★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
島根大学の客員教授である..
by 地球環境直球勝負 at 16:34
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あれからこれから3ヶ月

 今年もまたキンモクセイの風が漂ってきて、気がつけば9月も終わりです。てことは、ふと気がつけば間もなく年末のスタイルオーのライブ受付開始ってことじゃないですか。開始ってことじゃないですか、などとちょっと他人行儀ですか?いやスイマセンそういうつもりはさらさらなくてもちろん僕も楽しみにしてるんですが、なんせ告知したのが6月でしたからねえ。まだまだずいぶん先の話しだと思っていた部分もあったのですがあれからもう3ヶ月。経ってしまえば早いもんですねえ。ホントはここまでに1回くらいは全員で顔合わせする予定だったんですがなにぶんメインの方がご多忙なようでなかなか、ね。で、やっぱりずーーーーっと何もないってのもなんとなく(ホントにやるのかな…)と一抹の不安を感じたりするわけです。もしかしてアレは夢だったんじゃないか、なんて。そこでふといちばん最初の、告知に先がけてのお知らせをなんとなく見たりしたんです。そしたらですね、


〝久〜しぶりに、Syle-Oのライブが決まりました…〟


(……ん?アレ??『Syle-O』??……『Style-O』じゃなくて???…)


説明いたしますと実はこの部分の文言って、今回ご本人である田中さんとのパイプ役となっている僕らの僕らのリーダー、チャーリーことイノーラさんからメンバー宛てに送られてきたメールをコピペしたんですね。一応バンド名だしオリジナルに忠実にと思って。てかアルファベット打ち込むのもちょっとアレなもんで。まあそれはいいとして、過去に何度かライブをご覧いただいた方ならわかっていただけると思いますが、田中さんの場合、同じようなメンバーであってもその時に応じて様々なバンド名やユニット名でライブをしてたじゃないですか。てことはこれホントは『スタイルオー』じゃなくてたとえば『サイルオー』とか『シャレオー』とかいう別のグループだったらどうしよう…なんてガッツ一抹の不安がよぎったんですよ。誤ったお知らせしちゃったんじゃないかと。あらたな頓挫告知疑惑。そしたら昨日、イノーラさんからまたメールがきて、お店から間もなく情報をアップするので必要事項を云々という連絡があったそうな。なのでやっぱりスタイルオーのライブってことで間違いなかったのでした。よかったよかった。多分。

とはいえ、本当によかったと思えるまで残り3ヶ月。また思ったより早く過ぎるのでしょうか。それとも、なんとはなしの期待と不安がひとつになって、過ぎ行く日々など稚内でしょうか(知らねえよ)。
[PR]
by cicocico | 2015-09-29 23:03 | Comments(0)

思いがけないところで

 お出かけ日和の連休ですがいかがお過ごしでしょうか。僕はとりあえずスタジオにお出かけしてきました。まあリハーサルですけど。少し前、ネコーズでおなじみのピアノの京子ちゃんから、ご友人の歌の発表会があるので手伝ってもらえないかしらと連絡があったのです。去年はピアノだけでの伴奏だったのですが、今年は僕とさらにギターの和史さんにもお願いしたいんですとのこと。2人とも快諾して今年はネコーズバンドでサポートすることになりました。そしてしばらくして京子ちゃんからまたメールがきました。

「あの、歌の先生がチコさんのお知り合いらしいんですけど、ミッキーさんってご存知ですか?」

(…えっ!?ミッキーさんってまさかあのミッキーさん?!)

『大人の時間』も最近ご無沙汰してるけどそうかミッキーさんの生徒さんでしたか。そこで、よく知ってますよ一緒にライブとかやってたし、と返信しておきました。すると期せずして今度はミッキーさんからもメールが。

「ピアノの京子さんから今度のイベントで生徒のサポートメンバー聞いたら、パーカッションの井上さん。ってアレ?これチコですよね??」

やっぱりそうでしたか!間違いありませんでした。すかさず返信。すごい偶然ですけどよろしくお願いします!と伝えました。その後ギターの和史さんと話す機会があったのですが、どうやら和史さんもミッキーさんをご存知なんだとか。だいぶ昔になりますが、ミッキーさんとそして僕のおっ師匠さんも参加していた派手なファンクバンドのライブをよくご覧になっていたそうです。直接の関わりじゃないからまあむこうはそんなに知らないかもしれないけどねと言われてましたが、うーむイッツアスモールワールドだなあ。と、そんなことがあってからスタジオへ向かいました。それぞれ自己紹介してなごやかな雰囲気でリハは進み、ひと息いれているところへミッキーさんが到着。

「おはようございま〜す!チコ〜久しぶり〜〜、よろしくね〜!って、エッ!?どうしてこの人がいるの!?いやだ久しぶり〜!!」

と驚くミッキーさん。どうやら和史さんのこともよくご存知だったのでありました。そこでさらに場がなごみリハーサルが再開。するとコーラスをとる和史さんを見て、えっ!?という表情のミッキーさん。

「うわあ、そうだったそうだった!前もこんな感じで歌ってたよねえそうだった!」

とまたまたビックリしつつも、コーラスまで入れてくれてと感謝されておりました。イヤハヤなんだか偶然とはいえ一気に距離が縮まってつながってしまったのですが、いやあこういうこともあるんだなあと、ちょっとしたミラクルに沸いた連休の1日でした。ちなみにそのイベントはコチラです。僕は数年前に一度、その時はゴスペルグループのお手伝いで参加しましたがにぎやかなイベントでした。今回は3人で一部の最後にCherry-Kさんのサポートで4曲ほど。17時50分頃の出演予定だそうです。ご興味ありましたらぜひ。
[PR]
by cicocico | 2015-09-21 18:57 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2015/11/26(木)【終了いたしました】
赤坂 アンベ・クァトロ 
TEL:03-3585-0065
東京都港区赤坂2-15-1パール赤坂B1
開場18:30 開演19:30
チャージ:¥2,000(ドリンク・フード別)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

================

◆シンシア

2015/12/24(木)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演1st 20:00~  2nd 21:30~
チャージ:¥4,000(ご飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺 敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)
[PR]
by cicocico | 2015-09-15 01:36 | Comments(0)

赤坂の夜

 さて、選別した本をブックオフに持っていったところ思っていたよりも高い金額で買い取ってくれ、スタッフのお兄ちゃんお姉ちゃんたちのテキパキキビキビした仕事ぶりとありがとうございましたあという(お姉ちゃんの)カワイイ笑顔に見送られ非常に気を良くしてルンルン気分で帰ってきたところで、はい、ブレストークです。まずはご来場いただきました皆さま、なんだか大変な天気の中、足を運んでいただきましてまことにまことにありがとうございました。おかげさまで久しぶりの赤坂、アンベクァトロでのライブは無事終了いたしました。いや本当に、この日はご覧いただいたように大きなハプニングもなく、また僕らの僕らのリーダー、チャーリーのトークもめずらしく(!)過度な違和感もなく、そういった意味でもライブは無事に終了したといってもいいでしょう。出だしでちょっとハーモニカの調子が悪いからと予備の楽器と交換したときも、ハーモニカはギターの弦みたいにひとつずつリードをチューニングするのは難しいので、よく使うキーは予備のを用意しておくんですよ、ときちんと説明しスムーズに話しをつないでいましたし、また前日9月9日は重陽(ちょうよう)の節句であること、菊の咲く頃なので菊の節句とも呼ばれ五節句のひとつであることなど季節を意識したトークも披露。この時初めて五つの節句について知った僕などはこっそり87ヘエをあげて感心してしまいました。さすがは僕らの僕らのリーダー、やるなあ。やる時は。ただ、相変わらず僕がおとなしく見えるけれどホントはおしゃべりだという点についてはいただけません。この日は先だってのネコーズライブをリーダーと一緒にご覧になっていたお客さまもいらっしゃっていたせいか、その時の話題になり、ネコーズのライブでは演奏と同じくらいしゃべるんですよ、などと言うではありませんか。でもまあそれも仕方ありません。あの時は僕が中途半端な告知をしてしまいリーダーの誤解も解けなかったのですから。そのツケが今こうしてまわってきたのです。一応、しゃべるのは台本があるからだよ!とキッパリ言っておきましたが、じゃあボクには無理だなあとやんわり返すリーダーが、果たしてどこまでわかってくれたのかはわかりません。終演後、そのお客さまのところへお礼にうかがうと、

「もう〜、森進一やってって言ったのに〜」

と言うではありませんか。

「アハハハ、イヤイヤイヤイヤどんな流れですか」

と私。確かに一部が終わって休憩中にリーダーから、チコちゃん森進一のリクエストきてるよ、とは言われましたけど、いやあそれはさすがに無理でしょう流れ的にも。もっともネコーズにしても流れとはまったく関係なく伊集さんがお茶目にムチャ振りしてるんですけども。確かに真面目なトークのあとで急にはねえ、と理解してくださったそのお客さまはまた、チャーリーのトークは真面目だとほめてくださいました。そして、他の2人が静かにしてるからもっとからめばいいのに、とも。そうすれば話しが広がるわよというお客さまでしたが、そこは私から、いいえ、確かに今日のトークはいい出来でしたが、残念ながらウチのリーダー、キャッチボールができないヒトなので…、とやんわりと、しかしキッパリと本人の前で釘を刺しておきました。のちのち変にからまれても困りますからね。ふう。
  
お客さまといえば、今日はずいぶん久しぶりのお客さまとマニアックなお客さまもいて…、と話していたリーダー。 マニアックなお客さまからしっかり宣伝するように言われたとかで、年末のスタイルオーライブの告知をしておりました。

「以前はもっとちょいちょい活動していたんですが、メインの人がAKBをやってるんで近ごろはなかなかライブができなくて…」

「リーダー、その説明だとまるでAKBのメンバーとバンドしてたみたいだよ」

と私。あ、そうじゃなくて関係者というかスタッフとしてね、と訂正すると、

「ええ〜っ!?あんなカワイイ子たちと一緒にやってたのかと思った〜!!」

と他のお客さまからも突っ込まれておりました。まあこの程度の言い回しならいつものリーダーを知るものからすればまだ上等だと言えますが。そして、そのスタイルオーの頃以来久しぶりというお客さまからはこの日、というか近年で最高とも思われる素晴らしいひと言をいただきました。それはギターのヤングサトーくんの話しになった時のこと。ふとリーダーが、最近なんか髪が茶色になったよね?と聞いたのですが、サトーくんからは、いやあこれでもだいぶ黒に戻しているんですよという答えが帰ってきたのです。

(おひおひ大丈夫かぁ……)

ついにまた変な方向に行きはしないかと内心ハラハラしていた私をよそに、今やすっかり忙しくなっちゃったんで、ライブを決めるのもまず彼のスケジュールから聞くんですよと、話しを進めるリーダー。売れっ子なんですよ、スゴいでしょ?と、久しぶりのお客さまに振ったところ、

「ハイ、なんか、ずいぶんあか抜けた感じがします」

とのお言葉が!もう場内大爆笑!!これほど的を射て無駄のないひと言があるでしょうか!!いやあ笑った〜〜〜!確かにかつて天然由来のボケ成分配合で環境には優しいけれど、まわりからは時として『なんかボヤボヤしている』と言わしめたヤングサトーくんですから、当時を知るお客さまからすればだいぶイメージが変わったことでしょう。いつの間にかメガネしてないしヒゲはやしてるし。それだけじゃなく、もうグラス一杯のビールの力を借りずともアツい演奏ができるしお酒もマルガリータがおいしいなんて言うようになったしこっそりタバコも吸ってるんですから。あ、別にこっそりじゃないか、子どもじゃないんだから。ともかくそれくらいオトナになったってことですね。しかしそれにしても真っ正直ド直球ど真ん中のひと言だなあ。いやホント笑わせていただきました。あ〜〜。ところがそんな素朴なギター少年も、今やいちばんの売れっ子になりパパになり、と紹介していたリーダーが不意に、

「子どもの作り方知ってたんだねえ…」

などと言いだすではありませんか。

(!!…な、何!?リーダー!?…何なのその言葉!!?……)

内心慌てふためく小心者の私をよそに、特にそれ以上深入りすることもなく通り過ぎていったリーダー。いったいどういう意図があっての発言だったのか知る由もありませんが、察するに『素朴』なのに、というようなことを言いたかったのではないでしょうか。多分。イヤ、自身はないですけど。それでもお客さまも聞いていたのかいなかったのか、というよりきっと大人のお客さまが多かったということでしょう。特に騒ぎになることもなく炎上するようなこともなく、ライブは進んでいきました。ただ、小心者の私ひとりが、ココロの奥でボヤ騒ぎだったのです。


ということで、さりげなく『ボヤ』と『ボヤボヤ』をかけたところで本日はお開きです。次回は来月末に国立で。少しは秋らしくなってるといいなあ。

d0067750_2214112.jpg

安心のコンガ(1曲は叩きました)
[PR]
by cicocico | 2015-09-13 22:12 | Comments(0)

選ばれしもの

 久しぶりに青空だったので久しぶりにやる気を出して窓を開け、楽器の整理とメンテナンスをしました。そしてその勢いで本棚の整理にも着手し、いらない本は古本屋に持っていくことにしました。だいぶ前からやろうやろうと思いながら手つかずだったので、気分ものっているうちに作業にかかりました。

駄菓子菓子…(懐)
だがしかし…そうは問屋が卸さなかった!

とっておきたい本と処分する本の選別。ただそれだけの単純な作業が、アタシャできない人間だったのよおおおお…。もっとサクサクとほんの小一時間、遅くとも午前中には作業を終えて古本屋さんに持っていって身軽になって、あわよくばまたなんか面白本でも手に入れてルンルン気分で帰ってこようと思ってたのにいいいい…。一冊ずつ表紙を開いて(あ、これはもう読まない、これはまだ読んでない、これはまた読む、これも読むな、これはまあ…一応とっとくか。これは、おっ?久しぶりだなあ……って読んでる場合じゃないか。えーと次、あら懐かしい!…………ってだから読んでる場合じゃないって、サッさとやるの。ハイ、えーー次は……うーん…どうしよっかなあ………………………ってだ・か・ら!!読んでる場合じゃねえっつってんだよっっ!!!)

気がつけばいちいち読んじゃってんの。そんでもってやっぱりとっておくかばっかりなの。ぜーんぜん処分できないの。仕方ないので心を鬼にして(これしきのことで)残った本をもう1度見直して、ようやく半分(それでも半分)処分することにしたのです。ダンボールに詰め終えて午後4時すぎ。ルンルン気分のもくろみはあっけなく雲散霧消しました。

こうして久しぶりの青空のもと、久しぶりの青空を満喫することもなく地味なボラギノールに終わったアホな私です。したがって昨日のライブの記事もまたあらためて。どうもスンマーソングライター。
[PR]
by cicocico | 2015-09-11 18:42 | Comments(0)

ライブですもの

 ほんのひと月前には連日の猛暑酷暑で溶けかかっていたというのに一転、肌寒い日が続いたりまるで梅雨のような雨曇り雨曇り雨雨曇りの今日この頃。情緒ある秋は何処へいってしまったんだい?と独りブツブツ生ツイッターしているうちに今年もきました椎名さんのモーションブルーライブ。曇りから雨模様ではありましたが、それでもたくさんのお客様がお越しくださいました。どうもありがとうございました。今年の第一部は、懐かしいオリジナルや椎名さんの愛するカーペンターズでゆったりと歌い上げる構成でした。が、1曲目からいきなりハプニングが。ギターの吉澤さんと僕のコーラスと掛け合うように歌うところで、椎名さんの歌が、こない!

(え!?アレッ??)

ゴメン!なんかフッと抜けちゃったの。スイマセンでした!とあとで楽屋で謝っていた椎名さん。めずらしいこともあるものですがなんのなんの、一瞬ハッとしましたけどこれもライブというものです。ただ、歌詞飛びじゃなくて万一曲の入るタイミングを間違ってたらエレえことになる、ズレたまま歌ってちゃったらヤベえな…場合によっちゃ止めた方がいいかもしれねェ…などとピアノの恩田さんは一瞬のうちに色々心配したそうです。さすがバンマス。一瞬のうちにお疲れさまでした。あと、ゆったり系の一部の中で個性的だったのが『Dramatic<Drastic』という曲。スタッフさんの言っていた「井上さんの熱いパーカッションから始まる曲」がこれでしたね。原曲はアルビノーニのアダージョというクラシックの曲なんだそうですが、スパニッシュというか情熱的というかとても勢いのあるアレンジになっていて、僕も「カホン命!」な感じで叩きまくりましたがとても楽しかったです。もちろん気持ちは込めましたが、カホンの中に肉やスパイスを込めたり演奏直前までオーブンに入れて焼き上げたりはしていませんので、そこはご了承願います。そして第二部では過ぎ行く夏に思いを馳せるような曲を集め、ラストは名曲『オー・シャンゼリゼ』をフランス語で。と、ここでさらなるハプニングが。ちょっとストップ!ゴメン止めて!と椎名さん。

(え!?なに??)

ハッと見ると、あらら腕のアクセサリーがドレスにひっかかちゃったんですね。これじゃあ歌えないっス。すかさずスタッフさんが救助に駆けつけて無事解放されましたが、いやあこんなこともあるんですねえ。でもなんのなんの、これもライブというものです。なんだか最後にその場もなごんだようで、それはそれでけがの功名だったかもしれません。オホホ。そんな、いろいろあった今回のライブで別にハプニングではないんですが個人的にめずらしかったことは、コンガが登場しなかったことです。いやもちろんスペースとか何かの都合でカホンだけみたいなライブもやったことはありますが、ここの現場では初めてのことでした。最終リハで通しをやった後、ふと、アレ?…と気がつきました。もっと早く気がつけって話しですか。イヤでも新曲もありましたしアレンジにもよりますしねえ。毎度リハのたびにエッチラオッチラ搬入していたあの労力はなんだったんでしょうか。選曲の妙というか、まあたまたま偶然ですけどこんなこともあるんですねえ。この日いざ楽器をステージにセッティングしたら、いつも目の前にあるコンガがないとなんだかさびしい、というかなんだかスースーするというかハズラカシいというかパンツはき忘れた的な感じがして最初ちょっと落ち着かなかったです。イヤン。

「ハハハハホントだイヤめずらしい風景ですよホラ椎名さん見てくださいよハハハハチコさんの足が見えますよホラホラ丸見えですよハハハハ」

などと吉澤さんがあおるもんだから椎名さんもアラ?ってな感じでこっち見るし、もうハズラカシイったらありゃしない。ヤダもうコッチみないでよおもおホントにいい〜!と私。アホか!(アホです)。まあ確かにカハンシンをロシュツさせてしまったのは事実だけど(大アホです)。まあメニューの関係でたまたまこういうこともあるんだということです。え?たまたま??(やかましい)

ということで、せっかくの素敵な横浜の夜を、こんなカタチで締めくくりです。次は叩かなくてもコンガをセットします(嘘)。

d0067750_22295279.jpg












イヤン
[PR]
by cicocico | 2015-09-07 22:30 | Comments(0)