★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
遅くなりましたが、今年も..
by ミユキ at 21:33
>てぼたんさん 焼酎は..
by cicocico at 00:35
ちこちゃん♪ 楽しいラ..
by てぼたん at 10:58
>s.i.s さん お..
by cicocico at 21:44
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春の海へ

 陽気に誘われて春の海を見に行ったのである。元湘南ボーイであり現長男ボーイである私なので目指すは当然、富士をバックにした湘南の海。しかしまたも写真は1枚もないのである。つーか風が強くて強くて、とてものたりのたりとひねもすどころではなかったのである。それでも心の中で小林旭の赤いトラクターを歌ったりして風に逆らいながらしばらく海を見ていた。が、それだけでもかなり体力を使うようで、風のこないところに移動するとなんだか全力で運動しました感に包まれ、やや呆然としてしまった。ヤレヤレ。それにしても漁港にはトンビが多かったなあ。おこぼれの魚を狙ってるんだろうけど上空をワンサカ旋回しているんだもの。カラスなどより大きいのでけっこうな迫力だ。最近は海べりの観光地とかでも客の弁当やお菓子をかっさらっていくらしく、あちこちでトンビに注意の看板を目にするようになったけれど、おおいに納得させられました。まあしかしこんな強風の中でよく飛んでいられるもんだと感心しつつ、さらわれることもなく無事に海を眺め、ヤリイカ定食を食って帰ってきました。




d0067750_2248442.jpg
せめて無事だった証拠の写真を
(だが、みそ汁にされてしまった)
[PR]
by cicocico | 2011-04-26 23:51 | Comments(0)

続・存在感

 そういえば、男子トイレのセンサーが反応しないこともあった。着ている服がある程度以上の値段じゃないと、シカとされてしまうのだろうか。そのまま立ち去るのもなんとなく気が引けたので、洗浄水を流していこうとセンサーに手をかざしていたら、後から入ってきた人に変な目で見られてしもうた。
[PR]
by cicocico | 2011-04-24 18:26 | Comments(2)

存在感

 なんでかわからないが、自動ドアのセンサーが反応しないでとおせんぼされてしまうことがある。今月はなんか多くて今日で3回目。ジタバタ手を振り回したら開いた。どうも順調に影の薄い人生を歩んでいるらしいこのところの私である。
[PR]
by cicocico | 2011-04-21 22:49 | Comments(0)

あると思います

d0067750_16563489.jpg

今春も順調に新玉を食ってる私です。本日は農家の直売所で買ったのだが、この青い部分は食えるのであろうかしら…。

いやきっと、なんだかうまくいけそうな気がする〜。


同じネギなんだし…

帰ったら試してガッテンだ。
[PR]
by cicocico | 2011-04-17 16:56 | Comments(0)

桜色の町

 写真の1枚も撮らないで言うのもなんですが、今ウチのまわりは桜が満開です。数日前から咲き始めてはいたのですが、気温があがったので一気に全開って感じでしょうか。歩道の並木や小学校の校庭が淡い色でまぶしいくらいです。普段なにげなく通り過ぎていたちょっとした空き地などでも1、2本が堂々と咲き誇っていたりして、おお、こんなところにもずっといたのかサクラちゃん!と気づかされたりしてます。公園ではたくさんの人たちがにぎやかに花見酒。うまいだろうなあ〜、いいなあ〜。遠くの山や雑木林なんかにもけっこう山桜が生えていて、それらが新芽の色に混ざっておぼろに光っています。ムッフッフ。今年もまた、ぼんやりした空気に誘われてぼんやりしたオツムでフラフラとしている怪しいオッサンの私です。

お〜い、サクラぁ〜。




d0067750_22481148.jpg
せめて桜まんじゅうの写真でも
(しかも食いかけ)
[PR]
by cicocico | 2011-04-12 22:48 | Comments(1)

いつもみたいに

 横浜は伊勢佐木町でのライブ、とどこおりなく終了いたしました。この夜のシンシアさんは初っぱなから飛ばしてましてねえ。ちょっとココでは書きにくいトーク、ま、野球で言えば低めいっぱいのトークをビシビシと投げこんできまして、またそれを吉澤さんがバシバシと受けるもんですから、妙なテンションで一気に盛り上がっていきました。いつにもまして変な漫才コンビみたいでオモシロかったです。開場前、お客さんは来てくれるのかねえ、なんて言ってたシンシアさんですが、馴染みの方々がいつものように来てくれたこと、会えたことを大変よろこんでいました。吉澤さんや僕もしかりです。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。普通にライブをするなかであらためて、元気なライブで元気をもらうのはお客さんだけじゃなくて僕らももらってるんだなあと感じた次第です。ありがとうございました。この夜は吉澤さんもオリジナルを歌ったり、シンシアさんとCKとのデュエットもあったりとなかなかにぎやかなステージになりました。そしてまた、リハーサルで確認した曲のうち、演奏したのが3分の1くらいだったのもいつも通りです。優雅に見える白鳥が見えないところでは必死に水をかいているように、僕らもまた密かに必死に譜面をさがしていたのもいつも通りです。ひぃぃ〜。ちなみに本番前にも2時間以上リハしてたのにぃ…。吉澤さんも「いやもう今日は2回公演ですよねチコさんすいませんねえいつもホントにでもまあこれもいつも通りなんでまあ相変わらずですけどよろしくお願いしますねチコさんホントに…」と苦笑いしておりました。そんなシンシアさんの次回は、6月1日の予定です。

やっぱり譜面用のファイル買うかなあ…。
[PR]
by cicocico | 2011-04-08 12:33 | Comments(0)

『あ゛〜』の真実

 さて、駄文復活を宣言したとたんにパソコンが虎舞竜になり、一気に手の届かない存在になってしまったり、まんまと罠にはめられて違うサイズのやっすいGパンを買わされワナワナするなど、なにかとチグハグな感じのここんところのワタクシですが、そんなことにはおかまいなく綴っていこうと思います。ワナワナ、縄の罠。

で、すーーっかり時間がたってしまいましたが、3月8日に南青山でおこなわれたコージローくんのライブについての記事、載せることにしました。書きかけのままということもあって迷ってたんですが、まあよくよく考えてみれば書きかけだろうがなかろうがたいして内容に差があるわけでもないし、やっぱりキチンとお礼しなくちゃなあという気持ちもありましたので、今更ながら載せることにしました。なお、登場する人物や役職、価格、ネタ等は当時のものであり、現在とは異なる場合もあります(←それほど昔じゃねえよ)。

てことで以下。

***************

 はい、福田さんとその周辺の人々によるライブ、終了いたしました。何かと忙しいこの時期にお越し下さったみなさまありがとうございました。福田さんにとってはブルーマウンテン初登頂でありましたが、予想以上にお客様も足を運んでくださり、また予想以上に好評を博すことができたことは、彼にとってもありがたいと同時に大きな自信になるでしょう。もちろん一緒に演奏している僕らにとってもうれしいことであります。器材入れ替えのためバタバタ撤収となってしまいましたが、この場を借りてあらためてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

1月に続いての豪華な、でもさらに気心の知れた仲間との音のキャッチボールはとても楽しかったです。今回は全曲参加の恩田さんのピアノは相変わらず華麗で、なんというか音符が光ってるんだよなあ。野田さんのアコギは気持ちいいと同時に、あのカッティングがあることでリズム的にも僕はすごく楽になります。隣にはウッディさんがいるので安心感があるし、実際バンドを安定させつつ、いいところでポッと歌うフレーズが出たりね。で、コージローくんも初めてのマンダラで力むこともなく、普段通りの感じで(笑)(←何故(笑)が?)堂々と歌っていたのでよかったです。次回はどんなかたちでできるのかまだわかりませんが、やっぱり僕は彼の歌が好きなので、できるだけ関わっていたいとは思っています。


…と、キレイにまとめて終わればカッコいいのですが、細かいところでは個人的にもいろいろヤラカしていたのも事実なので、自戒も込めつつもうちょっと書いてみますと、

A:本番前に楽屋の椅子の脚を折る 
B:話しをふってしゃべらせずに先に行く
C:カウントでミスる
D:トークでかみまくる
E:曲の出だしからしくじり演奏をやりなおす

この日起きた出来事をザッとあげてみましたが、この中で私がやってしまったことが1つありますが、それはどれでしょう?

【ヒント】
他の4つは同一人物の作品です。

ハイ、全然ヒントにならなかったところで、正解はC。曲つなぎの部分が本番直前に変更となり、まずパーカッションのリズムが先行、ギターのチューニングが整ったのを見計らってカウントで曲に入ることになったのですが、不覚にも呼吸が合わず、私が一瞬ちゅうちょしてしまったがために、とっさにウッディさんがフォローしてくれたのですが、曲の入りで若干乱れが生じてしまいました。リズムをつかさどる者としては痛恨のミスです。前日の記事でさんざん言っておいてこの体たらく。恩田さんから、

ハ)「バカヤロゥ、そんな合図じゃ入れねえよ」

と名言を浴びせられなかったことがせめてもの救いです。メンバーの皆様、どうもスンマーソングライター。まだまだ日々精進あるのみです。ところでこの日、残念ながら恩田さんと野田さんのピアノ連弾が披露されることはありませんでした。確か以前は、

d0067750_14143322.jpg
サポートメンバー
 野田sis浩平(Gt/Pf)
 ウッディー渡辺(Ba)
 井上cico浩一(Per)
 恩田直幸(Pf)
となっており、この点について私は疑問を呈したのですが、明確な回答を得られないまま本番を迎えました。そして当日の朝、私が救心片手に何気なくのぞいた先で目にしたのは、

d0067750_1415073.jpg
サポートメンバー
 野田sis浩平(Gt)
 ウッディー渡辺(Ba)
 井上cico浩一(Per)
 恩田直幸(Pf)
なんと、いつの間にか何者かによってデータが改ざんされていたのです。これでは連弾などできるはずもありません。私は手から救心がこぼれ落ちるのも忘れ呆然としました。いったいいつ、誰が、このシステムに侵入しデータを書き換えたのか?…。私はこのことをメンバーに伝えるべきか悩みました。しかし大事なブルーマウンテン初登山を前にチームが動揺することは避けるべきだと判断、また童謡するなら私が一人で口ずさめばいいと、全ては胸の中にしまっておくことに決めたのです。しかしこのことが逆に、自分自身でも気づかぬうちに過度の緊張を強いることになり、結果として中途半端なカウントをすることにつながったと言えなくもなくもなくもありません。しかし因果関係が明らかにならない以上、いや、たとえ明らかになったとしても、童謡するのは一人でいいと判断を下したのは私自身であり、その責任は私自身が負うべきものでしょう。それにしても、あのデータ改ざんさえなければ…。私は己の心の弱さを痛感しつつも、まるで計ったかのように本番直前のこのタイミングで、これだけのことをあっさりとやってのけた姿の見えない相手に、何かとてつもない不穏な空気を感じています。おそらくこれは、かなり大物のしわざとみていいのではないでしょうか。あるいは、かなり小物のしわだとみていいのではないでしょうか。


長い言い訳、以上。

***************

ハイ、以上。ものの見事に言い訳で途切れてますが、まあいいでしょう。助さん角さん、もういいでしょう。ええい、静まれ静まれ〜い!てことでお願いします。お越し下さった皆さま、あらためましてありがとうございました。


それにしても思うのは、もし野田さんと恩田さんによる連弾が成立していたらどうなっていたのだろうということです。コージローくんの言葉を借りれば、ノザサンとオンザサンによる連弾ということになりますが、これを英訳すると、

“No The Sun & On The Sun”

ということになります。

それは闇と光。あるいは絶望と希望。それとも前向きにとらえるならば、朝の来ない夜はないといった解釈もできるでしょうか。何か70年代ブリティッシュロックのアルバムタイトル、それも名盤の匂いさえただよって来るではありませんか。私はこの事実に驚くと同時に、これはコージローくんからの隠されたメッセージだったのだと気づきました。

彼が伝えたかったもの。

かつて私の問いかけにも「マジすか?…あ゛ぁ゛〜…」と言ったきり、決して修正しようとしなかった(Gt/Pf)の表記には、実はそんな深い思いが込められたのです。私は己の未熟さを恥じながらも、そんなコージローくんがいつか世界に羽ばたく時がくること、大化けする日がくることを予感しています。そしてまた、大ボケする日がくることは実感しています。


最後にひとつ。私がずっと気になっていること。

それは…


《なぜ自分のことだけは『フクザ』と言わないのだろう?…》


«おしまい»
[PR]
by cicocico | 2011-04-04 14:55 | Comments(0)

じっちゃんは何かけて?



 …て、ちっっがーうっ!じっちゃんの名にかけて!である。

冷たい雨の降るその日起きた、やっすいGパンが伸びるという原因不明の不可思議な現象に立ち向かった私である。あらゆる角度からの分析、多方面にわたる調査の結果、ついにその真相をつきとめることに成功した。明らかになったその意外な事実とは…

d0067750_13123121.jpg

『そもそもサイズが違っていた!!!』…これが真相だ。

からくりはこうだ。やっすいGパンを購入する際、確かに試着をしサイズを選んではいたのだが、色違いで棚からカゴにいれた3本のうち1本だけが一つ上の長さだったのだ。同じサイズであるならば試着をするのは最初の1本で充分であり、わざわざ3本とも試着する人間はいない。そこで犯人は一色だけ一つ上のサイズのGパンを置いておいたのだ。人間の心理を逆手にとった見事なトリックである。
(つーか単に戻すときに間違えたのかもしんないけど。棚には似たようなサイズが色々並んでてわかりにくいからね)


いずれにしても…


謎は、すべて解けた。


…結論。

Gパンが長かったのであり、私の足が短くなったのではない!
(…結局、それが言いたかったのね…)
[PR]
by cicocico | 2011-04-03 13:15 | Comments(0)