「ほっ」と。キャンペーン

★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
遅くなりましたが、今年も..
by ミユキ at 21:33
>てぼたんさん 焼酎は..
by cicocico at 00:35
ちこちゃん♪ 楽しいラ..
by てぼたん at 10:58
>s.i.s さん お..
by cicocico at 21:44
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

始まりと終わり

 見事な満月で始まった1年も気がつけばもう最終日です。ものごとには始まりがあれば終わりもあるんだなあ、なんてことをしみじみ感じつつ年を越そうとしております。思えばこのブログももう5年半。パソコン知らずのアナログ人間がひょんなきっかけで書き始めることになったのですが、まあよく続いてきたなあと我ながら感心しております。もっとも特に内容が濃いとか世の中の役にたつ情報があるわけではなく、どちらかというと、というか圧倒的にもうどうでもいい話がほとんどのバカ日記でしたのでまあそれなりに適当に続けてこられたというところです。書き手は読者というかアクセスを増やすことに腐心するのが普通だそうですが、僕の場合はとりあえずそんな気持ちがまるでなく、むしろ恥ずかしいからあまり見ないで近寄らないで的な気持ちで始まったので、やがて人知れずフェードアウトするだろう、つーかしても全然かまわないもんねと思いながらいつの間にやらここまできてしまったという感じで、気がつけばまもなく6回目の年越しです。それでもこんなブログでも、しかしなぜか読んでくれる奇特な方がいらっしゃいまして、まあバカブログゆえ気楽におつきあいくださってるんでしょうけれど、それでも時おり不意にコメントをもらったり感想なんかを聞かされることがありますと、いまだにありがたさとウレシハズカシい気持ちの狭間ではげしく揺れてしまう狭間杜夫です。でも今日までおつきあいいただきましてホントにありがとうございました。

こないだ、クリスマスの翌日に街に出ましたらば、もういたるところ正月飾りでした。前日の夜にはあちこちでいろんなサンタがあふれていたんですが、ホント、毎度のこととはいえその変わり身の早さには感心します。そんな街の光景を見ながら今回は何となく、始まりというか終わり方というかそのようなものについて思いをめぐらせておりました。そして今日、またひとつの節目がやってきたというわけです。いろいろお世話になった皆様、ありがとうございました。明日は満月ではありませんがウサギが主役です。皆様が来年、またその先も負けじと元気に活躍できますよう願っております。てことで、バイなら。

よいお年を。



d0067750_22591520.jpg
ここまで言われちゃなぁ
[PR]
by cicocico | 2010-12-31 23:00 | Comments(6)

恐怖のエレベーター

 たまたま立て続けに届いていた携帯メールに、急ぎそれぞれの連絡事項やら予定やら諸々を返信しているうちに、ポーンと電子音がしてエレベーターは1Fに到着。扉が開き、降りようとした私とほとんど同時に乗り込んできた、やや小太りのスーツ姿の中年の男性が一瞬「ウッ」とうめくように小さく声をあげたのを、私は聞き逃さなかった。しかもそいつは平静をよそおいつつも、明らかに驚いたような目でこちらを見ていたことも、私はすれ違いざま視線のすみで捉えていた。

(なんだアイツ?…へんなヤツだな…)

まったく今のご時世おかしな輩が増えたもんだと心の底でぼやきつつ、私は足早に出口へ向かった。はずだった。

だが、何かが違った。



(…!同じフロアじゃねえか!!)


瞬間、すべての状況を理解した。私は行き先階のボタンを押さなかったのだ。小太りの男性からすれば、誰もいないはずの扉の中に人がいたのだから、驚くのは当然だったのだ。

おかしな輩は私のほうだった…。


携帯を操作しながらエレベーターに乗り込むのはやめよう。
[PR]
by cicocico | 2010-12-27 23:33 | Comments(0)

楽しいお酒を

 この時期、忘年会たけなわでプリンス。飲屋街はにぎわっております。昨日もそんな頃合いに通りがかりましたらば、ちょうど一次会が終わったってな感じのオジさまがたが、お店の前で次はどこに行こうかとユラユラとにぎやかに会議中。そしてみんなして移動を始めたところ、幹事さんだったんでしょうか、後からひとり出てきたオジさまが、

「あ〜っ、忘れ物ですよお〜っ!部長ぉ〜〜っ!手帳ぉ〜〜っ!」

と叫びました。

それを聞いてすかさず、

(そういうアナタは次長?課長?)

と思い浮かんでしまったシラフの私がいました。
以上。それだけです。


そろそろ来年の手帳を買いにいかねば。
[PR]
by cicocico | 2010-12-23 23:15 | Comments(0)

全力中年

 急に冷え込んで空気も乾いてきたせいか、起きぬけにちょっとノドがヒリついたりするので、少し迷ったのですが用心のためマスクをして寝ましたらば案の定、寝あとが。おまけに少々耳も痛いす。何か忠告されたわけでもないのに。むう…ゴムひもめ。

少年時代の飛雄馬と間違えられるといけないので、全力で顔を洗って出直します。じゃなくて出かけます。
[PR]
by cicocico | 2010-12-18 09:49 | Comments(1)

お知らせ

◆福田光次郎

2011/01/25(火)【終了いたしました】

代々木 Bogaloo TEL&FAX:03-3320-5895
東京都渋谷区代々木1-42-4 代々木P1ビルB1
開場18:30 開演19:00
前売:¥2,200/当日:¥2,500(共にドリンク別)

福田光次郎(Vo)、
野田“s.i.s.”浩平(Gt,Pf)、Woody渡辺(Bs)、井上“Cico”浩一(Per)
Guest:恩田直幸(Pf)

※20時からの演奏予定。

出演:a harvest garden/福田光次郎
[PR]
by cicocico | 2010-12-14 21:10 | Comments(0)

いつものように

 だんだん寒くなってまいりましたねえ。今回はシンシアさんがいくつか新しいカバー曲をやりたいってことで、ギターの吉澤さんとともに前日に3人でけっこう長めにリハもしましてライブに挑みました。12月という時期やちょうどジョンレノンの命日だということもあり、そのあたりの曲も含めてガッツリあたったんですが、実際に演奏したのがそのうちの何パーセントだったかは、ご覧の通りでしたと申しあげておきます。おほほ。それでもいつもよりはお披露目できたのでヨカッタです。そのほかはいつもと同じく1曲目だけ決めてスタートし、次の曲からはシンシアさんのMC中にスバヤク伝達され吉澤さんとともにアタフタ準備するといういつものスタイルです。師走だからでしょうか、いつにもまして譜面をトッちらかす吉澤さんにくらべ、僕が意外に落ち着いているように見えたとすれば、その理由がそっくり譜面を忘れてきたという事実に由来していたことは誰にも言えません。セッティング中にこの事実に気づいたときは激しく動揺しましたが、昨日の今日で怒られると思ったので、絶対に自分の胸の中だけにしまっておこうと決め、そのまま永遠に闇に葬り去りました。ということで、この日もまるでいつもと同じように楽しくもスリリングな、また時期的にちょっぴりクリスマスな感じがあったりゲストのCKとのデュエットがあったりと、まるでいつもと同じようでいながらけっこう充実したステージだったと思います。寒い中お越しいただきありがとうございました。
[PR]
by cicocico | 2010-12-11 15:33 | Comments(0)

新旧相対する

 こないだめずらしく駅の切符売り場に人がならんでいたので、旅行に行く団体さんでもいるのかいなと思ったらそうではなくて、券売機がすべて新しいものに替わっていたのでした。しかも両脇のところにはつい立てというか仕切り板みたいなのがついててなぜか赤とか青とかに光ってます。ってまあそれはいいんですが、そのためお客さん、特にご年配の方などが操作にとまどってしまい列ができてしまった模様。最近はスイカなどのカードでそのまま改札を通過してしまうことが多い私ですが、気持ちはわかります。携帯電話なんかも機種変更した時などそれが同じメーカーのものでも慣れるまで大変だもんなあ。だいたい携帯って買ってからでないと実際の使い勝手とかわからないし。ちょっと不親切だよなあ。今時そんな商売の仕方でいいのかねえ?と一人でブツブツ。

話がそれました。

で、案の定というか、その後しばらく切符売り場には駅員さんが一人配置されておりました。やっぱりひとしきり慣れるまではねえ。そんなことがありつつ昨日、スイカにチャージするため初めて新しい券売機の前に立ったのですが、途中まではスムーズにいくものの、最後の入金部分でどうしてもお札が入っていかずうろたえました。しかも一応空いているときを見計らって行っているのに、こっちが手間取っている時に限ってなぜか後ろに人はならぶし。仕方ないので涼しい顔していったん離脱し頃合いをみて再び挑みましたが、やはり最後どうしてもお札が入っていきません。

(ああもう、グズグズしてるとまた人がならんじゃうよ、こんなつい立て光らせてなんの意味があるんだよ、お金いらないのはわかったからとりあえずチャージだけしてくれよ!)

と、心の中ではげしく八つ当たりする私。仕方ないのでもう一度離脱し平常心を取り戻すため深呼吸をひとつしてから再度トライ。最後のところでよく見ると、パネルの片隅に[現金]の表示が。そこをタッチすると幽体離脱、じゃなくてようやく入金することができました。もう最終段階ではお金を投入する以外ないのに、なんでわざわざひと手間かける手順になっているんじゃい!と憤りつつ、気がつけば後ろにまた人がならんでいたので、涼しい顔して軽く会釈などしながら内心はアタフタとその場をあとにしました。

そんなお年頃です。
[PR]
by cicocico | 2010-12-08 01:23 | Comments(2)

さんぽ

 少し前の話ですけど知人のホームパーティーに招かれました。この秋にめでたくご結婚されたのですが、そのお祝いの宴で演奏を手伝わせてもらったのでそのお礼にと、バンドメンバー及び出演者一同が招かれ、たこ焼きパーティーとなったのです。彼女は関西出身なんですね。僕は初めてたこ焼き用ホットプレートで焼くところをみたのですが、生地がユルいのか最初はなんだかもんじゃ焼きみたいになっており、もしやこのまま固まらないんじゃないか?と密かに心配したけれど、いやいやどうして、やがてきちんとまあるいたこ焼きに仕上がり、これがまたアツアツフワフワで大変ウマい。さすがは本場!なのである。さらに旦那さんも料理が上手で次々おいしいものを振る舞っていただき、おかげでシアワセなひとときを過ごすことができたのでした。今更ジローですがその節は大変ごちそうさまでした!

さて、その日僕はまるまるオフだったので、夕方のパーティーまでをどうしようか考えた末、せっかく都内にでるのだからまたフラフラ散歩がてら行くことに決めました。

(そうだ!久しぶりに都電荒川さんに乗ろう!)

そう思いついたので調べてみると、便利な切符があったのでそれを利用することにしました。
d0067750_18573355.jpg
これさえあれば1日都電が乗り放題です。ついでにおでんで飲み放題だったら完璧でした。しかし都電荒川さん以外にも都営の乗り物なら何でもオーケーなので文句はありません。目黒で切符を購入し地下鉄に乗り込みます。めったに乗らない路線なのでなじみのない駅名がならんでいて新鮮です。『蓮根』という名前に(れ、レンコン?)と戸惑ったり『志村三丁目』というのをみては東村山音頭が止まらなくなったりと、車内で一人ほくそ笑むそうですワタシが変なオジさんです。買ったばかりでもフリー切符を持っていることだし、どんな駅なのか見にいってみようかとも思いましたが、ここはおとなしく西巣鴨で下車し荒川さんを目指します。

停留場で待っているとやがてゴトゴト1両編成の電車がやってきました。車両自体が小さいこともあるんでしょうが、思いのほか混んでいます。順番に奥に詰めてもらいチンチン!とベルがなって出発です。なつかしいなあ。車と同じように信号に従って止まったり走ったりをくり返しながら進みます。王子駅前でドドドッとほとんどの人が下車。その割に誰も乗ってこないなあと思ったら「この電車は途中、荒川車庫前止まりです」のアナウンスが。なるへそ。でもあてなき散歩人なのでまったくかまわないのである。王子と玉子は紙一重だよなあなどと考えつつ出発。早稲田のハンカチ玉子。そしてずっとガラガラのままだった電車を降りて、車庫に入るところまでしっかり見とどけてから線路にそって歩くことにしました。

電車を横目に知らない町を行くのも楽しいものです。親子連れでにぎわう荒川遊園地前から再び乗車したと思ったら、すかさず3つ目の熊野前で降ります。なぜなら本日の目標である日暮里・舎人ライナーに乗らねばならないからです。しっかりあてのある旅じゃねえか。てか、都電荒川さんに乗ると言っときながらなんだそりゃって感じですか。ごめん荒川さん。イヤもちろんあとでまた乗るんですが、荒川さんについて調べていたときに日暮里・舎人ライナーも都営だということを知ってしまい、知ってしまったからには乗ってみたくなり、そうしたら買ったばかりでもフリー切符が大変便利でお得ということになったわけです。ってなに言い訳してんでしょうか。

首都高を使って東北道方面に向かうとき、中央環状線から川口線にはいるあたりで、道路と荒川を大きくクロスするかたちでまっすぐ延びてくる何かの橋脚の連なりが見えるのが、あれはいったい何を作っているのかとずいぶん前に気になっていました。めったに通るところでもないのでその後すっかり忘れていたのですが、2年ほど前に新交通システムの日暮里・舎人ライナーが開通したというニュースをみて、ああ、あれがそうだったのかと思い至ったのでした。いつか機会があったらとは思いつつ、なかなかそちら方面へ出向くこともないまま時は流れたのですが、今回思わぬところでチャンスに恵まれたというわけです。ということで、初めて乗ってみた感想ですが、思った以上に速くてビックリ!でした。いやホント、けっこうスピード出てるんじゃないでしょうかね。乗る前は横浜の金沢シーサイドラインとか、あるいは同じ都営のゆりかもめなんかの感じを想像してたんですが全然違いました。同じシステムでもずいぶん速い。というかこれはむしろバスに近いんじゃないでしょうか、都営だけに。都バス。

などとバカな考えを巡らせながら往復。熟成期間が長かった割にはあっさりお完乗です。ついでに新しくなった京成線の日暮里駅にも立ち寄って日暮里ほほ笑みたいところでしたが、パーティーの時間がせまってきたのでこの日はおあずけ。また来る日まで。って、いつ来るかわかんないけど。そして名前の通りすっかり日が暮れた町をあとにして、また都電荒川さんに揺られながら終点、三ノ輪橋へ。この停留場の佇まいが何とも好きです。不意に途切れた線路とふたつの小さなホームの先はすぐ商店街になっていて、というより人と町とにすっかりとけこんでいて、その風景はまるでジオラマのようなので切りとってポケットに入れて持って帰りたいなあと、ここへ来るたびに思います。しばしぼんやり見とれてから、仲間との待ち合わせ場所へとゆっくり向かいました。

充実の1日の終わり。
(いや、これから始まりでしたけど)


d0067750_18592511.jpg
正しい読みかたを知ったのも2年前だった。

この日、あのテーマ曲が止まらなくなったことは言うまでもない。
[PR]
by cicocico | 2010-12-01 23:13 | Comments(3)