★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
島根大学の客員教授である..
by 地球環境直球勝負 at 16:34
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

長くて短いリハーサル 〜TSOの記憶〜

 ライブへの期待と不安がひとつになって過ぎ行く日々など稚内。時のたつのは早いものです。年が明け二草粥などすすっているうちにもう出るサンダースの決意表明からあっという間に1ヶ月。私にとってはこれまでで最長となるであろうライブは、演奏時間もさることながら演奏する曲数も最多。それはいったいどんなライブになるんだろう?しっかりやれるだろうか?と、これまで経験したことのない舞台にあれこれ思いをめぐらせる日々。もちろんこういう機会はそうはありませんからやりがいは感じていました。そこでよおしやってやるゼ!と大きなヤリ貝を背負って万全の備えをしようと立ち上がってはみたものの、実際のところ演奏する曲目がわからないことには準備のしようがありません。仕方がないのでトイレに行きたそうな犬のように落ち着きなくそこら辺をウロウロしたり、光田さんのこれまでのアルバムを何となく上の空で聴き流してみたり、新年会で豪華トリすき鍋を食ったりしながら有意義な時間を過ごしていました。そしてようやくメニューが送られてきたのは暦が2月にかわる頃。1回目のリハの前日でした。さらにその後少しして修正版が届きます。

…うーむ

曲目がびっしり書かれたそれは進行表も兼ねており、出演者の出入りや次点の候補曲なども書かれていました。

…うーむ

まだ曲も完全には絞りきれていないのでしょう。おそらくやりたい曲もたくさんあるんでしょうね。なんたってご本人がやりたいこといっぱいできれば全部やりたい最後の最後まで妥協なし手抜きなしタヌキソバのヒトですから。というこの例えもデブジャ(←だからデジャブだよ)。とにもかくにも昔のファイルをあれこれひっくり返しては譜面を探し出し曲順に並べていくという作業を開始したんですが、これだけでけっこうな時間を費やしましたよ。どうしても見つからなかったものは後々用意してもらうことにして、なんとかひととおりそろえてシャ乱Q。というかバタンキュー。ふう。やることはやったという充実感(譜面そろえただけなのに)。あとは野となれ山となれ。リハに行ってのお楽しみ。好きな四字熟語は「現場処理」ってなもんです。こうして迎えたリハーサル初日。チェロのシンコちゃんもバイオリンの森タクさんももちろんワタクシもみんな時間通りに集合。光田さんを交えて今さらながら一応新年のご挨拶。ここでさらに更新された進行表が配られ光田さんから全体的な説明があって、さていよいよリハのスタートです。

「まあ今日はとにかくあたれるだけあたる方向で。で、後ろは振り返らない」

と笑う光田さん。そう、何しろリハは数日間あるといっても曲数が曲数ですから決して時間に余裕などないのです。それこそ油断していると1回通すだけでもいきものがかりになる可能性が高いのです。というか1日がかりになる可能性が高いのです。まずはどんどん音を出していこうという方針に異存はありません。そこで譜面のそろっているものからメニューにそって次々に曲をこなしていきました。

「ハイオッケー。じゃ、これ次は本番で」

「うっひゃ〜〜っ!」

そんなあまりシャレにならないようなシャレを交わしつつも、次々に演奏していくうちに初日のリハはまたたく間に終了。弾き語りのコーナーやインストゥルメンタルの一部は飛ばしたにもかかわらず、やはりけっこうな時間がかかります。それでもきちんとした譜面さえあればすぐに弾きこなしてしまう弦のお二人はさすが。明日が本番だったとしても問題ないんじゃないでしょうか。対して私はというと、もちろん譜面も見ますがどちらかというと曲をカラダに叩き込むというか染み込ませて、その曲の構成やイメージをもとに演奏を作っていくタイプ。幸いなことに今回やる光田さんの曲の多くはカラダに染み込んでいる染み込みオヤジなんですが、やはり最近の新し目の曲や逆にずいぶんとご無沙汰だった曲については早いところ慣れたり思い出したりする必要がありました。そこでそういうものについては音源をもらったりリハの録音を重点的に聴きこんでいきました。

が、リハが進んでいくと、思わぬ落とし穴が待ち受けていたのでありました。

[PR]
by cicocico | 2017-02-28 08:41 | Comments(0)

デブジャ 〜TSOの記憶〜

 まだまだ寒い毎日ですが、時おり急に暖かい風が吹いたり近所の梅が白い花を咲かせたりと、着実に春が近づいているんだなあと感じる今日この頃。陽気に誘われて陽気に踊りだしたくなります。ウソです。またどこかへ散歩(徘徊)に出かけたくなります。が、その前にそろそろやっておかねば、とフト気づいたところで先だっての光田さんのライブです。あれから早2週間。このままフラッと出かけたらサラッと書くと言いながらシレッと忘れてしまいそうな私。だってそんなお年頃なんですもの。メモリーだってTSOなんですもの。あ「TSO」ってのはもちろん「年相応」って意味です。てことで、むしろ年不相応な言葉づかいだよというツッコミはスルッと受け流しつつ、長〜いライブを軽〜くたどってみたいと思います。

光田さんから2月11日のバースデーライブのお誘いをいただいたのは、昨年の暮れもかなり押し詰まった頃でした。前回からもうすぐ1年か…光陰矢の如しとはよく言ったものだなあ、とあの興奮島倉千代子だった日々に思いをはせる私はしかし、内心ちょっと意外でした。というのも、光田さんからのお誘いがあるときはたいていもっと前に早めにお声がかかるので、本番までひと月余りというこの時期にオファーをいただけるとは思ってもみなかったからです。しかもブリトリプラスでやりたいと。思わぬお誘いに私は驚きつつもたちまち興奮島倉千代子になり、出る出る出ます出してください出たいんです!お願いですから出してください!誰かここから出してくれえーーっ!!オレは無実だあああーーーっっ!!と勝手に牢獄の中からすぐさま出演了承の叫びを返したのでした。そしてそれからほどなく発表されたライブの詳細には『Happy50曲↑5時間ライブ!』とありました。

(えっ?!50曲?…5時間って??

再び驚きを隠せない私。思い起こせば昨年も出演が決まってからの2回公演だったことに驚いたものですが、今年はまた曲数と演奏時間に驚かされるとは。

(これは…デブジャ!?(←デジャビュ!せめてデジャブと言えって)

こうしてまたしても意表をつかれた私はしかし、もう出ると言っちゃった以上はもう出るサンダースになるしかないと腹をくくり、いくばくかの不安と期待と不安を胸に、このスーパーロングバースデーライブに挑むことを決意したのでした。

[PR]
by cicocico | 2017-02-25 20:54 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2017/04/25(火)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場18:30 開演19:30 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
by cicocico | 2017-02-23 22:14 | Comments(0)

花とオジサン

d0067750_08501975.jpg 早咲きの桜を見に行きました。僕はこういう時たいていは混雑を避けて平日にするんですが、ちょっと気分転換もしたかったので、まあ休日の賑わいに身をおくのもそれはそれでよかろうとフラフラ出かけましたところ、人混みの中、日頃お世話になっている方々と立て続けに遭遇するというミラクルさんに。これってやっぱり大吉効果でしょうか!(←ハイ違います。皆さん今日は花を見に来たのであってオジサンを見に来たのではありません)

そして人混みに流されて変わってゆく変わり者の私を近くで叱ることもなく、せっかくなのでと、花とオジサンの写真を撮ってくださいました。どうもありがとうございました。

それにしても大根率の高い(謎)お花見でした。

[PR]
by cicocico | 2017-02-20 20:34 | Comments(1)

時差ボケの効用

 ハイ、16日木曜日はブレストークの今年最初のライブにお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。僕らの僕らのリーダー、チャーリーの相変わらず歌心ある素晴らしいハーモニカをお楽しみいただけたでしょうか。そしてもしかするとご覧になっていてお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、この日のリーダーはまたつつがなくステージを進行させてくれましたので、どなたも落ち着いて演奏を堪能することができたのではないでしょうか。逆に、これまでのような違和感あるトークと素敵なハーモニカのマリアージュがたまらない(いろんな意味で)という方には、逆に少々もの足りなかった(いろんな意味で)かもしれませんが、これが本来のライブの姿であると言えなくもなくもないのでしょうか。思えば前回は荒野愛子さんの素晴らしい演奏と素晴らしいゲスト効果によって落ち着いたライブをお届けできたのですが、今回はまたこの3人だけでの演奏。荒野さんだけでなく仮面ライダーもトッキュウジャーもいない中で、いったいどうなるのだろうと思っていた私ですがどうやらそれは取り越し苦労でした。堀越学園でした。じゃあいったいなぜノーゲストで落ち着いたステージ進行ができたのでしょうか?私はそのカギは時差ボケにあるのではないかと考えています。実は僕らの僕らのリーダーは今月初めにお仕事でアメリカはロサンゼルスに行ってきたというのです。リルは上海帰りでしたがリーダーはLA帰りだったのです。1週間以上も滞在していたそうですが途中にオフの日もあってラスベガスにも連れて行ってもらい、今話題のトランプタワーにも宿泊するなどひとりではもったいないくらい贅沢な体験をさせてもらったそうです。そして我々メンバーにもそんなラスベガスのおみやげを忘れなかった優しいリーダーですが、帰ってきてから今でもまだ時差ボケが残っていてね、と語ってくれました。

「夜、9時前にもう眠くなっちゃうんだよ」

(へえ〜…?でもそれって、健全なんじゃ

「そのくせ朝も6時前に目がさめるし」

(へえ〜…?でもそれって、健全なんじゃ

夜中に眠れなくなったとか昼間仕事中に居眠りしたとかいうのと違って、至極健康的な気がするのは私だけですか。まあでも海外から帰ってきて、なかなか普段の生活リズムに戻すのはむずかしいという話しはよく耳にしますものね。そういえばそんな僕らのリーダーがステージで、最近ますます多忙だというヤングサトーくんのことについて何か言いかけながら、いや実はまだ言えないんですよ、ともったいつけるので、何ですかそれは?気になるじゃないですか?まさか人に言えないことじゃないでしょうね?とツッコミを入れると、まあね、次回からサトーくんが急に来なくなるとかそういうことじゃないから、と答えにならないような答えが。この日は唯一このあたりの曖昧なくだりがいつものチャーリーらしいといえばらしい感じではありましたかね。そんなチャーリー、僕ももう50ですからやはり半世紀も生きてると人生いろいろありますよね、となんだかしみじみつぶやいたと思えば、サトーくんはいくつだっけ?32かあ。なんかずっと19のままの気がするねえ、とますます好々爺っぽいことを言うのでした。うーむ、その気持ちはわからないでもない、というかとてもよくわかるけど。なんというかずっと最初に会った時のイメージなんだよね、それは僕もよくわかります、ハイ。今だにヤングサトーくんとか言ってるし。ずっと少年隊。そう、そのサトーくんは今回新しいギターを持ってきたんですがこれがなかなかいい音でね。特に低音が丸くふくよかでよく響いてとても良かったんです。

(すごく音が豊かだね、豊だけに)

と言おうかと思ったのですが、せっかくリーダーがスムーズに進行しているのに自分で自分の首を絞めることになると瞬時に気がつき、ココロのつぶやきだけにとどめておきました。我ながら的確な判断だったと言えましょう。ライブが終わって帰りがけ、だいぶ眠くなってきちゃったと言うリーダー。だから夜型人間をなおしたい人はロサンゼルスに行ってきたらいいんだよね、とおもむろにひと言。そういうもんですか。しかしむしろ私としては時差〈ボケ〉がいつものリーダーの〈違和感〉トークとかけあわさることで、なんというか『マイナス╳マイナス=プラス』的な形となり、実に良い結果をもたらしたのではないかという点に注目しています。時差ボケでステージ進行がスムーズになり早寝早起きの健康的な生活が送れるとなれば、これは一石二鳥ではありませんか。できればこれから僕らの僕らのリーダーが毎回ライブの前に海外に行ってきてくれたらなあとコッソリ、でもいくらか真剣に思っている私です。ホホホ。

ということで、世界にはばたいてほしいリーダーとブレストークを今年もよろしくお願いいたします。


d0067750_08374945.jpg


ベガスのおみやげをありがとうリーダー

d0067750_08380540.jpg


使いやすさなんていらない

d0067750_08380931.jpg


筆箱に入らなくてもカワイければ



d0067750_08380275.jpg


正しい使い方

[PR]
by cicocico | 2017-02-19 09:40 | Comments(0)

「ル・キャーンズ・フェブリエ」

 というのが2月15日という意味だと最近まで知らなかったワタクシ。だって学生の頃から英語は苦手だったんだもの。と思っていたらフランス語なのだそうでした。ハッハッハ。そりゃ手も足も出ませんわ。ということで本日は光田健一さんの誕生日なのでございます。数年前に血液型を変更した経歴をお持ちの光田さんですが、さすがに誕生日の変更はないと思われるので、ここでささやかながらお祝いさせていただきます。光田さん誕生日おめでとうございます。大船ならぬ大台にのったお気持ちはいかがでしょうか。タコがでしょうか。そして先日の超ロングバースデーライブお疲れさまでした。そしてそしてライブにお越しいただきました皆さまも、大変お疲れさまでした。どなたさまも無事お家にたどり着きましたでしょうか。思えば昨年はしばしフヌケになっていたワタクシですが、今年は脳ミソが筋肉痛、揉み返し状態になっておりますのでライブのことはいずれサラッと書くとして、何よりまずはお礼を申し上げまする。皆さま本当にありがとうございました。カゼが流行っている昨今、体調や頭の使いすぎ(←いやアナタとは違うって)には十分ご注意の上、どうぞ元気にお過ごしくださいね。
[PR]
by cicocico | 2017-02-15 09:29 | Comments(0)

ほっこりバレンタインライブ

 2月10日金曜日は椎名恵さんのライブでした。朝のうちはお日さまも出ていたんですがお昼くらいからアララ雲が広がってきまして、夕方僕が下北沢のお店に到着するとおおなんと雪がちらついてきたではありませんか。そういえば数日前のリハーサルの時も、それまでずっといい天気が続いていたのにみぞれっぽい雨が降ったりしたんですが、確か晴れ女だったはずの椎名さんはさりげなく雪女に変身していたのでしょうか。まあしかし雨より雪の方が機材の搬入にはそれほど濡れずにありがたかったですけど。そしてそんな寒い中お越しいただきました皆さま、本当にありがとうございました。この日はバレンタインデーも近いということで、椎名さんからお客さまへありがとうの思いを込めたチョコのプレゼントもありました。西友で買ったんですけど…、と正直に告白していた椎名さん。ウフフ。でも大切なのは思いですからね、皆さんへの思いがしっかり込めてありますからね、とも言ってました。まったくその通りでございます、ハイ。ちなみに我々メンバーもリハの時にそれぞれチョコをいただいたんですが、ステージで椎名さんがそのことにふれ、お客さまにコッソリと、実はひとつ○百円なのョ…、と暴露しておりました。ええっ!?そうだったんですか!?と驚く我々。実はいただいた時には、

僕「あっ、これなんかちょっとお高いチョコなんじゃないですか?ホラ少しアルコールも入ってるみたいですし」

吉澤さん「アッ!ホントだホントだそうそうそうですよチコさんこれきっと高級品ですよハハハハすごいなあ大人のチョコレートですよウンウン」

恩田さん「オレのは入ってねえけど…、まあこういうのは意外と(値段が)するのかもな、おぅ、マジでよ」

と騒いでいたのです。イヤッハッハ!チョコを見る目のないオトコたち。茶碗じゃなくてヨカッタ。まあでも大事なのは値段じゃなくて気持ちですからね本当に。ありがたくいただきましたよチョコも気持ちも。あと今回のリハでおかしかったのは、順番に曲をあたっていって4曲目の『 I won’t last a day without you(愛は夢の中に)』になった時、ピアノの恩田さんから次の曲のテンポはなんだっけ?聞かれたので、えーとこれはおよそ82ですねと答えたんです。意外とゆっくりだな…、とつぶやく恩田さん。

「カウントはありだっけ?」

「いえこれはピアノからですよ」

そっかわかったオレからか、と言ってメトロノームでテンポを確認した恩田さんが、おもむろにイントロを弾き始めたんですが、その時その場に妙な違和感を感じました。ただそれがなんなのかわからないうちに、椎名さんが歌い出した瞬間こう言ったのです。

「ねえ?…キー高くない?」

「?……アッ!?やべえっ!曲が逆じゃねえか!!」

なんと恩田さんはその次の『Touch me』の譜面を見て演奏していたのです!想像もしなかった展開にその場の全員が大爆笑!!ちょっと待ってくださいよ〜〜っ!!と笑い崩れる一同。いやワリイワリイ譜面を間違えて並べてたョ、マジでゴメン!と苦笑いの恩田さん。こんなことってあるのかというような出来事は本当にあるもんです、イヤハヤ。聞けば僕以外のお二人もイントロが始まった瞬間(あれ?)と思ったそうですが、よもや恩田さんが真剣な顔でまったく別の曲を弾いているなんて思いませんから、吉澤さんはてっきり自分が違う曲違う譜面を持ってきてしまったかと焦り、椎名さんはあれ?いつの間にアレンジを変えたのかしら?と考えていたそうです。で、いざ歌ってみたらやっぱりと。

「いやあ、でもそう信じて聴いてるとそれなりに聴こえるもんですねえ」

とは一緒にいたスタッフの弁。イヤハハハハ、なんともはや。気をつけよう、暗い夜道と思い込み。リハでよかったッス。本番ではもちろん『I won’t last a day without you』も、僕のカウントで始まるテンポ100の『Touch me』もちゃんと演奏いたしましたよ、ハイ。それから前回ちょっとつまづいた『がんばれ』もしっかり雪辱を果たしてお届けできました。ヤレヤレ。そして初めてのトークコーナーの企画もなかなかよかったようですね。僕らは楽屋に引っ込んでいたのでどんなやりとりだったのかはよくわかりませんでしたけれども、でも時々聞こえてくる皆さんの笑い声でなごやかな雰囲気が伝わってくるようでした。さらにアンコールでは皆さんも一緒に歌ってくれて、寒い夜でしたがあったかいステージになりましたね。どうもありがとうございました!

[PR]
by cicocico | 2017-02-13 23:21 | Comments(0)

自主トレに励む

 2月に入りましてリハーサルと予習復習の毎日を送っているワタクシです。昨日も予定していた行事がなくなってしまったので一瞬ガッカリしつつ、でもむしろこれ幸いとばかりに1日中山道、じゃなくて1日中自主トレに励んでおりました。曲の進行やアレンジや使用楽器やコーラスパートの確認と整理。思えば昨年の今頃もこんな感じでしたかねえ。あれから1年。早いもんであります。そしてこれも昨年同様に椎名さんと光田さんの日程がかぶらなくてヨカッタっす。無事両方とも参加できてシアワセ。クルシタノシイけど。ホホホ。お二方とも、それからそれぞれのメンバー方も皆さん元気なのは何よりだったんですが、今まだなんとなく気持ちの上で落ち着かないのは、光田さんの曲がまだ全部はあたれていないからでしょうか。ご本人いわく、もうそんなに難しいヤツは残ってないから大丈夫、へへへ、だそうですが、小心者なワタクシとしては内心ドキドキするわけです。まあとはいえリハのない日も他の仕事がビッチリ埋まっているご本人が一番忙しいそのうえに、あらたにアレンジもして譜面も書かなきゃいけないんですから、そういったことを思えばワタクシなんぞが気を揉んだところで始まりません。しのごの言わず今できることをやっとけって話しですな。ということでこれからリハに行ってきます。やるど。


イヤッホーッ!!(と自分を鼓舞してみたり)



d0067750_11400616.jpg


自分を鼓舞

[PR]
by cicocico | 2017-02-07 11:53 | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2017/03/10(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)
[PR]
by cicocico | 2017-02-04 01:11 | Comments(0)