちゃったけど。ホホホ。ついでに箸休めにと注文していた秋本のあとひき大根が実にいい仕事をしてくれました。いやうまかったです。こうして無事目的も果たした我々はシアワセな気分で再びのんびりと東京に帰っていったのでした。

よおし!今年はよい年になる!(単純なヒト)


d0067750_12154306.jpg


ウレシイのでまた載せるヤツ

ご利益がありますように(祈)




[PR]
# by cicocico | 2017-01-29 12:42 | Comments(0)

ひとすじなわでは行かないぜ

 予報では雪になるかもと言われていたシンシアさんの金パラライブは、幸い雪にもそして雨にも降られずに激しく盛り上がって終了いたしました。やっぱりお客様の熱気と姐さんのエネルギーのおかげでしょうかね。ご来場の皆さまどうもありがとうございました。今宵は1部がしっとり系、2部はガッツリダンサボーに振り分けました振り分け親方、あ、親方じゃなかった姐さんです。特に一部はめずらしく半分ほどが日本の曲でしたが『地上の星』や『ラブ・ストーリーは突然に』などの名曲で盛り上がったり、でもやっぱり『さよなら』ではイントロから歌に入ったところで音程をはずすネタをどうしてもやったりという力技でメンバー及び客席をねじ伏せるなど、姐さんらしさが炸裂するステージでした。そんな中、3日後が誕生日という姐さんのために吉澤さんが『シンシア』を歌ってくれました。こういうフォーク系やブルース系の曲には吉澤さんの声は特にハマるので、皆さん熱心に聴き入っているようでした。さらに『22才の別れ』ではイントロや間奏で披露した見事な口笛にどよめく客席。そういえばシンシアさんとこでは初めてでしたかね。僕にはもうおなじみなんですが吉澤さん口笛が抜群にうまいんですよホント。リハの時に堺さんも驚いてましたしね。そんな吉澤さん、なぜか昨年はトレードマークだったヒゲをずっと剃っていたんですが、ここへきてようやく復活のきざしが見えてきたのをすかさず、あ、ホラやっとのびてきたじゃない。やっぱり吉澤さんはヒゲがないと。なんで今まで剃ってたの?アタシはヒゲのない吉澤さんは吉澤さんじゃないって思う!と突っ込まれていました。ホホホ。そして後半は怒涛のダンスナンバーメドレーでみなさん踊りまくりミラーボール回りまくりのディスコタイム。いやあ皆さん本当にお元気ですなあ。これじゃあ雪どころじゃないですわホント。そんなとってもパワフルなエネルギッシュなステージの最後に、シンシアさんへお店からバースデーのシャンパンとケーキのサプライズ。さらにお客様からも真っ赤な花束が。またまた皆さんと一緒に乾杯しておおいに盛り上がる店内。するとその時何ごとか吉澤さんに耳打ちする姐さん。えっ?という表情を見せる吉澤さんを横に、よし!じゃもう1曲やるよ!という姐さん。じゃあ最後はみんなで『神田川』を歌うよ〜!と言うではありませんか。

「ふおおぉ〜〜〜……」

予想外の選曲に客席からはどう受け止めたらいいのかわからないような声。さらに言い出しっぺの姐さんからは、

「アタシ、歌詞知らないからみんなヨロシク」

という驚愕の一言が。それでも吉澤さんがリードする形でお客さまもたくさん歌っていただき、これはこれでフォーク喫茶のような雰囲気で無事になごやかなエンディングを迎えたのでありました。終了後、あんまりこういう終わり方のライブってないよね、と苦笑する堺さんに、そうそうそうですよ僕も初めてですよEm(イーマイナー)で終わるライブなんてハハハハ、という吉澤さん。どうやら今年もますます姐さんパワーは健在なのでありました。いやあ皆さまお疲れさまでした!

[PR]
# by cicocico | 2017-01-24 22:32 | Comments(0)

新年会

 あちこちで大雪になっておりますね。寒いわけです。ウチの方はお天気こそいいのですがやはり外に出るとあきらかに空気が冷たくて、ピリッとキリッと身が引き締まる気がいたします。もっとも引き締まる気がしたからといって実際に身が引き締まったかは貞子ではありませんが。そんな正月の余韻を引きずったまま新年会に行ってきましたワタクシです。集まったのは毎年恒例夏の発表会に関わる面々。今年はついに30回目を迎えるってこともあり、新年早々にみんなと一席もうけることになったというわけです。聞けばスタッフさんのひとりはなんとあと半年で赤いチャンチャンコなんだとか。うっひゃあ。いやはや。でもまあ何はともあれおめでとうございます。その方の「では皆さん、今年もどうかお元気で!」の実に気持ちのこもったこの場にふさわしいあいさつで一同カンパ〜イ!楽しくにぎやかな宴となりました。まあ僕もドラムの先輩に誘われて途中からの参加とはいえ多分25〜6年は続けているはずですから、そりゃあ細かい文字が見えにくくなったりファルセットのお世話になったりするわけですな。そしてリハーサルは今年ももちろんおなじみの永遠に頑としてバリアブルなスタジオですから、実にホントに皆さんどうかお元気で!なのであります。酉年だからでしょうか、お店特製の豪華トリすき鍋をみんなでなかよくつつきながら、それでもやはり記念すべき年ですからやはり何かスペシャルな企画をやりましょうよという方向で一同盛り上がっていったのでした。ああ〜食った飲んだ食った飲んだ〜〜い!やがて宴が終わって店を出るとウヒャ〜〜ッ!!強力な夜の冷気がまたピリピリッときてホントに身が引き締まったのでありました。

イヤま、実際に身が引き締まったかは貞子ではありませんが。


d0067750_18345475.jpg

トリの置きものをいただきました。
ありがとうございます!


カワイイ(トリすき食ったけどな)

[PR]
# by cicocico | 2017-01-16 23:15 | Comments(0)

お知らせ

椎名恵
VALENTINE SOIREE

2017/02/10(金)【終了いたしました】
下北沢 440(four forty) 
TEL:03-3422-9440
東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル1F
開場18:30 開演19:00(2部構成)
前売り:¥4,000/ 当日:¥4,500(税込)+1オーダー

椎名恵(Vo)、
恩田直幸(Pf)、吉澤秀人(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

■予約開始
2017年1月15日(金)から
メール予約詳細についてコチラをご覧下さい。
■入場順
(1)メルマガ会員優先予約者
(2)一般メール予約者
※当日来場順に(1)メルマガ会員優先予約者、 (2)一般メール予約者 それぞれの列にお並びください。
※メルマガ会員のかたでも優先予約期間終了後に予約されたみなさんは一般予約となります。

【お問い合わせ】
下北沢440 TEL:03-3422-9440(16:00~)

[PR]
# by cicocico | 2017-01-15 11:13 | Comments(0)

おかゆ食って始動

 皆さま、とっくに明けましておめでとうございます。昨年の大みそか、あろうことか年越しそばをお代わりして2杯も食ってしまったワタクシは、お正月も順調にみんなで飲んで食って騒いで確実にボリュームアップしたと思われ、危ないので体重計を避けて過ごしています。そうこうするうちに今日はもう7日。一応七草がゆ、とはいかないまでも二草程度のおかゆをすすって本格的に始動しようと思います。でも世の中的には3連休なんですよねえ。もしかすると雪、なんてこともなきにしもあらずらしいので、成人式に行かれる方は気象情報にご注意ください。そして今思いましたが「おかゆを『食う』」という表現はやはりあまり適切ではなかったですかね。本格的な始動に向けての気合いとか力強さを出したいがためにあえて「おかゆ食って」と言ってはみたものの、いざ声に出してみると「オカユクッテ…」となんだか上品ぶってキンカンとかムヒとか塗ってるみたい。これでは始動する以前に指導が入りそうなので今日はひとまずこの辺で失礼させていただきます。

てことで、こんな調子で今年もまたよろしくお願いいたします。

[PR]
# by cicocico | 2017-01-07 20:27 | Comments(0)

あっという間に大みそか

 さあそんなわけで今年もあとわずか。もう年越しそば食べましたか?僕はこのあと一杯やってからゆっくりいただく予定です。もちろん寝上戸なワタシですから万一に備えアラームもセットしてから乾杯します。それにしても今年はいろんな方々の節目の年におつきあいさせていただいて楽しい1年でございました。どうりで節々も痛くなるなんてしょうもないこと言ってたら、まんまと最後にファルセットを買うはめになるという我ながら素晴らしいオチがついたところで、本年最後のご挨拶とさせていただきます。お世話になった皆さま、ライブでお会いできた皆さま、最近更新頻度が低下する一方のこのバカブログをしぶとく気長にお読みいただいている皆さま、ありがとうございました。本当にあっという間の1年でした。どうぞカゼなどひかぬよう、よいお年をお迎えください。


ああ…こうして今年もまたかけ足で去っていくんだなあ。

サル年だけに。(言うと思った)

[PR]
# by cicocico | 2016-12-31 19:45 | Comments(0)

お知らせ

◆光田健一 
ル・キャーンズ・フェブリエ 2017
Happy50曲↑5時間ライブ!「ザ・トシソウオウ」

2017/02/11(土)【終了いたしました】
千葉・新鎌ケ谷 MT Milly's 
TEL:047-401-6605
千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷1-16-1 Mois Tour 2F
開場13:30 開演14:00(19:30頃終演予定)
前売り:¥8,150/ 当日:¥8,800(ドリンク別)
おいしいパン(軽食)& メモリアル・プレゼント付
全席指定 /税込 / 未就学児童入場不可
ご予約・詳細についてはコチラをご覧ください

KENICHI MITSUDA★The BrillianTrio Plus (ザ・ブリリアントリオ・プラス)  
光田健一(Vocal, Piano)、
森琢哉(Violin)、Shinko(Cello)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
# by cicocico | 2016-12-30 18:15 | Comments(2)

師走のラスト1週間

 こないだ12月になったばかりと油断しているうちにあっという間に時は過ぎ、今年も残すところあと1週間。さすがは師走。とりあえずメリクリです。と油断しているうちにさらに時は過ぎ明日はもう大みそか。早いものです。イヤま、別に油断はしてなかったですけども。皆さまは新年を迎える準備はできましたでしょうか。僕はクリスマスにブログを更新したあと、軽い大掃除(矛盾)をしたのですが、その時に洗濯機の排水ホースの切れ目から水が漏れていたのを見つけてしまい、大惨事になる前にとすぐさまホームセンターにホースを買いに行き、無事交換を済ませました。ところがホースを排水口に接続する際、何しろ洗濯機と壁の隙間スイッチの狭いスペースでしたからちょっと無理な体勢での作業だったためか、ちょっと腰がイテテ状態になってしまいました。実は僕はかなり昔ですが、荷物を運んでいて軽いビックリ腰をやってしまったことがあり、その後はもちろんビックリしないよう気をつけてはいるんですが、ああいうのはクセになると言われる通り、たま〜に何かの拍子に、特に重いものを持ったわけでもないのに再発することがあります。今回もそう。幸い症状は軽く立ったり歩くことも普通にできるのですが、一応保険としてファルセットもしておくことにしました。ただ以前使ってたやつが行方不明になってしまったため、新たに買いに行きました。クリスマスに自分へのプレゼント。サンタがくれたファルセット。ヒュ〜!ええ正しくはコルセットですがなんとなくこのほうがミュージサンぽくないですか。そうでもないですか。そうしてその2日後、知人の音楽家野田さんに依頼されたお仕事で久しぶりに下町スタジオへ。ノダさんが音楽を担当する舞台用の録音でしたが、余計な心配をかけてもいけないので腰にファルセットを巻いていることは黙っておきました。江戸っ子ノダさんはこのところずっとお芝居関係で大忙しだという売れっ子ノダさんでもあるのですが、録音の後には、チコさんさあうまいメンチ食いに行きましょうと言って、久しぶりに下町の大衆食堂へ連れて行ってくれました。数年前に初めて教わったそのお店は本当に地元の方々に愛されているようで、メンチ以外にも生姜焼きとかカキバターとか自家製お漬物とかマグロ中落ちとか何でもかんでもうまくてうまくて、でも狭い路地を抜けていくので僕一人じゃ絶対無理ないかにも地元密着型のお店。この日もご近所さんでいっぱいで皆さんとっても楽しそうに笑顔がはじけていました。奥のテーブルではノダさんを通じてお知り合いになったなつかしい顔ぶれがすでにこちらもすっかり盛り上がっています。ここまで来たからにはしっかり食べなきゃと、こっそりファルセットをゆるめ、次々繰り出されるおいしい料理に舌鼓のワタシ。お久しぶりの乾杯をしてなつかし話しに花を咲かせ楽しい時間を過ごすことができました。おかげで腰のイテテはどこへやら。ノダさん皆さんアザッス!そしてこうしてブログを書いているところへ、今度は光田さんからメールが。お誘いいただいてた来年のバースデーライブの詳細でしたが、ゲゲッ!!50曲やるの!?!うひゃ〜っ!!マジすか!?思えば今年は昼夜2回公演ってことで驚かされたのですが、来年は1回公演なのにほぼ同じ時間ってことで驚かされるとは…。ヒャ〜〜。大丈夫かオレ!?(と自分の心配するオトコ)。イヤ光田さんも体調管理に気をつけてくださいねホント。また(また?)本番近くにカゼとかひかないでくださいねホントに。お願いしますねくれぐれも(と結構マジで心配するオトコ)。でも楽しみにしてますから。またよろしくお願いしますね。


…とりあえずオレもまた走り込み要、か。



(そしてまたこのま新しいファルセットの活躍の場が…(イヤそれは勘弁))

[PR]
# by cicocico | 2016-12-30 18:14 | Comments(0)

二度あることは何度ある

 こないだ12月になったばかりと油断しているうちにあっという間に時は過ぎ、今年も残すところあと1週間。さすがは師走。とりあえずメリクリです。そして椎名さんのメリクリライブも華やかに終了いたしました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。ちなみにこの日は冬至。メロディーラインでライブを始めて3回目ですが気がついたらいずれも冬至じゃありませんか。これはたまたまなんでしょうか、それとも椎名さんが何かクリスマスライブは冬至でなければ!といったこだわりがあるのでしょうか。そしてまたこの日も謎の東京タワーの歌を披露した椎名さん。せっかくだから今年も歌いましょうか?とお客さまに語りかけ自ら率先して歌ったってことは、ホントはこの歌が大好きなんでしょうか。おかげでもちろん翌日も私の頭の中でしばらく♪タワ〜、タワ〜、東京タワ〜♪というフレーズが流れてしまったのは言うまでもありません。もはや恒例行事になってきたそれはいったい誰の何という歌なのか、今度こそ思い切って聞いてみようと思いましたが、聞いたらまた間違いなくヘビーロテーションすることになるのでやっぱりやめてしまったワタシは、クリスマスにふさわしいチキン野郎です。ふぉっふぉっふぉっ、メリ〜クリスマ〜〜ス!さて、そんな椎名さん。今年はより体調やコンディションに気を使うようになったそうで、時間を作ってきちんと健康診断も受けたんだそうです。で後日、結果を聞きに行くと幸い今のところ特に身体に異常はなかったそうですが、

「ただ…」

とお医者さまからひと言。

「アナタには…栄養が足りない…」

と言われたんだとか。どっひゃ〜〜〜っっ!!これには皆さん大爆笑。客席からは、このご時世にありえな〜〜い!なんて声も出るなどしばらくどよめきがおさまりませんでしたよ。アッハッハッハ。苦笑いの椎名さん。来年はいっぱい食べるようにします、と早くも抱負を語っておりました。ウフフ。そんな楽しくも和やかなステージが終わってからふと東京タワーを見ると、おおなんとハート型のイルミネーションじゃありませんか。ああ、やっぱり街はクリスマスなんだなあと思いながらも、やっぱり頭の中に流れてくるのは♪タワ〜、タワ〜、東京タワ〜♪というフレーズなのでありました。んっがっくっく。

[PR]
# by cicocico | 2016-12-25 11:48 | Comments(0)