★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
島根大学の客員教授である..
by 地球環境直球勝負 at 16:34
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

勝負カンを磨け

 めずらしく天気に恵まれた気がする今年のゴールデンブリーフ。高速道路の渋滞や、多くのヒトデじゃなかった人出で賑わっている各地のニュースが連日のように流れておりますが、ワタクシはまた例によってそんな渋滞や人混みに背を向けて、地味にさりげなくフラフラと散策(徘徊)しておりました。たいていの場合、特に目的地を決めたりせずにホントに気の向くままに歩いてるんですが、長年住んでいたところとは言っても、たとえば同じ町内であっても滅多に通らなかった場所や一度も歩いたことのなかった道というのはけっこうあって、それは結局そこに行く理由や目的がなかったからなんですけど、そういうところに行ってみるとこれがなかなかおもしろくて、観光地じゃないごくフツーの景色なんだけど自分にとっては実に新鮮に映るんですよね。めずらしいものとか知らなかった道を見つけることもあるし。で、そういうあてなき散策(徘徊)するには、今住んでいるここ横須賀というか三浦半島ってのは、適度に山があって川があって海があって畑があって町があって、まあなんというか箱庭的というかいろいろな風景的要素が詰まってておもしろいんですよ。下町の路地裏散策ともまた違った味わいがありますね。

と、まあそんな個人的な趣味嗜好のハナシはいいとして、こうしてあちこちフラついてて次第にわかってきたことがあります。それは、ワタクシは「カンが鋭くない」ということです。どういうことかというと、たとえば歩いていて道が分かれていた時、あるいは横道があらわれたりした時に、行けそうだなとか、こっちの方が近いかも…、と思って進むと、どうも行けなかったり元の道に戻ってしまったりというケースが多いようなのです。何となく以前からうすうす感じてはいたのですが、ここ何回かの散策(徘徊)でも、そういう場面が訪れるたびに「ヨシ!じゃあこっちだ!」と決断した結果、そうですね、トータルで1勝6敗といったところでしょうか。あらためて己の勝負弱さを実感した次第です。オノレ。いや地図はもちろん読めますよ。地図を持ってりゃそんなことにはならないんですけどね。地図を持たないで行くのがいいんです。古い道筋を辿るなんて時は別として、町の中ならよほどのことがなければ遭難しないでしょう。そうなんです。むしろ近所の人から変なおっさんがウロウロしてるとか、アヤシイ人がいるって通報されないように気をつけないと。だってオレ、職務質問されやすいタイプみたいだしなあ。ホホホ。ハイサイおじさんならぬ、ハイカイおじさん。いずれにしても、そうですワタシが変なオジサンです。アイ〜ン。

[PR]
# by cicocico | 2017-05-06 18:27 | Comments(0)

お帰リーダー

 おっと、気がつけば4月ももう終わりじゃないですか。月またぎになる前にキチンとお礼を言っておかねばの娘。先週のブレストークライブにお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。ここ何回かは素敵なゲストや時差ボケのおかげで、普段の違和感あるトークと素敵なハーモニカのマリアージュは影を潜め、実に落ち着いたステージ進行と素晴らしいハーモニカ演奏が光る、いわゆる本来の意味での「いいライブ」をお届けしてきた僕らの僕らのリーダー、チャーリーです。そしてそのことがまた逆に妙な違和感を生んでいる気がしなくもなくもなかったのですが、どうやらそれは堀越学園でした。というか取り越し苦労でした。この日は早々に自身のステージトークについて言及し、自分は事前に何を話すかは考えないと言い切りました。なぜならば考えたところでその通りにしゃべることができないから、と語るチャーリー。ムダなことはしないという合理的な姿勢が見えますね。また演奏する曲や曲順についても、実はかなり塾考するそうで、さんざん悩んだあげくようやく前日になって決定するんだとか。そのため私やヤングサトーくんは当日までメニューがわからないのですが、だからもうこの頃は当日に決めるんですと、これまた合理的な見解を述べました。

(なるほどね。ま、それはそれで合理的か…)

とコチラが納得しようとしたタイミングで、

「でも決めても変わることもあるけどね」

とすかさずくつがえすイノーラさん。うおぉぉぉ〜〜いっ!!もう最初から決めなくていいんじゃないの?と思わず突っ込んでしまった私。でもなんかやっぱり決めたいんですって。また、こんなこともありました。おなじみの小さなギターをギタースタンドに立てたところ、サイズの関係でしょうか、ちょうどギターにささっているジャックの部分がスタンドのアームのところに当たりそうだったので、そのことを私が伝えたところ、あっ、そう?と言いながらそのままギターを置き、これでもう平気だね、というのです。

「…は?…」

誰もが抱いたであろう疑問に対するイノーラさんの答えは「自転車」でした。風の強い日に、特にカバーなどかけたまま止めておくとすぐ倒れてしまう自転車。そうして倒れてしまった自転車を、皆さんならどうしますか?となにやら謎かけのように問うイノーラさん。

「…は?…」

誰もが抱いたであろうその問いかけの意味。果たしてその答えは「もうそのまま倒しておく」というものでした。最初から自転車を倒しておけば、それ以上もう倒れることはないという合理的思考。つまり最初からギターのジャックをアームに当てておけば、それ以上当たることはない。当たりそうだといちいち気にかけることもないというのです。さあどうでしょう、このワンダホーな例え。というか確かにそれ以上当たることはないでしょうが、楽器的にいいんでしょうか?しかしこれこそ僕らの僕らの頼れるリーダーだと言っても過言ではない華厳の滝なのです。あそれはともかく。

この日は小さいギターで『It's Only a Paper Moon』と、4月しかやらないんですがと言いつつ、ダニーさんを偲んでピアノとハーモニカで『俺も少年だった』を演奏。弾き語り吹き語りのシブ技を見せてくれました。また、お客さまからのリクエストにこたえての『Orange Blossom Special』もいつもながら圧巻のひと言です。もともとはフィドル(バイオリン)のこの曲を、よくハーモニカであそこまで再現できるなあといつも思います。ホント吹き倒すって感じ。スゴいっす。あ、そう、この日はですね、いつものように蒸気機関車が動き出す描写から始まって、徐々に徐々に速度を上げてって、さあ突っ走るぞー!と思ったら、アレレ?シューっとスピードが落ちてきてそのまま停車しちゃったんですよ。え?どうしたん?まさかやっぱりハードだから今日はここまでです、なんてオチじゃ?と思っていたら、

「えー、キーを間違えました」

とリーダー。イヤハハハハ!珍しいこともあるもんです。でもみんな同じカタチしてるからそういうこともあるよねえ。うーん、なんかこのあたりもさすがリーダーって感じでした。いやなんとなく。あとですね、アンコールでお届けした『Over the Rainbow』なんですけど、これエンディングの最後のリット(リタルダンド:だんだん遅くすること)に合わせてウインドチャイム入れてるんですね。で、この日も曲の最後が近づいてウインドチャイムを入れてったらば、なんと!曲が終わらなかったんです。

(えっ!?

と密かにアセる私。結局1回多くリピートしてから無事曲は終わったんですけど、釈然としない私はライブ後にサトーくんコッソリに聞いてみました。

「ねえねえ?エンディングの尺って、いつの間に変わったの?」

「あ、そっスよねえ。ボクもそう思ったんスよねえ

というサトーくん。あれぇ?じゃあいったいどうなってるんだ?と思っているところへイノーラさんから思わぬ声が。

「あ、あれね。前ピアノがいた時のサイズだね。エンディング倍にしてソロ入れてもらったんだよね」

「!

マジすか。もお〜、お願いしますよ言ってくださいよ〜。と苦笑いするしかない私ら。おかげでウインドチャイム往復しちゃったじゃないのよ。お客さまにはバレなかったからいいようなものの。って、バレてますがな。イヤハヤ。最後まで気の抜けない、というか抜いちゃいないんですけど、何かが起きてしまうこの現場。いつものいつもの頼れるリーダーに乾杯!

d0067750_15461286.jpg

ちなみにリーダーがネタにしていた、リハで私が見間違えていた譜面というのがコレ。似てますよね?ね??





[PR]
# by cicocico | 2017-04-30 16:19 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2017/07/13(木)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

================

◆シンシア

2017/07/28(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)
[PR]
# by cicocico | 2017-04-28 09:08 | Comments(0)

イレギュラーを一杯

d0067750_17491069.jpg
 めずらしくコンビニでコーヒーを買おうと思ったわけですよ。お店で淹れるやつを。普段はあまりコーヒーを飲まない私。たまに何かの拍子に気が向いた時も、買うのはいつもレギュラーサイズでした。で、レジのお姉さんにコーヒーひとつ、と注文したんです。

「かしこまりました。サイズはいかがなさいますか?」

その日はチョット寒かったからでしょうか、その時フトめずらしく、というか初めて量が多い方にしようかな、と思ってしまったんです。

エートね

その瞬間、言葉に詰まりましてね。アタマの中にはこのドリップマシンの『R・L』の絵は浮かんでるんですけど、レギュラーじゃない方の名前が出てこない。知らない単語じゃないのにフッとど忘れしちゃったみたい。必死に思い出そうとするんだけど『ラージ』という言葉が出てこないのよ。さらに、焦ってるからか『R・L』のどっちがレギュラーだったのかも一瞬わからなくなっちゃった。またそんな時に『R』と『L』って左右が逆じゃね?なんて余計なことが浮かんでしまい、ますます混乱する私。イヤ、この間ほんの数秒のハナシですよ。で、そのあげく口から出たのが、

エートね、大きいほう

「ラージをおひとつですね。ありがとうございます」

もう一瞬でグッタリしました。いやあ、たまに変わったことするとコレですよ。お金を払ってカップを受け取って、マシンの前で答え合わせ。わかってしまえばホント何てことないことなのに。それにしても『大きいほう』ってなあ。せめて『エル』くらい言えないもんかね、とうなだれたのでありました


それぞれのTSO。うーむ

[PR]
# by cicocico | 2017-04-03 23:13 | Comments(0)

終章・新たなるデブジャへ 〜TSOの記憶〜

 さて全ての楽器を車に積み込んで会場を出たのはやっぱり夜の10時を回っていましたが、ちょっと軽くご飯食べていこうよという光田さんのお誘いで向かった先は、今年も賀来千香子の、じゃなかった駅近くのびっくりド◯キーです。もちろんみんなびっくりしないよう慎重に入店しました。さらになんとなく見覚えのある席についた一同はそれぞれメニューを眺めます。するとめずらしく森タクさんが決めかねていたので、つい横から口をはさんでしまった私。

「じゃあまたビーフシチューにしたら?前来た時頼んでたじゃん」

「ふぁ〜!?そうだっけ!よく覚えてるねえ」

まさかこのバカブログに書いといたからとも言えず、イヤほら、ディナーで出たやつと食べくらべるって言ってさ、と答えると、

「あ〜!そんなことあったねえ〜」

と森さんも思い出したようでした。あとシンコちゃんは大盛りのポテトね、と言うと、そうそう!今頼もうと思ってたと笑顔が返ってきました。そしてそんなお節介な私の注文はというと、さんざん迷ったあげくに「マカロニ&チーズ」に「みそ汁」という妙ちきりんな組み合わせ。なんでこんな注文になったのか今となっては自分でもわかりませんが、なんとなくこれでさらにブリトリ仲間になれたかなという気がします。みなさん今日はお疲れさまでしたと光田さん。結局40分押しかぁまあなんとなく予期してたんだけどさ、へへへと苦笑い。大丈夫です!最初からまわりの誰もが口には出さずとも同じ気持ちだったに違いないのですから。フフフ。さらにもしも次に60曲ライブやる時は最初から2Daysでお願いします!なんて意見も出たりしてみんなで大笑いしたのでした。

こうして午後11時半、鎌ヶ谷の長い一日は終わりました。滞在時間だったり懐かしい曲だったり、あるいは開場前の風景やポテトにみそ汁など、数々のデブジャに彩られたこのライブにまつわる出来事は、またひとつの素晴らしい思い出として私の中に深く刻まれた筈です。そしていつかまた、この日が語られる瞬間(トキ)が訪れたならば、きっと私はこう言うのでしょう。

え?…そんなことあったっけ?…と。

ザ・トシソウオウ。それがTSOの記憶。疑惑の笛のデブジャ再び。いつか出会っていたような風景と遠ざかる記憶は、実は背中合わせなのかもしれません。


最後にあらためて。
光田さん、誕生日おめでとうございました!

ル・キャーンズ・フェブリエ・デブジャ!(何だそれ)

[PR]
# by cicocico | 2017-03-29 02:22 | Comments(0)

第3部 〜TSOの記憶〜

 軽食のお時間と言いつつ割と早めに出て来ちゃった私たち。ゴメンナサイね。お察しの通りすでにこの時点でだいぶ押していたんです。本当はもう少しゆっくりしていただく予定だったんですが。まだ召し上がってる方もいるしと光田さんも迷ってましたが、何しろこの3部が一番ボリュームがある上、今回曲は削れないということでどうにもやむをえず始めさせていただきました。もちろん食事しながら見てくれてても全然かまわなかったんですが、やはり客席も暗くなったりするしなかなかね。そこは申し訳なかったです。

◇珍曲迷曲ハテナ楽曲コーナー
・誤解されやすい奴
・迷う夢
・Early Bird
・詳しくは言えない

そんな3部の幕開けは一風変わった曲をお届け。光田さんも言ってた通り『誤解されやすい奴』をまさか演奏する日が来るとは思いませんでした。何しろこの曲のモデルは、かつて事務所でスタッフやローディーとして活躍してくれていたMくんなのですから。当時彼をいろいろ面倒見ていた光田さんが、いつも言葉だとお説教になっちゃうんで歌にするからと作ったこの曲。説教を「歌にする」という発想もすごいけど本当に歌にしちゃったというのもすごいス。もう20年くらい前の作品で僕もその彼のことはよく知ってましたが、でももうずいぶん前に事務所を離れてちゃってましたから。そういう意味ではいろんな場面が思い出される1曲ではありました。

◇新曲名曲?楽しめ楽曲コーナー
・anuenue〜虹とあなたと
・新曲 The Road(仮)

昨年書かれたばかりのハワイアン調の『anuenue〜』は僕は今回が初めての演奏でした。サビにガッツリハモりがあって、いつもなら時間的に間に合わなかったかもしれないんだけど、実は昨秋のファンクラブの遠足でやる曲の候補に入ってて、その時にかなり集中して練習したんです。結局演奏では遠足しませんでしたけど、違った、遠足では演奏しませんでしたけど、そのおかげで今回は割とすんなりできたんです。何事もしっかり経験しておくもんですなあ。

◇知る人ぞ知る一部で大ヒット 光田健一代表曲コーナー
・Beginnings!
・君に夢を伝えたい
・東京という街で
・世間She Loves You
・二人は最高〜Just My Love!
・宝物

ライブというのは生き物ナマモノと言われる通り、時に思わぬ出来事が起きたりするものです。おなじみの人気の曲が続いていよいよ本日もクライマックスに向けて、というところでそれは起きました。『世間She Loves You』のイントロが始まり、さあまたみんなでコーラス大会だあ!というところで皆さんを指揮するはずの光田さんがそのままフッと袖に消えたんです。

(!?へ……)

見ているお客さんもなんだ?どうした?と思われたでしょうが、ステージに残された我々3人も同じくなんだ?どうした?状態でしたよ。といってももう演奏を始めちゃいましたからね。どうしたもんかと上手を見ると、それでも森さんもシンコちゃんもフツーに淡々と演奏してましてさすがだなあと思ったんですが、客席の上にたくさんの「?」マークが浮かんでるのが見えましたし、このまま黙ってるのも放送事故みたいになっちゃうかなあとも思ったので、思わずしゃべっちゃったんです。マイクも僕のとこしかなかったし。皆さんも「?」でしょうけど僕らも同じように「?」ですって。で、あとで振り返って我ながらやるなあと思ったのは、この時ひと言ふた言とりとめのない話しをしながらも、つなぎのネタを考えてたってことです。オホホ、冷静でしょ?実際、何があってどのくらいで光田さんが戻ってくるのか全くわかりませんでしたし、おそらくそれほど長くはならないだろうけど、もしかすると2〜3分くらいはつなぐことになるかもって瞬間的に思ったんです。で、まずコーラスを手がかりにして次の曲へ持ってく小ネタが浮かんだんですよ。幸いすぐに光田さんが戻ってきたので披露せずに済んだんですが。それで光田さんが消えた理由はというと「バッテリー切れ」だったんです。光田さんはiPadを使って歌詞を表示させているんですが、あとで聞いたところによると、このコーナーが始まって少ししたら、不意に「バッテリー残10%」という電池の警告メッセージが画面にパッと表示されたんですって。このあとまだ十数曲演奏しなくちゃならないのにどうする!?ってことになって、必死に考えをめぐらせた結果、袖にいるスタッフを呼んであれこれ指示するよりも、唯一自分が抜けられるのがこの世間〜』のアタマだったので、そこで自ら楽屋の電源アダプターを取ってくるのが最も早く、またステージへの影響も少ないだろうと判断したんだとか。いやあ演奏しながらいろいろ考えてるんですねえ。しゃべりながらネタ考えてるのとはラベルが違いますねえ。そして長いライブではこんなこともあるんですねえ。それにしてももはやいっぱいいっぱい〜だったのは我々メンバーでもお客さまでもなく、まさかのiPadくんでありましたとさ。ありゃん。

・リベルタンゴ(A.ピアソラ)
・チャールダッシュ(モンティ)
・君とふたり
・空が好きだった君に

さて、TSOライブもいよいよゴールが近づいてきました。ここでまたブリトリらしく『リベルタンゴ』と、そして森タクさんのアタマじゃなくて超絶バイオリンが光る『チャールダッシュ』。これだけの曲をホント涼しい顔して弾いちゃうところがなにげにカッチョいいよなあ。しかもそんな名演奏の素がポテチだったとは(違)。機会があったらぜひ聴いていただきたいです。そして続く2曲もピアノとストリングスの奏でる旋律とやわらかな響きが美しくて歌とともに自然にスーッと、沁みます。

・こんにちはさようなら
・ありがとうのこと

ついにきました疑惑の笛が!もとい『こんにちはさようなら』が。いや、じっちゃんの名にかけて謎はすべて解けた笛を使ったこの曲。私にまかされたのは間奏でした。わずか8小節とはいえ大事なパートです。そのため先手を打って自主トレに励んだ私ですが、やはり慣れない楽器の演奏は緊張するもの。当日も隙あらば楽屋でギリギリまでピーヒャラピーヒャラ練習するつもりでした。が、開場間際になってハタと気づいたのは、もし途中で私がたて笛を持ってステージに上がったら、その時点でああこの曲をやるんだということがバレちゃうってこと。ガーン!いやお客さまの目は鋭いものです。スタッフにお願いして譜面とともに置いてもらうことも考えましたが、不自然な動きでかえって目立ってもいけないし、何よりたて笛は長くてファイルでは隠しきれなかったのです。

(あちゃ〜〜…)

ブルースリーではありません。このことに気づいて愕然とした私の心の叫びです。やむなく開場前に笛はステージ上に置かれました。あとに残ったのは最も心配な曲を5時間後に、ぶっつけ本番で演奏しなければならないという恐怖!その瞬間がついに訪れたのです。クールに進んでいたライブの終盤に、この日一番の手に汗握る瞬間!なんかね、あとで聞いたんですけどそんなたて笛が奥のスクリーンにアップで映ってたそうですね。そういえばこの日はマルチアングルカメラで撮ってたんだよね。すっかり忘れてましたよ。ひゃー。緊張でプルプルしてるのが映ってたりしたらハズカスイなあ…って今更だけど。そしてそんな個人的なピークを超えたら、ついに本日の50曲目に到達です。『ありがとうのこと』は、光田さんから皆さんへの深い深い愛情が溢れていました。

本編最後の『誓い』もまたスケール感のある1曲です。気持ちを込めながら、同時に今年もこのステージに立てたことや、長かったライブももうすぐ終わりなんだなという感慨を抱きつつ演奏しました。おつきあいいただいた皆さまにはしみじみと、心から感謝です。ありがとうございました。

◇Encore
・青空と人生と(オフコース)
・ありがとね

大好きな小田さんの曲を弾き語りでお届けした光田さんに呼ばれ、再びメンバーがステージへ。これで本当に本日最後の曲は楽器は持たないで、光田さんのピアノにのせて3人でコーラスを歌いました。途中でお約束の眠くなる小芝居をはさみつつも、皆さまへ想いを込めてしっかりと、ありがとね。

大きな大きな拍手に見送られた私たち。楽屋でふと見た時計は20時15分でした。

(……まぁ…、だよね…)

こうして全53曲、6時間を超えたバースデーライブは『Happy50曲↑5時間ライブ!』というタイトルをも超えてトシソウオウに(トシソウオウに?)幕を閉じたのでありました。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-28 08:35 | Comments(0)

第2部 〜TSOの記憶〜

♪ピアノびとの世界〈Instrumental楽曲特集〉
・ムーサの果実
・HOME〜大切なもの

◇ザ・ブリリアントリオの世界〈名盤ブリトリ特集〉
・OCEANUS〜オケアノス・海の守り神
・出逢い
・A Dancer Unknown〜見知らぬ国で

◇元祖 ♪ピアノうた
・決心
・子供と大人
・H*E
・The September Song
・My Valentine(Paul McCartney)
・Piano Man(Billy Joel)
・Stars(Stardust Revue)


…と曲目を書き連ねてみましたが、ええ、そうなんです、ご覧の通り2部はインスツルツルメンタルや弾き語りを中心にお届けするので、ワタクシはほとんど出番がない出番夫人ですの。そこでようやくひと息ついて、ここで遅い昼食というか朝食というかをとっておくことにしました。本番前もバタバタでお茶くらいしか飲めなかったからなあ。とケータリングの残りをつまみに行く私。しかし残り物には服ガールじゃなかった福があるという通り、ブリリアントリオの豪華BGMをひとりじめにしてのブランチ、いやティータイム、つーか時間的には早めの夕食?ま、いいや、とにかく優雅なひと時を過ごしました。ここのパンはホントに美味しくてシアワセ。やがて出番を終えた出番夫人じゃなかったシンコちゃんと森タクさん、そして光田さんも衣装替えのためいったん戻ってきました。

「ハイ、おつかれさまぁ〜〜」

とお出迎えする私。そしてこのあとの弾き語りコーナーのため、今度は客席後方にセットしたエレピに向かう光田さんが途中で不意に立ち止まり、そうだチコちゃんあとでこれ持って出てきてくれる?と言ったのはなんと抱き枕。しかも光田さんのお姿がプリントされたオリジナルの一品じゃあないですか。あら素敵!お店からのプレゼントだそうで、ぜひ皆さまにもお披露目したいとのこと。へえ〜了解!持ってくよと答える私にさらにリクエストが。

「で、なんかキャラやってくれる?」

「?…へっ!?キャラって??…キャ〜健ちゅわ〜〜ん♡!……みたいな?」

「アハハ、それいいねオンナキャラ!じゃ、それで」

即決。そして去っていく光田さん。なんだこのキャラって。条件反射的にやってしまった私も私だが、冷静に考えたらこれはトシソウオウなんでしょうか?というかそもそも今回のライブはずっと冷静だったんじゃないのかオレは。

(冷静、冷静、トマトの冷製…)

そんな言葉が頭の中でグルグル回りだしたので、あらためて気持ちをしずめようとコーヒーをいれているところに、シンコちゃんがやってきました。そしてニコニコしながらパンなどつまみつつ急に、

「ねえチコちゃん…、自分が50才っていう自覚、ある?」

と言ったのです。思わぬ問いかけにややうろたえる私。

「?えっ……と、イヤ…ない……」

「…だよね……」

(…『だよね』って…。…でもまあ…そうだけど

そしてニコニコしながらしばしの沈黙。なんだこの妙な間は。まあでも実際自分の中では最初の頃から(←最初っていつだよ)ずっと変わってない気でいるんだよねー、と私。あ〜なんかわかる、とうなづくシンコちゃん。そこでふと思い出した私は、毎年夏に手伝っている発表会での出来事を話しました。ある生徒さんから今度結婚することになったと言われ、えっ!?そんな若いのに!?と驚いたら、その生徒さんにもうすぐ30だと言われて、さらにビックリしちゃったんだよね。自分だけならともかく、まわりもずっと最初のままでいると思っちゃうのかな…アホでしょ?と私。ウフフ…でもわかる気はするなぁとシンコちゃん。まあこうして太鼓なんて叩いてきたわけだし、やっぱり多少はフツーの世の方々とは差があるかもしれない…という自覚ならあるんだけどさ…。なんて話しをしているうちに、弾き語りコーナーが終わって再びブリトリのお二方がひと足先にステージへ。うーん…いったい何でそんな話になったんだろか。ま、いっか。

さて、アレ?チコちゃんは?という光田さんに呼び込まれ、とりあえず気をとり直した私は抱き枕をギュッと抱えてキャピキャピと入場しました。お約束の小芝居で客席にプリントされた光田さんの姿をお見せすると、キャ〜ともヒャ〜ともつかない悲鳴のような失笑(なんだそりゃ)が巻き起こりました。ふう、これでヨシ、と無事任務を遂行して本来のポジションにつく私。そしてまた光田さんが次のテーマを紹介。今度は歌詞の中に「星」が出てくる曲のコーナーです。

「題して!『星』の名曲コ〜ナ〜〜!パチパチパチ…ってだから効果音入れてってばチコちゃん、頼むからさ」

アワワワ…とあわててチャリーンとやる私にお客さままた大笑い。ううまたもや…九段下。というか油断した。ことごとく気が利かないダメな私。ススススイマセン。ララララブソング。

◇『星』の名曲コーナー
・心の瞳が輝くとき
・スクリーンの夢
・Cry'n Smile

お客さまを3つのチームに分けてコーラスで参加していただくCry'n Smile』は、かなりロックな曲なんですが、これをピアノ三重奏でやっちゃうところが、光田さんのスゴいところというかブリトリの底力というか。特に最初のコーラス練習するところは本来バンド編成だったらドラムとベースが担当するところを、チェロとバイオリンでやってるんですもんね。私もコーラス練習に参加するのでパーカッションすらなく完全に弦の2人だけ。でも充分リズムが出せちゃう。あ〜、これだったら妖艶な女性外国人シンガーの出番があっても大丈夫かも。出番夫人。ケ〜ニチィ〜〜♡って本番中に何考えてんだか。うーむ、冷静なのも考えものですな。それはともかく、血液型でA型チーム、O型チーム、B型とAB型とそれ以外の人チームの3つに分かれたお客さまの歌声がよく響いてとても一体感がありましたね。

そしてこれもおなじみの『☆STAR☆〜スター〜』を元気にしなやかにお届けして2部が終了。お客さまは軽食のお時間です。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-25 07:47 | Comments(0)

第1部 〜TSOの記憶〜

 ハイ、大バカ者の妄想はさておいて、今年のバースデーライブは全体が3つのブロックに分けられていました。やはり光田さんにちなんで3つだ!ではなくて、何しろ50曲ですからね。長丁場ですものそりゃ途中で休憩も必要ですからね。ってことで3部構成になったんですが、思えば昨年は2部でしたからもうこの時点で昨年を上回る予感ビシバシですよね。で、各部の中でさらに数曲ずつが1つのコーナーにまとめられていました。コーナーにはそれぞれテーマが設けられており、光田さんがそれらを紹介して演奏へという流れです。大台突入記念のロングライブにようこそと客席にご挨拶をして、さっそくテーマ紹介へ。まず最初は歌詞の中に「光」という言葉が使われている曲をお届けしますと話す光田さん。

「題して!『光』る名曲コ〜ナ〜〜!パチパチパチ…ってだから効果音入れてよチコちゃん、チャリーンとかさ」

アワワワ…とあわててチャリーンとやる私にお客さま大笑い。ううシマッタ…九段下。というか油断した。冷静なのに気が利かないダメな私。スススマン。ララランド。

◇「光」る名曲コーナー
・南風〜Hae〜
・光をさがして
・ずっとHappy Birthday‼︎
・想い出を超えて

どの曲も素敵なんですけれど、ブリトリらしさというところではやっぱり『光をさがして』でしょうか。ピアノ三重奏の繊細なアンサンブル。場面転換と歌の伸び縮みに気をつけて、呼吸を合わせての演奏。自分のイメージとしてはフルオーケストラなんですけどね。小さい編成ですけど大きい世界観を意識してというか。あ、今ふと思ったんですけど、これってもしかして盆栽に通じるものがありますか。知りませんか。いやもちろんやったことはないんですがなんとなく。えー、続いては春夏秋冬それぞれの季節に重なる曲のコーナーです。

◇季節の名曲コーナー
・花火
・秋の日に
・この冬が終われば

ボサノバちっくな『この冬が終われば』ですが、寂しい(寒い)冬の感じを出したくてあえて低音の出る打楽器は避け、ピアノのリズムににゆだねてほぼタムボリンで通しました。また、ほんのちょっとした音の出し入れには光田さんからいくつかリクエストをもらい、そのちょっとしたことが全体の仕上がりにも関わってくるので気をつけて演奏しました。ところで夏から始まったこのコーナーですが、実は「春」を舞台にした曲、あるいは歌詞に出てくる曲というのがなかったんだそうです。意外ですねえ。で、春はなかったけど青い春「青春」はいっぱいあったということで次は、

◇青春ソングコーナー
・美しい想い出に
・青春と絵の具
・帰郷

ずいぶん久しぶりに演奏した『青春と絵の具』は、イヤホントに久しぶりだったんですが、この曲もまた場面の切り替えが多くてね。全体的にはビッグバンドな感じ、ダンスホールの演奏みたいなイメージで、それぞれの場面での楽器の持ちかえが見せどころというかパーカッション冥利に尽きるというか、演奏してて楽しい1曲でした。

◇復刻!オンナうた特集
・真っ白な八月
・いつか二人で…
・優しい雨の中で
・プロポーズのとき(岩崎宏美)

女性目線で歌われた曲は他にもいくつか候補があって、光田さんも悩んでたみたいです。で『真っ白な八月』は遠い夏の記憶と気だるい昼下がりの景色を、『いつか二人で…』は少し暗めの曲調と物憂い雰囲気を意識して、タンタン(ブラジルの打楽器)を入れてみました。先の『この冬〜』と変化がつけられたんじゃないかなと思っています。

1部の最後は、かつてのオンナうたライブでも好評だったという『パパ(プリンセス・プリンセス)』を。ガールズバンドとして一世を風靡したプリプリですから、この曲は私も存じておりましたよ。しかもカセットテープ(!)で聴いておりました。ワ〜オ!TSOでしょう!?そんな懐かしの曲を演奏できるなんて楽しいじゃないですか。でまた光田さんが上手に歌うんだ。ってあ、これは『カミテ』じゃないですよ『ジョウズ』ですよ。右側に歌ってんじゃないですからね。こういう曲も合うんだなあと最初のリハの時から密かに思ってたんですホントに。オリジナルもいいけどオンナうたもね。プリプリもいいけどブリトリもね。おせちもいいけどカレーもね。

とTSOを全開にしたところで休憩入りま〜す。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-22 23:50 | Comments(0)

いざステージへ 〜TSOの記憶〜

 鮮やかなブルーのシャツに着替えた光田さんがステージ袖へやってきました。長丁場ですがガンバっていきましょう、と円陣を組むメンバーたちと再び手を重ねます。

「それじゃ行きましょう。本日もよろしくお願いします!」

「はぁあ〜〜い」

と何ともしまりのないかけ声でステージへ向かうワシら。お客様があたたかい拍手で迎えてくれます。本当にありがたいことです。ああ、またこのステージに立ててよかったなという気持ちがジワ〜っと湧いてきました。

(よおしオレも今のこの想いを音にのせて全力でお届けするぜ!でも力みすぎないようにな!)

この期に及んでも自分でも不思議なくらい緊張しなかった私は、落ち着いたワクワク感というか冷静な高揚感みたいなものを感じていました。そして光田さんが登場し、ひときわ大きな拍手から静寂へ。にっこり微笑んだ光田さんのピアノが優しい音色を奏で、いよいよ開演。幕開けの『カゼカヲル』はいいですね。昨年の大編成のバンドでの華やかな演奏ももちろんですが、このブリリアントリオの響きも好きなんです。特にBメロの弦が入って広がっていくところ、サビに向かって花開いていく感じが、シンプルな編成だけにいっそうきわだっていて泣けてきます。大事なオープニングの曲だし、これは何とかサビだけでもハモらなきゃとメニューを見た瞬間に思いましてね。で、昨年1月のリハーサル音源を聴いて音を拾っていったんですが、そうするとたちまち当時のことが蘇ってきました。賑やかでクルシタノシかった日々。それでも笑顔があふれ充実していた時間。クミちゃんカトちゃんケンちゃんの素晴らしきコーラス隊と一緒だったのがまるで昨日のことのよう。この曲はそんな懐かしく鮮やかな記憶とともに私の心に焼きついています。3人の歌声とともに。しかし無情にも時は流れ、季節はまためぐってきたというのに、今は…独り

(みんなどうかオレに力を貸してくれよな

そっと心でつぶやいた私はこみ上げてくる熱いものをグッとこらえながら、彼らの分まで想いを込めて歌い始めたのでした(言っときますけど皆さん元気に活躍されてますから!)。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-21 23:21 | Comments(0)

再訪〈あの日の風景に〉 〜TSOの記憶〜

 2月11日。前日は都内にも雪が舞っていましたがこの日は快晴。今年もやってまいりました新鎌ヶ谷はMT Milly'sへ。昨年よりも1時間ほど開場時間が遅いとはいえ、相変わらず機材が多くセッティングに時間がかかる私は今回も早めに会場入りしました。

(あれから1年か早いのう

そんな感慨にひたる間もなく、私は光田さんにもカッコイイね!とほめられた自前の台車をこの日もフル稼働させすみやかに搬入。お店のスタッフさんや調律中の木佐美さんにおはようございますとご挨拶を済ませ素早くセッティング開始。今年は前回とは逆に舞台の上手(お客様から見て右側)にバイオリンとチェロ、中央のピアノをはさんでパーカッションは下手です。あ、出た!パーカッションは下手ってこれ『シモテ』ですからね『ヘタ』じゃないですからね。という定番ネタを思い出す私。かつて大きなツアーだと楽器は預けっぱなしで各地をまわったりしたんですが、各会場でスタッフがすみやかにセッティングできるよう、各楽器のケースに『上手ドラム』とか『下手ー2』なんて書いたテープを貼って運んでいて、私なんぞも『パーカッション下手』なんて貼られたケースでまた別の現場に行ったりすると、そうかパーカッションはヘタなのか、というお約束のギャグをよく言われたものです。時にはパーカッションが長いからか『パーカス下手』なんて略されちゃって、そうするとパーでカスでヘタクソというもはや救いようないヤツみたいになっちゃったこともありましたよ。ホホホ。さて黙々とセッティングしているうちにやがて次々とメンバーが、そして程なく光田さんもやってきてすぐにステージに上がり、ピアノや演出で使う各種機材の確認を始めます。それからマイクを使ってメンバースタッフ一同に本日のメニューと流れ、音や映像による演出の説明が終わると素早くサウンドチェックに入りますが、この時点ですでに押せ押せムード。野球の試合なら大いに盛り上がるところですが今日はライブ。あわてずでもすみやかにリハーサル終了するや、すぐさま舞台監督から客電を開場モードに!の指示。間もなくでーす!ステージの照明を落としてくださーい!調律はそのまま続けてOKでーす!と次々に声がかかります。素早くピアノに取りつく木佐美さん。アレと、いつか見たような風景に思わず、どう?今年もオープニングアクトで…と言いかけて、

(ダメダメ!これじゃホントにデブジャだよ)

とあやうく踏みとどまった私。時間がないんだから邪魔しないように、後ろ姿によろしくお願いしますと心の中でつぶやいてイソイソと楽屋へ。そしておよそ10分押しで開場されたようでした。さあそこからはバタバタと本番に向けて着替えたり譜面を用意したりの作業が続きます。いやバタバタしてるのは僕だけだったかな。最初あわててる風だったシンコちゃんもふと気がついたら紅茶とケータリングのパンを優雅につまんでるし、森タクさんに至っては本番前にそんなにガッツリいっていいのと思うようなカツサンド食べてるし。なんだかやっぱり演奏以外でもスゴいお二方と最後までバタついている私なのでした。んっがっくっく。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-19 14:17 | Comments(1)

疑惑の笛 〜TSOの記憶〜

 冷静にメニューを見極めリコーダーを任されると確信した私は、まだ何も指示はされてもいないうちに先手を打って行動に出ようとしたのだが…

(ヤバい!練習しようにも楽器がなくちゃ…)

そう、こればっかりは肝心のリコーダーがなければ話にならないのだ。リハーサルに行けばおそらく光田さんは用意してくれているだろうが、できればその前に少しでも慣れておきたい。イヤ、思い出しておかねばならない。そもそも自分がどのくらい吹けるのかが試してみなければわからないし、何しろ今はわずかな時間も惜しいのだ。しかし焦ったところでどうしようもないこともわかっていた。

(ああ…なんでもっと早く気がつかなかったかなあ…)

いくら直前までメニューが出なかったと言っても50曲も演奏するステージだし、実際の卒業式で歌われたりもしてる光田さんの代表曲のひとつでもあるし、ご自身のライブでもよく演奏されているみたいだし、よくよく考えたらメニューに入る可能性は高かったんじゃないか。もっと早くそこに思い至っていればトイレ犬のようにウロついてるヒマに買ってくることもできたのに、とため息をつく私。ハァ〜。まあ今さら悔やんでも始まらないと、すぐに頭を切り替えてまずは譜面をそろえるため過去の資料やファイルをゴソゴソ引っ張り出していたところ、

「…アレ?…あった……!」

思わず声を出してしまった私。そう、リコーダーがあったのです。なぜか我が家に。ほとんど新品同様のそのソプラノリコーダーを、私は買った記憶がありません。一生懸命TSOメモリーを呼び出してみたのですが、買った記憶どころかステージで演奏した記憶にしても、やはりかつてのツアーでの『こんにちはさようなら』以外に思い浮かばなかったのです。

(借りパク……)

そんな言葉が脳裏に浮かびました。自分で買ったのではないのなら当然そういうことになります。いやぁでも確かツアーが終わった時に返したと思うんだけどなぁ…、それに昨年カトちゃんケンちゃんが吹いてたってことはちゃんと返してたってことだよなぁ…、それともまた新たに買いそろえたのかなぁ…。いろいろ考えましたが結論が出るわけでもないので、とりあえず私はそのリコーダーを使っておさらいしておくことにしました。そして迎えたリハーサル初日。みんなに配られた最新のメニューを見ると『こんにちはさようなら』のところには思った通り〈笛〉の文字。我ながらナイスな読み。ヤレヤレ…とカバンからリコーダーを取り出すと、

「あれ?チコちゃん、マイリコーダー持ってるんだ?さすがだね」

「イヤ健ちゃん、コレなぜか家にあったんだよね。もしかして借りパクかも」

「アッハッハ、そうなんだ。ま、いいや。とりあえず今回はそれでよろしく」

と笑う光田さん。こうして別段おとがめを受けることもなく、長くて短いリハーサルが始まったのでした。そして駆け足で過ぎていくような毎日の中で謎を解決する暇もなく、気がつけばあっという間に最終日。やっぱりいきものがかりとなったこの日のリハもなんとか終わり、ひとまずみんなでお疲れさまのご挨拶。ふう。フセンだらけの譜面を収めた2冊のファイルとともに、次はいよいよ鎌ヶ谷です。

d0067750_12592229.jpg

新しいファイルと疑惑の笛

【後日談:謎は解けたけれど
自分で買った記憶がなくて…と言っておきながらライブ後に返却することを忘れてしまい、またまた笛を持って帰ってしまった大バカ者の私だが、その後こうしてバカブログを書いているうちにふと思いあたることがあった。そこで過去をさかのぼって調べてみたところ、やはりこの笛は8年余り前のライブで使用するために、しっかり私自身で購入したものだったのだ。それはある意味、あこがれのゲストとの共演ということで調子にのった結果だったようだが、そんな素敵な思い出になったはずのライブのことを、ここに至るまでまるで思い出せなかったというのはいったいどういうことなのか。借りパク疑惑こそ晴れたものの、こんなところでも抜かりなくTSOと言わざるを得ない。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-16 11:44 | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2017/05/19(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)
[PR]
# by cicocico | 2017-03-14 00:03 | Comments(0)

頑張ってもらわないと

「皆さんこんばんはー!飲んでますかー?今日は卒業にちなんだ曲を色々持ってきたのでヨロシク。それじゃあ今夜もみんなで盛り上がっていきましょう!」

「イエ〜〜イ!!」

10日金曜日の関内パラダイスカフェ。この日も満員のお客さまは皆さんノリのいい方ばかりで、店内はすでに楽しげな雰囲気に満ちていました。ステージに登場するや賑やかなかけ声でさらにお客さまを煽るシンシアさんに、さらに盛り上がるお客さま。そうしておいて1曲目『Melody Fair』続いて『卒業写真』という流れ。のっけから威勢よくいくと見せかけて、しっとりとした曲を続けざまに演奏するという逆転技を早くも繰り出す姐さんは、いつもながらさすがです。そして今回も1部はおとなし目にいくと見せかけて、そこから先は『Boogie Oogie Oogie』や『 Venus』など怒涛のダンスナンバー攻撃へ。いや別にダンサボーにいくのはかまわないんです。かまわないんですけどまさか一気に残りの曲を全部つなげちゃうとは!そもそもこの日のリハでシンシア姐さんは、あ〜どうしよネタがないなんかネタないかなぁ、とブツブツ悩んでいたんですが、最終的にネタはあきらめることにした姐さんは、その分いろいろイジるからヨロシクね、と吉澤さんはじめ我々メンバーに言っていたのです。そんないつもより余計にイジる宣言からまさかの怒涛のメドレー攻撃。ステージ自体は早くも2部かアンコールのような大盛り上がりだったのでそれはそれでいいんですけど、結局姐さんのトークがほとんどなかったこともあり、1部はおよそ40分で終わったのでした。早っ!いやあ相変わらず姐さんのライブは予断を許さないのであります。

休憩をはさんで2部のアタマは『卒業』から。実はメニューだけは事前に連絡があったのですが、この曲については誰の『卒業』なのかが書かれておらず、リハの時に堺さんに聞いてみました。

「あの、コレってもしかして、斉藤由貴

「だとよかったんだけど、残念!尾崎です。菊池桃子もあったけどね、ふふふ」

「そうそうそうですよチコさんあと倉田まり子もありましたけどねウンウン『グラジュエイション』っていうんですよハハハハ」

うわ懐かしい。てかみんな詳しいなあ。この日はいつもより女性のお客さまが多かったので、尾崎はどうかなあとやや遠慮がちだった姐さんですが、意外と皆さんご存知のようでしっかり耳を傾けてくださいました。そういえばこの日は実際に卒業式も多かったみたいで、車でパラカフェに行く途中で花束を持った制服姿の子たちをあちこちで目にしましたよ。春の風景だなあ。そして卒業にちなんだ曲を色々持ってきたと言ってたわりには卒業にちなんだ曲はこれで終わり、後半は再びダンサボーコーナーになだれ込んでいったのです。定番の『Night Fever』や『Staying Alive』にならんで今回『Hot Stuff』を初演奏したのですが、リハの時にシンシアさんが不意にキリッとワタクシを見て、

「この曲はチコさんに頑張ってもらわないと!」

と言うのです。一瞬ヒルむ私。コーラのCMなどでもおなじみのこの曲ですが、このバンドにはベースがいないのでその分まで頑張ってくれないと!この曲はチコさん次第だから!と言うのです。あのズンベケズンベケというノリですよねえ。ハア、まあできるだけガンバッてみます。

(けど、最近そういうガンバる曲、だんだん増えてきてるような気が…)

と思いつつもパワー多め手数多めでガンバる私。でもその甲斐あってか最終的に、イイ!オッケー!それカッコイイそれでいこ!と姐さんからおほめの言葉をいただきました。アザッす。そんなこんながあって2回にわたるダンサボー攻撃も無事乗り越えた私たち。アンコールはこれもおなじみ『二日酔い』です。もうこの頃にはお酒も入ってお客さんも姐さんも盛り上がってますから、かなりイケイケな感じでの演奏になりました。と、間奏中にまた不意に姐さんが振り返るや、

「今日、ずっと活躍しなかった地味なチコさん!カモン!!」

(!!ってエッ!?なんスかその紹介は!!?

突然のムチャ振り。つーかオレ、ガンバってたと思いますけどHot Stuff』とかで。いや多分姐さんとしては、ギターやキーボードみたいに目立ったソロなどもなかったからというお気遣いなんですよ。ただまさかこういう歌謡曲でソロを振られるとは思いませんでしたからね。ちょっとビックリしつつも何とかやり抜きましたけども。ええ、ちょっと汗。こうしていかなる時も最後まで油断できないと、あらためて心に刻んだ姐さんのライブでありました。ふう。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-13 23:54 | Comments(0)

冷静さのウラ側で 〜TSOの記憶〜

 それにしてもライブの決まった当初こそ興奮島倉千代子だった私ですが、実は不思議なことに、時間の経過とともに次第に冷静になっていく自分に気がつきました。いつもなら本番が近づくにつれテンションが上がっていくはずなのに逆にクールになっていくというのは、初めての感覚でした。もちろんモチベーションが下がったということもありませんし急に飽きちゃったわけでもありません。早く当日にならないかなあとずっと待ち遠しかったですし、早くメニューが来ないかなあと首と鼻の下を長くして待っていたんですから。それはまたリハーサルが始まってからも同様で、曲もやることもいっぱいあるのにいつものクルシタノシイとも違う感覚でした。いったいなぜなのか…?どうしてそんな状態になっているのか自分でもまるでわかりませんでした。なんでだろう…?昆布が海の中でダシがでないの。曲数の多さに圧倒されて無意識に開き直っちゃったのか、燃え尽き症候群(やってもいないうちから)になってしまったのか、ただ単に年を取ったからなのか、もしかしたらこれも大吉効果なのか、理由は貞子ではありませんでしたが、そんなことばかりいつまでも考えていても仕方ないので、まあこれはこれである意味何かひとつの境地に達したと思えばいいか、と都合よく受けとめることにしました。そしてコレはいわゆるひとつの自然体で大舞台を楽しめるってことじゃないかい、などと勝手に一流アスリートにでもなったつもりでいることにしました。

そしてそんな盛り上がりつつも冷静だったという部分で功を奏したのは、最初に送られてきたメニューを見たときのこと。

うーむ

びっしり書かれた曲目に目を見張りながらも、いつもならすっかり舞い上がってアゲアゲくんになり不意に東の空を見上げては、よおしやってやるからなあ!チックショー太陽がまぶしいゼ!!などと無意味に心の中で叫んでしまっただろう私が、今回はちょっと違いました。曲順表をひと目見て、あぁこれは終演予定時間には到底終演しないなと思った(この時はまだ尺を縮めるとは考えなかったのだが)のは、まあいつものことだとして、同時にこの時点で、今回は比較的余裕を持たせているなと感じていたリハーサルのスケジュールが決してそうではなく、むしろあまり細かいところにかける時間はなくなるのではないか、と読んだのです(実際それは現実となるのですが)。つまり、全体リハで合わせられないなんてことのないよう、個人的にやるべきことはやっておくのは当たり前なんですが、おそらく余裕がなくなるであろう今回、もしリハが始まってから新たなことややるべき課題が与えられたとしても、それに対応するにはこれまで以上の困難が伴うであろうと推測したのです。光田さんからの思わぬリクエストに困惑する自分の姿は容易に想像できましたから、そうならないようできるだけ事前に危険なポイントを見抜き、先手を打って準備しておくべきだろうと考えた冷静沈着、クールジャパンの私。あえてヒロミゴー風に言うなら、

♪クールジャッピャアァ〜〜ンッッ!!
(だからわかりづらいしあえて言う意味も不明)

の私。そこであらためてつぶさにメニューを見ていくと、ふとある曲名に目がとまりました。

(!こ、これは!?来る!!

そう、メニューの終盤に『こんにちはさようなら』の文字を見つけた私は、その瞬間確信しました。

こ、これは間違いなく〝たて笛〟来る!!

もうたちまち頭の中は貞子のテーマがグルグルと回りだします。

♪く〜る きっと来〜る きっと来〜るジャッピャアァ〜〜ンッッ!!

と時おりヒロミゴーまで乱入してくる騒々しいヘビーローテションの中でも、私は落ち着いていました。卒業式をテーマにした、しみじみとなつかしいこの曲を演奏するのであれば、光田さんは間違いなく『たて笛』いわゆる『リコーダー』を入れてくるはずだと確信したのです。実際、昨年は加藤さんと荒井さんが間奏でリコーダーを吹いてほのぼのとした雰囲気を作ってくれましたし、さかのぼれば10年以上前のツアーで私もこの曲を吹いたことがあるのです。必ず来るとわかった以上、手をこまねいている場合ではありません。何しろ本番まではわずか10日ほど。事は急を要しました。そりゃあそうです。いくら自分も吹いたことがあると言ってもそれははるか昔。どこまで覚えているかなんてやってみなければわかりませんし、むしろすっかり忘れている可能性だって高いのです。なぜならTSOですから。USBメモリーじゃなくてTSOメモリーですから!今すぐにでも練習を開始しなければリハどころか、もしかしたら本番にも間に合わないかもしれない。ここで初めて私は焦りを感じました。ところが…

(…ヤバい!練習しようにも楽器がなくちゃ…)

そう、肝心のリコーダーが…ない!

[PR]
# by cicocico | 2017-03-10 00:39 | Comments(0)

考える日々 〜TSOの記憶〜

 大台突入を記念しての50曲ライブ。とはいえその中には弾き語りなども含まれていましたから、それらを除けば僕が参加するのはおよそ40曲ほど。なにげに一番お休みをいただいちゃってる身としては他のメンバーに何だか申し訳ないなあとも思いつつ、それでも自分にとってはこれまでで最も多いと思われる曲数なもんで、実際に取り組み始めてみてこれまでとは違うなあと感じる部分はありました。まずいつもだと、たとえばリズム感だったり楽器の割り振りだったりコーラスなどの個人的に気になるところ、気になる曲から手をつけていくんですが、今回は曲数があるのと、前にもお話しした通り各曲のサイズがいろいろと変更されるので、あまりひとつずつに集中しても仕上げたと思ったものが直前にまた変わるという危険性もありました。そこで一点集中方式からある程度やったらいったん次の曲へ進むというやり方になっていきました。造成工事(造成工事?)に例えると、1ヶ所ずつ一気に掘り下げていくんじゃなくて全体を広く浅く順番に削っていく感じとでも言うんでしょうか。そうすると1周して戻ってきた時に再度の変更があっても対応しやすいと思ったのです。まあ今更ですが、もしすべての曲をオリジナルの尺でやることになっていたら、たとえ演奏時間は長くなってもそちらの方がラクだったでしょうね。でもそしたらきっとトークのリミッターも解除されて7時間いや8時間ステージか。お客さんお尻イタイよねえ。ホホホ。あとコーラスはね、けっこう考えましたよ。いろんな意味で。昨年はホラ、カトちゃんケンちゃんの素晴らしいハーモニーが光ってたでしょう。今年はワタクシだけですから。どこをどう叩いてもワタクシだけですからね。叩いてもダメですよ叩かないでくださいよ。叩くならタイコかポケットにしてください。ポケットを叩くとビスケットがふたつ。ヤッタ〜ッ!?って割れただけじゃねえか!的な(へらず口も叩かないでください)。

で、まあひとりなもんですから基本どこにいってもいいんですね、メロディーの上でも下でも。ワタクシ光田さんとの長年のお付き合いの中で、イロモノだけじゃなくコーラスもいろいろやらせていただきました。それはさすらいの歴史でもあり、たとえば上に女性コーラスがいれば下、人数もいて声の低い人もいたら中間パート、誰もいなければ魅惑のこぶ平ボイスで上というように、その時々の編成や楽曲のアレンジにより、上にいったり下にいったり潜ったり沈んだりと、カッコよく言えばユーティリティープレーヤー、簡単に言えば空いてるところ担当者として各パートを渡り歩いてきました。そのため過去の多くの曲ではどこのパートでもいけと言われればいけるヒト、あえてドラえもん風に言うなら、

♪チャチャチャチャッチャチャ〜〜!!「どぉこぉでもぉコォーラスぅ〜〜!」
(文字じゃわかりづらいしあえて言う意味も不明)

のヒトになったというわけです。ところが久しぶりの曲を演奏する時などそのことが時おり脳内で混乱を招くことがあり、アレ?オレこれどこにいったらいいんだっけ?というアレオレコレのヒトになってしまうこともあったのです。最近の事例では昨年秋のファンクラブの遠足において、久しぶりに『みち草』を歌った際、なんだかやたら高いパートにいっちゃったケースがあります。この曲のいくつかあるコーラスパートの中で、本当はそのオクターブ下をいくつもりでいたのですが、いざ歌い出したらなぜか上にいっちゃったのね。また、ご存知のように光田さんは素晴らしいアレンジャーでもあるので、同じ曲でもひと味違うコーラスアレンジでやったこともあり、そういった経験がまた己の記憶の混乱につながったりするのです。僕は今年も鎌ヶ谷の前日、都内で椎名恵さんのライブだったのですが、そこでご一緒しているピアノの恩田さんが以前からよく、同じ曲でも複数のアレンジがあるから今どの譜面(アレンジ)でやってるのかわからなくなることがあるんだよ、と言っていたことを思い出しました。ピアノの弾き語りだったりギターと2人のスタイルだったり、そしてリズムも入ったバンドバージョンだったりと長年様々なかたちでサポートしてきた恩田さんゆえの実感なんでしょう。どうも今回、その気持ちがよくわかるなあと思った次第です。ともあれ、おひとり様コーラスとして他の人に気兼ねなく自由に歌える環境を与えられた私でしたが、それでも念のため聞いてみました。

「…とか言って、またシークレット何ちゃらが登場するんじゃないでしょうねぇ?ケンちゃん」

「ハハハ、残念ながら今回は登場しないんだよねぇ〜」

むう。そうですか。それじゃあやらねばなるまい。ってことで私は毛を剃り直して気をとり直して気合を入れ直して、自分はどの曲のどこを歌えるのか歌うならどのパートにするのがいいのか、メニュー全体を見ながら考えたりリハでもいろいろなパートを試していきました。そしてこの曲は上につけようこの曲は下にいこう、ここは上ここは下、鬼は外福は内というように、脳を振り絞り本番直前まで調整を続けていったのです。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-07 00:51 | Comments(0)

おじいちゃんのポテチ 〜TSOの記憶〜

 ブリリアントリオには、艶やかな音色で難解なフレーズも一見そうとは思わせないほど巧みに弾きこなすバイオリンの匠、おじいちゃんがいます。あ、間違えた、森琢哉さんがいます。タクヤというカッチョいい名前とは裏腹に、自他共に認めるおじいちゃんキャラでもある森タクさんはしかし、ワカモノのようにスナック菓子とかジャンクなものがお好きです。あんなに優雅なバイオリンを弾く姿を見てるとこれまた意外な気もしますけど。でね、長時間のリハだからお腹すくじゃないですか。すると休憩時間に毎回コンビニに行ってポテトチップスを買ってくるんです。初日に普通の塩味とのり塩タイプのふたつを食べくらべ、

「やっぱ、こっちだな」

と言って2回目からはのり塩タイプが定番になりました。まあ僕らもいつもお相伴にあずかってるんですけど。フフフ。そしてそんな時、気のきく光田さんがコーヒーあるけど?と言うんです。

「ポットに入ってるのとスタバのスティックタイプとどっち?ちなみにスタバは賞味期限過ぎてま〜す」

「じゃやっぱ、スタバだな」

迷わず答える森タクさん。いや大丈夫でしょ賞味期限なんて、と言いつつカップにお湯を注ぎます。

「ズズ…、あ〜やっぱスタバだわ。濃いねぇ」

としみじみつぶやくその姿は、やはりコーヒーよりも渋茶をすするおじいちゃんのイメージに重なるのでした。そんなおじいちゃんはもちろん携帯はまだガラケーだそうですが、聞けばチェロのシンコちゃんもそうだというじゃありませんか。なんとブリトリプラスはご本人以外ガラケーバンドだったのです。おお〜やった!でもスマホと違って家のパソコンに届いたメールは外出先では見られないので、急ぎの連絡などは家と携帯のそれぞれに送らなくちゃならず、最初の頃はスタッフさんにはちょいとお手間をおかけしたみたい。ホホホ。お世話になりました。

[PR]
# by cicocico | 2017-03-03 23:41 | Comments(0)

フセン大作戦 〜TSOの記憶〜

 翌日もリハーサル。少し遅めの入り時間になったのはあまりにも多忙な光田さんのため。何しろ悩んで悩んでナヤンデルタール人になってメニューを決定し、曲を入れ替えたりこまかくアレンジし直したり新たな曲は譜面を書いたりとすべてご本人がやらねばならないんですから。あとから聞いた話しではリハのない日はすべて別のお仕事やらイベントが入ってるんだって。いったいいつ譜面書くんだってハナシだよなぁ、ヘッヘッヘと笑う光田さんですが。それよりいったいいつ寝るんですかってハナシじゃないですか。そんな姿を見ていたシンコちゃんがスタッフさんに、でもそうやって時間がなくなるってわかってても本人が絶対予定入れちゃうんでしょ?と言い、そうなんですよと苦笑いされておりました。もう昔からそういうヒトだからなあ。からだをこわさないでくださいねホントに。今回は(今回は?)カゼなどもひかずまだお元気だけれどもそれこそ大台にのるんですからね。あんまり無理しすぎないでくださいねホントに。

とそんな心配をよそに、いたって普通にあらわれた光田さん。さすがにお目々は少々眠そうでしたけど。あ、でも普段とあまり変わらないような気もしましたけど。オホホ。さて今日は演奏する曲の尺を縮めることに力を注ぐ光田さん。というのも計算したところ、このままではまだライブの時間がだいぶオーバーしてしまうんだとか。

(まあそうでしょうねえこのメニューなら…)

とも言えず、フンフンなるほどと一応神妙そうな顔をして話しを聞く私たち。トークの部分を多少長めに見積もっているとはいえ、そこを削ったとしてもまだ充分ではないというのです。そう、思えば昨年も昼の部が押してしまい曲をカットしたり、その影響で夜の部も曲の差し替えや変更があったのはまだ記憶に新しいところです。何度も言いますが、ご本人がやりたいこといっぱいできれば全部やりたいヒトですから。しかし今回は50曲という縛りがあります。つまりもし時間が押したとしても1曲2曲カットするというようなわけにはいかないってことです。そしてまた光田さんのライブをご覧になった方ならお分かりでしょうが、たいていの場合は予定時間を越えます。やりたいこといっぱいできることをできるだけお客さまに見てもらいたいというヒトですから、いくら今日は絶対に押せないからといったところでたいていは押してしまうのです。

押すなよ!絶対押すなよ!➡押す

というなんだか熱湯風呂的構図があるのですがそれはさておき、曲数を減らせない以上は1曲の長さを縮めていくしかありません。そこでイントロを短くしたり間奏や繰り返しををはぶいたり、できるだけ曲の良さを残しつつ慎重にでもときには思いきってカットしたりという作業をしていくんですが、曲の流れや構成が不自然になっちゃいけないしどこでも切ればいいというもんじゃありませんから、これがまたなかなか大変そうでした。さんざん譜面とにらめっこして結局4小節しか削れなかったとかね。それでやっと何秒短縮みたいな地道な作業を重ねていったわけですが、いざ演奏するにあたってそれをどう譜面に落とし込むかという新たな問題が浮上してきました。つまり譜面はオリジナルのサイズで書かれており、そこにはダルセーニョやダカーポやコーダといった反復記号もあり、演奏者は本来それに従って演奏するのだけれども、かなりの曲でそれらとは違う進行をしなければならないのでさてどうするか、ということです。今回のためだけの新たな譜面を書き起こすというのはもはや時間的にも無理ですから今ある譜面を使うしかないんですが、今回限りの演奏のために譜面にあれこれ書き込むのも後々どうかということ、またいろいろ書き込むことで逆に見づらくなる可能性も考えられました。そこで、

「これ使ってみよっか」

と光田さんが取り出したのが『付箋』です。確かにフセンなら後ではがしてしまえば元通りですし、実際試してみると発色性により目立つしわかりやすかったのです。本番前にはがれちゃ意味ないけどねと笑う光田さんでしたが、これはなかなかいいアイデアでした。それぞれに独自の譜面を工夫していくメンバーたち。いずれにしてもこれはいつも以上に自主練しなくちゃなぁ…とめずらしくシンコちゃん。しっかりさらっておかないと本番で進行を間違えそうだと。シンコーちゃんだけに(つまらん)。弦の国の住人たちにしてもそうなのですから、私のような染み込みオヤジはなおさらです。特に私は曲によっては譜面ではなく歌詞カードを見て演奏したりする上、気持ちが入るほど過去に染み込んだオリジナルのサイズや歌詞なんかが出やすい体質ですから、そこは十分な注意とフセンが必要です。まあ実際のところ、曲数の多さからそれぞれの曲に当てられる時間も限られる中、例によって本番直前まで見直しも含めこまごまとしたサイズチェンジが続き、前回の録音を聴き込んでカラダに入れたものをリセットしたりまた覚えさせたりの繰り返しになり、染み込みオヤジなんだか染み抜きオヤジなんだかわからなくなりましたけど。そんなこたどうでもいいスか。


d0067750_10183891.jpg

わかりやすい、ですか…

(むしろ居酒屋のメニューっぽい)

[PR]
# by cicocico | 2017-03-02 16:18 | Comments(0)

長くて短いリハーサル 〜TSOの記憶〜

 ライブへの期待と不安がひとつになって過ぎ行く日々など稚内。時のたつのは早いものです。年が明け二草粥などすすっているうちにもう出るサンダースの決意表明からあっという間に1ヶ月。私にとってはこれまでで最長となるであろうライブは、演奏時間もさることながら演奏する曲数も最多。それはいったいどんなライブになるんだろう?しっかりやれるだろうか?と、これまで経験したことのない舞台にあれこれ思いをめぐらせる日々。もちろんこういう機会はそうはありませんからやりがいは感じていました。そこでよおしやってやるゼ!と大きなヤリ貝を背負って万全の備えをしようと立ち上がってはみたものの、実際のところ演奏する曲目がわからないことには準備のしようがありません。仕方がないのでトイレに行きたそうな犬のように落ち着きなくそこら辺をウロウロしたり、光田さんのこれまでのアルバムを何となく上の空で聴き流してみたり、新年会で豪華トリすき鍋を食ったりしながら有意義な時間を過ごしていました。そしてようやくメニューが送られてきたのは暦が2月にかわる頃。1回目のリハの前日でした。さらにその後少しして修正版が届きます。

…うーむ

曲目がびっしり書かれたそれは進行表も兼ねており、出演者の出入りや次点の候補曲なども書かれていました。

…うーむ

まだ曲も完全には絞りきれていないのでしょう。おそらくやりたい曲もたくさんあるんでしょうね。なんたってご本人がやりたいこといっぱいできれば全部やりたい最後の最後まで妥協なし手抜きなしタヌキソバのヒトですから。というこの例えもデブジャ(←だからデジャブだよ)。とにもかくにも昔のファイルをあれこれひっくり返しては譜面を探し出し曲順に並べていくという作業を開始したんですが、これだけでけっこうな時間を費やしましたよ。どうしても見つからなかったものは後々用意してもらうことにして、なんとかひととおりそろえてシャ乱Q。というかバタンキュー。ふう。やることはやったという充実感(譜面そろえただけなのに)。あとは野となれ山となれ。リハに行ってのお楽しみ。好きな四字熟語は「現場処理」ってなもんです。こうして迎えたリハーサル初日。チェロのシンコちゃんもバイオリンの森タクさんももちろんワタクシもみんな時間通りに集合。光田さんを交えて今さらながら一応新年のご挨拶。ここでさらに更新された進行表が配られ光田さんから全体的な説明があって、さていよいよリハのスタートです。

「まあ今日はとにかくあたれるだけあたる方向で。で、後ろは振り返らない」

と笑う光田さん。そう、何しろリハは数日間あるといっても曲数が曲数ですから決して時間に余裕などないのです。それこそ油断していると1回通すだけでもいきものがかりになる可能性が高いのです。というか1日がかりになる可能性が高いのです。まずはどんどん音を出していこうという方針に異存はありません。そこで譜面のそろっているものからメニューにそって次々に曲をこなしていきました。

「ハイオッケー。じゃ、これ次は本番で」

「うっひゃ〜〜っ!」

そんなあまりシャレにならないようなシャレを交わしつつも、次々に演奏していくうちに初日のリハはまたたく間に終了。弾き語りのコーナーやインストゥルメンタルの一部は飛ばしたにもかかわらず、やはりけっこうな時間がかかります。それでもきちんとした譜面さえあればすぐに弾きこなしてしまう弦のお二人はさすが。明日が本番だったとしても問題ないんじゃないでしょうか。対して私はというと、もちろん譜面も見ますがどちらかというと曲をカラダに叩き込むというか染み込ませて、その曲の構成やイメージをもとに演奏を作っていくタイプ。幸いなことに今回やる光田さんの曲の多くはカラダに染み込んでいる染み込みオヤジなんですが、やはり最近の新し目の曲や逆にずいぶんとご無沙汰だった曲については早いところ慣れたり思い出したりする必要がありました。そこでそういうものについては音源をもらったりリハの録音を重点的に聴きこんでいきました。

が、リハが進んでいくと、思わぬ落とし穴が待ち受けていたのでありました。

[PR]
# by cicocico | 2017-02-28 08:41 | Comments(0)

デブジャ 〜TSOの記憶〜

 まだまだ寒い毎日ですが、時おり急に暖かい風が吹いたり近所の梅が白い花を咲かせたりと、着実に春が近づいているんだなあと感じる今日この頃。陽気に誘われて陽気に踊りだしたくなります。ウソです。またどこかへ散歩(徘徊)に出かけたくなります。が、その前にそろそろやっておかねば、とフト気づいたところで先だっての光田さんのライブです。あれから早2週間。このままフラッと出かけたらサラッと書くと言いながらシレッと忘れてしまいそうな私。だってそんなお年頃なんですもの。メモリーだってTSOなんですもの。あ「TSO」ってのはもちろん「年相応」って意味です。てことで、むしろ年不相応な言葉づかいだよというツッコミはスルッと受け流しつつ、長〜いライブを軽〜くたどってみたいと思います。

光田さんから2月11日のバースデーライブのお誘いをいただいたのは、昨年の暮れもかなり押し詰まった頃でした。前回からもうすぐ1年か…光陰矢の如しとはよく言ったものだなあ、とあの興奮島倉千代子だった日々に思いをはせる私はしかし、内心ちょっと意外でした。というのも、光田さんからのお誘いがあるときはたいていもっと前に早めにお声がかかるので、本番までひと月余りというこの時期にオファーをいただけるとは思ってもみなかったからです。しかもブリトリプラスでやりたいと。思わぬお誘いに私は驚きつつもたちまち興奮島倉千代子になり、出る出る出ます出してください出たいんです!お願いですから出してください!誰かここから出してくれえーーっ!!オレは無実だあああーーーっっ!!と勝手に牢獄の中からすぐさま出演了承の叫びを返したのでした。そしてそれからほどなく発表されたライブの詳細には『Happy50曲↑5時間ライブ!』とありました。

(えっ?!50曲?…5時間って??

再び驚きを隠せない私。思い起こせば昨年も出演が決まってからの2回公演だったことに驚いたものですが、今年はまた曲数と演奏時間に驚かされるとは。

(これは…デブジャ!?(←デジャビュ!せめてデジャブと言えって)

こうしてまたしても意表をつかれた私はしかし、もう出ると言っちゃった以上はもう出るサンダースになるしかないと腹をくくり、いくばくかの不安と期待と不安を胸に、このスーパーロングバースデーライブに挑むことを決意したのでした。

[PR]
# by cicocico | 2017-02-25 20:54 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2017/04/25(火)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
# by cicocico | 2017-02-23 22:14 | Comments(0)