★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
遅くなりましたが、今年も..
by ミユキ at 21:33
>てぼたんさん 焼酎は..
by cicocico at 00:35
ちこちゃん♪ 楽しいラ..
by てぼたん at 10:58
>s.i.s さん お..
by cicocico at 21:44
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花の咲き始める頃

d0067750_14344626.jpg

 仕事やそれ以外でもいろいろお世話になっている音楽家、江戸っ子ノダさんのご子息が初めて舞台に立つというので拝見させていただきました。…ってなんか微妙に堅苦しい感じなのは、ここ半年ぐらい子豚さんだったってのもありますが、やっぱり初舞台って緊張するじゃないですか。イヤ、もちろん自分が立つワケじゃないのはわかってるんですけど、いざ客席に座ると、なんというかご近所のオジさん状態ってんですか。オレらのそーちゃんがいよいよ舞台に立つってんだからよ、なんか居ても立ってもいられねえじゃねえかチキショーめ。でもまァ、あの子のことだ、大丈夫に決まってるんだけどナ。おう、マジでョ。といったい近所のオヤジなんだか恩田さんのニセモノなんだかわからないほどキンチョーしてしまいました。でもそれも当然でしょう。思えば今は亡き(←イヤ生きてるから)F田K次郎くんのご縁で初めて会った時は、まだ小学校に入る前でしたもの。あのクルクルとちっちゃかった子がよくまあ立派に育ってくれて、それでとうとう初舞台だなんてねえ。そんなあの子の晴れ姿を見られるなんて、あたしゃあ幸せモンだねえぇ。とむしろご近所のオバさん状態ってんですか。知りませんか。ともかくそんな感慨とキンチョー感をもって初舞台をを見て参りました。いやあいいお芝居でしたよ。彼が登場した時は思わずガンバレーッ!って手を振りそうになりましたけど(←本番中の声かけはダメダメ)それからはすぐにリラックスして最後まで楽しませていただきました。終演後、ノダさんと親子そろってちょっとだけ会うことができたのですが、なんだか余裕というかオトナな感じを受けました。きっと相当練習積んできたんだろうなあ。背もまた少し伸びてて僕などもう間もなく抜かされることでしょう。初日にきたというF田K次郎くんはとうの昔ですな、ウフ。そして、これからまたココロもカラダもどんどん成長していくんだろなあ。さらにいいお芝居ができるようガンバってね。あ、小芝居なら僕にも聞いてね(←黙ってれ)。

さて、帰るときに少し遠回りして上野駅へ向かいました。このあいだ開業したばかりの『上野東京ライン』に乗ろうという魂胆です、ホッホッホ。そしたらなんか週末とはいえけっこう人が多くて、こんなに鉄道好きが!?と思ったらそうじゃなくて、どうやら上野公園の桜が目当ての人々なのでした。まだ咲き始めたばかりのはずですが、さすが有名どころなんですねえ。こちらもまたどんどん花開いていくんだろうなあ。


いろんなところで、サクラサケ!



d0067750_14351453.jpg
(これはうちの近所の)
[PR]
by cicocico | 2015-03-30 14:37 | Comments(2)

市電にのってきた

 横浜に市電保存館があるんだよと教えられたので行ってきました。いやまあゆるやかな鉄道好きとしては名前くらいは知ってはいましたが、これまで特にそれ以上深く追求することもなくいたのです。で、場所を聞いたらアラいやだ、車でわりとよく通っていた国道16号沿いじゃないですか。全然気がつきませんでしたよ。まあそれもそのはず、国道側からはフツーのアパートにしか見えないんですもの。入口は反対側にあってそのアパートの1階部分が市電保存館になっているのでした。そしてアラいやだ、入館料は100円ですって。安い!けど展示車両やジオラマ模型など思った以上に充実していて見ごたえがありました。これで100円。安い!出かけた日は雨の落ちてきそうな肌寒い天気でしたが、親子連れがたくさんきていましたよ。小学校に入る頃まで横浜に住んでいた僕はかすかにでもハッキリと、市電やトロリーバスが走っていたのを覚えていたのでなつかしくも楽しかったです。ただ、市電もずっと都電荒川さんのイメージだったんですが、実際の車両はひとまわりも大きくてびっくりしましたけど。

d0067750_10231817.jpg
 展示車両の座席に何かを発見

d0067750_10234787.jpg
 なんと運転士さんの制帽!

d0067750_10241447.jpg
 思ったより小さい(というより頭が大きい)

d0067750_10243537.jpg
 なんか蛭子さんぽい

ちなみにここで僕がいちばん気に入ったのは、パソコンの市電車庫入れゲーム!ウヒャヒャヒャヒャ!!トラバーサーを操作して次々やってくる市電を正しい車庫に振り分けていくだけなんだけど、妙にハマってしまいました。やっぱりゲームはこういう単純な方が熱中するんだよねえ。いやもちろん独り占めなんて大人げないことはしませんでしたよ。ちゃんと子どもたちに配慮して、展示物を見たりしつつ誰もいなくなったらまた戻るみたいな。ヘヘヘ。あーでももしこの上のアパートに住んでたらきっと毎日通ってしまいそう。100円握りしめて。ワハハハ。そして受付係の間でウワサされることでしょう。毎日やってくる変わった人がいるわよって。

そうです私が変なオジサンです!(アジの開き直り)
[PR]
by cicocico | 2015-03-28 10:28 | Comments(0)

宙返りは突然に

 夕方、JR桜木町駅前を歩いていたら、前方を歩いていた人がいきなり前方宙返りしたのでビックリしましたわ、いやホントに。タイトルのまんま、何のヒネリもなくてスイマセン。てかヒネリじゃなくて宙返りです。いやホントに。でもまわりにあまり驚いた様子の人がいなかったのは、突然の出来事で見ていなかったのか、それとも大道芸かなんかだと思っていたんでしょうか。よくこの駅前の広場では、ストリートの方々が歌ったりパフォーマンスしているみたいだし。でもそのお兄さんはフツーっぽいコートを着てたし宙返りしたあとそのままスタスタ去って行っちゃったから、出し物って感じでもなかったんだけどなあ。それともそういう出し物だったんでしょうか。うーむ、ヨクワカリマセン…。あるいは春だから急に宙返りしたくなったのかしら。

「ハイ、気分がいいと宙返りしたくなるんですよ!」

なんて。あ、なんか、ビックリするとメガネが落ちるんですよ(懐)みたい。とりあえず、そんな変わったヒトを目撃したというご報告でした。

(そういうアナタもと言われる前にそそくさと幕)
[PR]
by cicocico | 2015-03-22 19:50 | Comments(0)

またぞろ虫がうずきだす

 めずらしく何の予定もなかった先週13日の金曜日。ただでさえ春が近づいてうわついた気分になっているところにきて、この日は風もなくよく晴れたもんですからさあ大変。一刻も早く出歩かなければ!ってことで久々にフラフラと散策(徘徊)することにしました。といっても人混みに流されて変わっていく私を遠くから叱られるのはイヤなので、大都会やわざわざ遠方の観光地景勝地へ出かけることは避け、ま、いつものようになんてことない近いところをウロツイてみることにしました。とりあえずなんにも考えず駅まで行き、たまたま来た電車に乗ってみるということだけ決めました。するとどうでしょう、

「もしもし、お兄さん…」

家を出て早々に背後から呼び止められました。ドキッとして振り返ると今追い越したばかりの小柄なお爺さんが私をジッと見ています。もちろん見知らぬ人です。

(ヤベ…なんだろ?なんか失礼なことしたかな…)

たちまちキンチョーする小心者の私。ジェイソンには気をつけていたのにジイサンは無警戒だった!

「カバンが開いてますよお」

えっ!?と見ると背中のリュックのチャックが開いていててろ〜んとなっていたのです。ありゃりゃ。

「うわスイマセン。どうもありがとうございました」

私はその親切なお爺さんにお礼をのべ、なんとなく早足に歩き去りました。ひえぇ…お爺さん、勝手にキンチョーしてなんかスイマセンでしたぁ。

なだ早々にそんなイベントを開催してしまいながらも無事駅までたどりついた私。なんとなくスイカのチャージ残高を確認してから自動改札を抜けました。そして先にホームに入ってきたのは下り。赤い京急の電車です。

(そういえば早咲きの桜が見頃だったかな…)

あちこちポスターも貼られていたのを思い出した私は、土日は混みそうだけど今日は一応平日だし大丈夫だろってことで、三浦海岸の河津桜を見にいくことにしました。左手に海を眺めながら電車は快走。駅に着くと、おおそれでも思った以上に老若男女けっこうな人々が下車していきます。

(…うーん……よし、やめよう!)

あまのじゃくな私は人混みに流されて変わっていって遠くから叱られるのを避け、終点の三崎口で降りることにしました。思いついたのは小網代の森です。貴重な生態系が残るこの森は保全のための活動が続けられていたのですが、散策路などの整備が完了した昨年に一般開放されたのです。なかなか行く機会がなかったのですが、人々が桜に気をとられているスキにコッソリ(する必要はないけど)この貴重な森を体験してみようと思ったのです。もちろん事前に何の下調べもなく出てきた私は、駅でも特に道を聞いたり調べたりすることはせず歩き出しました。今日はフラフラと散策(徘徊)することが目的なのですからあまりキチンと調べたりせず、基本行き当たりバッタリでいいのです。ただ、そういう趣味があるわりには小心者のため、時に地元の人に話しかけられてキンチョーしたり、東室蘭後藤さん事件のようなことをおこしてしまうのですが。
(*なんのこっちゃ?という方はコチラの記事をご参照ください)

さてそんな私がまず目指したのは三戸浜です。ほとんどの人がバスに乗り継いで油壺や三崎に向かう中、季節外れの小さな海岸に向かう人はほとんどありません。小心者のフラフラオヤジには好都合ではありませんか。フラフラオヤジ略してフラオヤジ。そんななんだかフラガールっぽいフラオヤジは国道から横道に入ります。なんでそっちに向かったかというと、実は以前にもこのあたりをフラフラしたことがあり、大きなスナフキンを救助しかけたりしたのですが、その散歩で三崎方面にさまよい歩いていく途中に確か小網代の森をかすめたのを覚えていたからです。人けのない歩道を歩いてゆくとだんだん畑が広がってきました。空も広いし桜こそないものの、土手には名前はわからないけど小さな花が群れ咲いていてオレンジ色が鮮やかだし、遠くにおぼろに富士山も見えたりして気分はグングングルト急上昇。そしておお!なんと大きなスナフキンもいたではありませんか!ちょっと汚れてるようだったけど元気そうでなによりだよ。イヤそうでもないか。ただ、記憶だとそのあたりで曲がって行った気がするんだけど、今日はなんか警備のおじさんがいてそっちには入れてくれそうもない雰囲気です。ダンプも出入りしてるし工事でも始まったんでしょうか。まあ他からも行けないことはないだろうと、そのまま先へ進んで行きました。道ばたに咲いている菜の花が大根の葉や春キャベツの緑に映えて気分はさらにグングングルト急上昇。そんな気分的には充実の散策(徘徊)でしたが、結果からいうと小網代の森へは行けませんでした。だいたいこっちかなあと進んで行った道は畑の先で途切れ、そこから崖を下るとどうもプライベートビーチみたいになっているようで海岸に沿って行くこともできないようでした。
(*帰宅してから調べたら、やはり三戸浜方面からは小網代には行けないのでした。やっぱりスナフキンのところを曲がるんだったのね)

そこでいさぎよくあきらめ、同じ道を戻るのもなんだし代わりに三戸浜を見て行こうと再び方針を変更。海は見えてるのだからどこかに降りる道があるだろうと歩き続けましたがそんなものはどこにもナッシング。最後にもうここしかないと踏んだ道も、崖の上の畑の端ですぐ下に砂浜は見えるのに残念行き止まり。万事休しました。すごすご途中まで引き返して急坂を下り、違う道を歩いて駅へ戻ることにしました。まあ戻るったってこの時点で地図もないしそもそも初めて歩くところなんですから自分のカンだけが頼りなんですが。そして人はそういう時に限って道を尋ねられたりするものです。カンナビゲーションにしたがって進む私の前方に、小さい子ども連れでハイキングにきたとおぼしきリュックを背負った女性が2人、なにやらキョロキョロ話し合っています。

(ヤベ…絶対道聞かれる……)

たちまちキンチョーする小心者の私。一瞬引き返そうかと思う間もなく私を見つけたその女性の1人が、

「すいません、海岸はどちらかしら?」

と尋ねてきました。普通の町を地元の人のフリして歩くのが好きな私ですし、そもそもあてもなく家を出てきたのでこの日もまた近所に買い物にでも行くぐらいの普通の格好でしたから、もしこのあたりの住人と見られたとすれば、それはある意味思惑通りともいえるのですが、

(あぁ…オレ、ここの人間じゃないんだけど……)

なんとも面倒な小心者。しかしそんな感じはおくびにも出さず、

「ハイハイ、あ、地図とかお持ちですか?」

と返しました。私はその女性たちが話している姿を見た時、地図らしきものを手にしているのを見逃さなかったのです。地図さえあれば何とかなる!そんなとっさの判断がありました。こんな程度の地図なんですけど、と渡されたそれは、確かにそれほど詳細なものではありませんでしたが、そこに『光照寺』という文字を見つけました。それはたった今私が通り過ぎてきたお寺です。

(!…ということはここを反対側へ行けばいいんだから…)

地図の読める男は確信しました。

「ええっとですね、すぐ先がこのお寺なので、そこを右に行くと海の方向です」

「すいません、ありがとうございました。さあみんな行くよ〜」

確信したわりに『海岸です』ではなく『海の方向です』と言ってしまうあたりが弱虫!消防署のほうから来ましたっつって消火器売りつけるのに似てるじゃねえか。ウウシクシク…。
(*帰宅してから調べたら、ちゃんと海に出られることがわかりました。よかったぉ…)

そうしてその後、なるべく違った道で帰ろうと選んだルートでたちまちさっき来た道に出てしまった私。地図は読めても持ってなけりゃ役に立たないことを思い知らされました。カンナビゲーションも不調。ちぇ。まあでも楽しい1日でした。懲りずにそのうちまた行くぜ。
d0067750_18323326.jpg

d0067750_18321627.jpg

d0067750_18324137.jpg

d0067750_18331672.jpg
 そして、見たあとは食べた。
[PR]
by cicocico | 2015-03-17 00:57 | Comments(0)

春の始めのすっとこどっこい

 3月になって早々、よく晴れて気分のよい日に確定申告に行ってきました。イヤ別に天気がよかったからってわけじゃなくて、ようやく提出の準備がととのったからですが。それでも毎度駐車場は大変混み合うので公共交通機関を利用する人間としては、やっぱり晴れていた方がいいですよね。昼過ぎに家を出て電車で最寄りの駅で降りるとどこからか、

「ホー…ホ〜ケッ!ホ〜ケッ!…」

と鳴く声が。おお!今年の初ウグイスです。まだうまく鳴けないところがもどかしくもかわいいじゃありませんか。姿が見えなかったので一瞬駅の構内放送かとも思いましたが、そうだったらちゃんとした鳴き声を流しますわな。そりゃそうだ。それがちょっと盛りは過ぎたみたいだけどチラホラ残る梅の白い花にかさなって、梅とウグイス。いいじゃありませんか。とさらに気分をよくして改札をでます。2年前に新庁舎に移転した税務署までは駅から徒歩約10分ほど。天気もいいしバスに乗るほどでもないのでトコトコ歩きました。やがて建物が見えてきたのですが駐車場待ちの行列もなく思ったより空いているようです。平日のこの時間だからでしょうか。でも人の出入りはあるので閉まっているわけではなさそうです。だんだん近づくにつれ、

(ん?あれ??…)

なにか違和感を感じました。なにかがいつもと違う雰囲気なのです。

(そういえば『確定申告会場』って看板もでてないな…)

そこでさらに接近。建物の入口まできて

(…アアッ?!…ここ商工会議所じゃねえかっっ!!)

なんと僕は税務署のつもりで商工会議所を目指していたのです。ガーン!確かに一時期、商工会議所も会場になっていた時に来たことはありました。しかし去年すでに新しい税務署に出向き、この日も出がけに申告用紙の入っていた封筒で場所を確認していたにもかかわらずのこのていたらく。なあんてこったい!と我ながら見事なすっとこどっこいぶりに、思わず笑ってしまいました。駅まで戻ってひと駅乗ってもまた税務署までは同じくらいの距離があるので、もうそこから直接歩いていきましたよ20分ほどかけて。そして無事提出を済ませてきましたけど、道すがらに咲いていた小さなタンポポに、なんか笑われてるような気がしました。タハハ。

…あ、もしかしたらウグイスも笑ってたのかもしれないス。イヤハヤ。
[PR]
by cicocico | 2015-03-06 22:17 | Comments(0)

代々木セレクション

 ちょっと油断しようがしまいがやっぱりライブが終わって1週間が過ぎようとしています。ってもういいですか。はい、サーセン。ということで代々木アルティカ、ブレストークのライブにお越しの、僕らの僕らのリーダーいわく選りすぐりの皆さま、どうもありがとうございました。年々メニューの決定が遅くなり、近ごろは当日の本番前にようやく曲目が決まったかと見せかけてその日の状況やお客さまの雰囲気によって不意に曲を差し替えるなど、フレキシブルな対応をする僕らの僕らのリーダー、チャーリーです。ようやくシンシア姐さんのところでは事前にメニューが決定するようになってきたのにこれでプラマイ0。チャーリーはいつでもどこでもチャーリーなんだよという、かつての盟友の言葉を、心の底から噛み締める私です。この日の第一部はしっとり目にお送りする中、いつもの「小さいギター」でロック調の『カントリー・ロード』と、新しく『It's Only a Paper Moon』も弾き語りというか吹き語りました。本当は違う曲にトライしていたそうですが思ったよりハードルが高かったので変更したそうですが、それが何という曲なのかは言えないそうです。むう。それでも弾き語りというか吹き語りは好評だったのでもう1曲、ダニーさんの『俺も少年だった』を追加で演奏することに。ただ、急に決めたのでこの曲に合うハーモニカがなく、キーがEになるけど大丈夫?とヤングサトーくんに確認していました。そこで僕は、あ〜ゴメン!Eだとちょっとキビシいからこの曲は休んでいい?とリーダーに言ってみたところ、そっか、じゃあしょうがないね、とアッサリ返されてしまいました。僕としては、

「休んでE?」

のところを拾ってほしかったのですが、まあそれを僕らの僕らのリーダーに求めるのはやっぱり難しいでしょう。だいたいこの曲オレ最初から演奏してないし。ま、それはさておいて、やっぱり心にしみるいい曲ですね。こうしてこの日、弾き語り3曲。持ちネタすべて 終了!だそうです。さて、休憩中にお客さまにリクエストをとった僕らの僕らのリーダー。チコちゃんが活躍する曲がいいってさ、と言うのです。まあ一部が静か目だったこともあるのでしょう。そこでオリジナルからにぎやか目の曲ってことで『Gokigen-ikaga』と、久しぶりに『素顔のままで』を演奏したのですが、どっちも速いこと!リーダーとサトーくんがそれぞれカウント出した瞬間に、ウッ!?マジで…!って思いましたもん私。普段ならどってことないフレーズ叩くのがキツかったぁ。ちょっと速かったねと苦笑するリーダー。いえいえだいぶ速かったです。にぎやかっていうより単にテンポがあがっただけじゃねえか!と心の中でツッコンでおきました。ふうヤレヤレ。そんな天然のシゴキに耐えながらも、不思議なトークと素晴らしいハーモニカの違和感満載のステージはいつものように無事終了したのでした。ご来場の皆さま、あらためましてありがとうございました。そしてなんとなくお疲れさまでした。
[PR]
by cicocico | 2015-03-02 16:15 | Comments(0)