★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
遅くなりましたが、今年も..
by ミユキ at 21:33
>てぼたんさん 焼酎は..
by cicocico at 00:35
ちこちゃん♪ 楽しいラ..
by てぼたん at 10:58
>s.i.s さん お..
by cicocico at 21:44
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

朝シャン(←懐)

 ……いいじゃないかっ!

シャンプーでカラダ洗ったってっ!!




わが家はぜんぶポンプ式の容器なんですう。だからしょうがないんですう。時々こういうことがあるんですう。…まあよく見りゃわかるんですけどぉ。


さて、出かけるとすっか。いつもと少し違う香りとすべすべのお肌で。


…とりあえずリンスじゃなくてよかった。
[PR]
by cicocico | 2007-05-31 12:42 | Comments(5)

アツい想いを胸に

 30℃越えの真夏日になるんじゃないかというような暑い日に、藤沢インタープレイに集ってくれた皆様、どうもありがとうございました。なんだかねえ、この天気は心のずっと奥底でたぎる田中さんの気持ちと連動してんじゃなかろうか?なんてことをつい考えてしまいました。元雨男なんですけどね。ほほほ。

僕は今回のライブをやってみてPちゃんの音楽への強い情熱を感じてしまったなあ。いつ何時にも明るく前向きな彼だけどやっぱりただのやんちゃ坊主じゃないんだな(失礼)とあらためて思いましたわ。何となく今回はイケイケで攻めるんじゃないかと予想してたんだけど、意外にも抑えめの曲が多かったと思いますが、それが逆にエネルギーの強さを感じさせたというか…Pちゃんの様々な想いや心の叫びが歌を通して伝わってきて、ああこの人もまた音楽が大好きなのね、とつくづく感じた次第です。この人やっぱりホントは(また失礼)スゲェんだなあ、と。

個人的には…『食わず嫌い』を演奏できたのが嬉しかったなあ。いや、コーラスがとれたからとかじゃなくてね。あれはたまたまです。なぜならば自由なるヒト田中さんとやる時はけっこう直前に曲目を決めたり急に変わったりその場で曲が生まれたりするからです。そしてたまに次回はこのあたりの曲をやるだろうと、予習なんかした時に限ってそういう曲は選ばれません。不思議なくらいに。だから事前にはあまり絞らずにまんべんなく聞いておいたりしてるんです。

ただここのところ、どうも『食わず嫌い』が好きだった。いやま、前から好きでしたけどね。藤沢に向かう車の中でも何回かリピートしちゃったし。理由はわかりませんが。でもPちゃんがこの日のMCで、最近、野菜が食べたくて仕方ない。こういう時って身体が欲しているんだよね。というようなことを言ってましたが、その言葉を借りるならば、多分、僕の場合はこの曲をカラダあるいはココロが欲していたということでしょうね。

聞いているがわでなくても、一緒に演奏してる立場でもエネルギーって伝わったり元気をもらったりするんだな、とつくづく思いました。当たり前かもしれませんけどね。
そしてそして、そんなステージを真剣に観てくれる、聞いてくれる、笑ったり泣いたりしてくれる客席のみなさん一人一人からも、実に多くのエネルギーをもらっているんですね。本当に。

どうもありがとう。


最後に、ちょこっと反省するならば……個人的にはやっぱりトークでしょうねえ。
いまひとつ、いやふたつみっつだったなあ…。あんなに人にふる方もどうかと思うけど…せっかくのチャンスだったのにネタの半分も出てきやしない(←ネタを考えてるというのもどうなのか)
ついこのあいだ東京タワーで気合いいれたはずだったのにいいい。ちくそう。無意識にキンチョーしてたのかなあ…まあ聞かなかったからといって誰も損しないけど。てかむしろヨカッタかも。とりあえず自己反省もしつつ次回はさらに楽しいトーク…じゃなくてライブを目指しますので、その時はまたぜひ来て下さいね!

…!んっがっくっく……(←古。しかもわかりづらい)
[PR]
by cicocico | 2007-05-28 21:56 | Comments(7)

ご馳走さまです

d0067750_17275759.jpg

リハーサル前に、差し入れのドリンクを皆で一瞬のうちに飲み干した記念写真を撮る田中さんを撮った。
[PR]
by cicocico | 2007-05-26 17:27 | Comments(4)

高〜い

「45分、2ステージってさ、もうほとんど普通のライブだよねえ…」

と健一さんの一言。おー、そうでしたか。今回もてっきり30分ステージだと思っておりましたワタクシ。さてじゃあチコちゃんのできる曲は何があったっけ?と早めに集合した事務所のスタジオで選曲&リハーサル。連日のレコーディングやらなにやらで軽く(と、言っておこう)お寝坊してきた彼だったが行動に入るとさすがに早い。あれこれ思案しつつもカバー曲にオリジナルとテキパキと曲を決めすかさずリハを進めていく。そしてあっという間に東京タワーへ到着。

大型バスが次々に到着するタワーのふもと。聞けば今は修学旅行のピークなんだそうで、館内もエレベーターも大勢の学生で賑わっていた。素早く機材を運び上げてセッティング。展望台はまだ意外にすいていたが、こちらは夜の方がトムソーヤ。じゃなくて虚無僧じゃ、尺八ヒョォォ〜…。じゃなくて混むそうです。しつこいって。

遥かな街並みに向かって余裕のサウンドチェック、と気がつけばけっこういい時間になっていた。おっとっと、いつの間にか日が長くなっていたんですねえ。ということでここで素早く控え室へ移動。今日は全般的になんだか素早くの日だ。

時間になり再び展望台へ上がると外もいつしか夜の帳が。フロアもステージの前もたくさんの人たちが集まっていた。ステージからはお客さん越しに東京の夜景と空が広がっているので実はけっこう気分がよくテンションもあがる。そのせいかどうかは定かではないけれど、この日の健ちゃんはなんだかやたらキレていた。といっても突然ぶったり蹴ったり潜ったり沈んだりしたのではもちろんなく、演奏もさることながらトークがキレていた、てことですね。

d0067750_0173179.jpg店舗もなかなかいい物件だったが、じゃなくてテンポも良かったのだが時折繰り出すネタがお客さんに大ウケ。あのいわゆる客席が『ドッ!!』と沸く感じが何発かあったもんなあ。芸人ならば誰もが欲しがるあの笑いをこの日の彼は手中にしていたのだった。いいなあ…。ってそんなとこばっかみて羨ましがるミュージシャンもどうなんだって話ですが。

ま、ともかくそういったこの日のライブを、他の歌い手さんのコンサートなどで健ちゃんを知って今日初めてソロを観に来ました、という方が何人かいらっしゃってまして、僕にも声をかけてくれたんですが、その方々がみなさん、光田さんがあんなに明るくて健やかで元気な方だとは思いませんでした、という感想を述べておりましたよ。そんな方が分厚いオケのスコアも書かれるんですよねえ、とも感心されてたり。おほほ。よかったっすねえポメラニアン。じゃなくて誉められて。いやホントに。

ところでテンションが高かったといえば。

この東京タワーの展望台には、床がガラス張りになっていてそこから地上が見下ろせるというルックダウンウィンドウという部分があって、高所恐怖症じゃない人でもそこに立つとけっこうシビレルというストロングポイントなんですが、そこに気づいた小学生たちがもう大喜びで四、五人でもって一斉にそこでジャンプなんかしちゃってましてワーワーキャーキャーともう大興奮。見てるこっちの方がシビレてしまいました。恐るべしテンションの高さ。子供って無敵だね。


d0067750_022508.jpg



(1/500スケールの模型に興味津々の図)
[PR]
by cicocico | 2007-05-26 00:29 | Comments(4)

玉子の味

 不規則な生活がたたって、その後まだ玉子を入手できていない私である。買おうかなと思った時に限って普段は置いてあるコンビニでも売り切れていたりする。仕方が無いので代わりに味玉を買ってしまった。二個パック。あくまで代わりの品なので一個でよかったのだがそんなときに限ってないものなのだ。

一時凝って毎日のように食べていたことがある。ずいぶん昔のことだけど。どうして黄身は半熟なのにどうしてあんなにいいあんばいの塩味がしみ込んでいるのだろう?と毎回考えながら食べていたのだった。その謎はいまだに解けないままだが、そんなことを思い出しながら気づけば二個とも食べてしまった自分がいた。『玉子は1日二つまで』健康な食生活のためのガイドラインかなにかの一節も思い出したりして。ついでにそんな歌詞の歌があったことまで思い出したりして。いかんいかん、いつまでも過去にとらわれず未来へ向かおうではないか。

というわけで、今日はおなじみ光田健一さんのフリーライブの応援のため東京タワーに向かいます。素晴らしい音楽と素敵な夜景が楽しみです。
[PR]
by cicocico | 2007-05-24 12:02 | Comments(6)

なつかしい歌

 ふとしたことがきっかけで昔の出来事を思い出すことがあります。きっかけは、たとえばある景色だったり味とか匂いだったり。人の記憶する力と五感とは密接に関係しているわけですが、音楽もまた記憶と深く結びついていたりします。

『緑の町に舞い降りて』という曲がありまして、かのユーミンの曲なので知ってる方も多いと思いますが、これがやはり今の時季だからでしょうか、たまたまつけたFMから流れてきまして、そうしたらばまあ昔の記憶が次々に蘇ってきたわけです。自分でも笑っちゃうくらいに。実際にちょっと笑ってしまったんですけど。アブナいなあオレ。

この曲を最初に聞いたのは中学3年の時で、高校受験をひかえているとは思えないほど何もしない我が子に、せめて英語くらいは勉強させようと親が家庭教師をつけました。たまたま同級生のお姉さんの友だちのお姉さん(ややこしいなあ)が外語短大に通っていて、もう英語はペラペラだし当時から平気で海外にもガンガン旅行に行っちゃうし外国人の友人はいるしという実に活発な人でした。その先生のお宅へ週に一、二度僕は車で連行…じゃなかった連れて行かれて渋々英語を勉強していたんですね。

帰りはその先生が家まで送ってくれるんですが、その時よくかかっていたのがユーミンの曲。先生は大ファンだったんです。やっぱり出来る女性はユーミンを聞くんだよなあ、とその時勝手に納得していた中学3年生の井上クンだったわけです。で、ある時かかったこの曲を、なんだかいいなあと思い曲名とかをたずねたところ、先生は喜んでそれ以外にもあれこれ教えてくれたんですが、とりわけ歌詞の一節の《MORIOKAという響きがロシア語みたいだった》という部分が気に入っていて、ホントにその通りだしこういう詞が書ける感性がすごいとアツく語ってくれたのでした。もっともその時の僕はロシア語どころか英語で四苦八苦していたので、はあ…そんなもんスかあ…ぐらいにしか思いませんでしたけども。それでもこの曲はその後も度々かけてもらいました。自分が、どうもそうやって景色が思い浮かぶような曲が好きだというのはその頃からのようです。

その他にも、この頃フォークギターに挑戦したもののFのコードで挫折したことや、たまたまこの先生がベースを持っていて、ギターより弦が少ないからできるかもと興味をもったものの、根本的にギターとは担当が違う楽器だと気づかずやっぱり挫折したことや、近所のレコード屋さんに置いてあったトランペットに突如惹かれて高校の入学祝いに無理やり買ってもらったものの、吹けば鳴るもんだと信じていたのがまったくの見当違いで当然まったく音はでず、入部したブラバンでようやく音が出始めたところで文化祭になり、でもまだ本番じゃ使えないけどとりあえずこれは叩けば鳴るから、という理由でパーカッションにまわされたこと等々、まあなんだか芋づる式にズルズルと、どうでもいいような細かいことまで思い出してしまったのでついおかしくなってしまったのでした。

人それぞれ思い出の曲はいろいろあるように、自分としても好きだけれどこれがそれほど思い入れの強い曲という気はしなかったんですが…実際、多分十数年ぶりに耳にしたと思うんですけどね…。記憶のほうはそれよりもっと、遥か三十年近くを遡ってしまったのでした。不思議なもんでございます。

もうひとつ、この頃やたら凝っていたのが目玉焼きのせライスでした。といっても皿に盛ったご飯に千切りキャベツと目玉焼きをのせてしょう油かけただけですが。なんでそんなもの毎日のように食ってたんでしょう。そんなことまで鮮やかに蘇ってしまったらちょっとまたトライしてみたくなるじゃありませんか。そしてそんな時ほど冷蔵庫に玉子は無いものです。

ともかく、たった一曲で自分でもびっくりするほどあれやこれや思い出してしまったのでした。


……玉子買いにいこうかなぁ…。
[PR]
by cicocico | 2007-05-21 22:01 | Comments(9)

雨の匂い草の匂い

 昼過ぎの雷とスコールのような一時の強い雨までは朝見た予報通りだったのですが、夕方になって今度は晴れている空から再び雨がパラパラと落ちてきました。見上げると青い空なのにいったいどこから落ちてくるのだろう?しいていえばずいぶん向こうを灰色の雲のかけらが流れているだけなので、まさかあいつが降らせているふうでもなさそうなんだけど…なんて思っていたらけっこう濡れてしまいました。なかなか本格的(?)な『狐の嫁入り』だったわけでございます。

今頃は川っぺりの土手なんかを歩くと、青い草の匂いとかシロツメクサの花の匂いの混ざった風が吹いていて大変気分が良かったりします。昼間は暑いわりにちょっと夜は冷え込んだりしますけど。今年は天気の振れ幅が大きかったからなのか、それとも単にそういうお年頃のせいなのか、いつにもまして気持ちが天気に左右されている感のあるワタクシであります。

最近、近所のマックがリニューアルしまして、これでいつでも朝マックができるぜ(その気になれば、だけど)と思っていたら、今度は時折買っていた大判焼き屋さんがお店を閉めることになりました。使っていた焼き機がこわれてしまったけれど、長年みてくれていた職人さんが亡くなってしまったのでもう修理できる人がいない、という理由でした。なんとも切ないなあ。安くて美味しかったんだけど…残念。

東北道をぐんぐん走りました。北上するにつれてどんどん緑がふくらんでゆく。春のやわらかい山々や田植えの風景。休憩に寄ったサービスエリアでは忙しくお喋りするツバメ。あちこちで藤の花も見かけたが、天ぷらにすると美味しいのよ、と教えられてからはちょっと見る目が変わったりして…。思わず寄り道して採りたくなるがじっと我慢のコで車を走らせる。うーん、いつか試したいなあ。

名取市で光田健ちゃんと会う。彼の新曲発売記念フリーライブに応援参加。1月のツアー以来久しぶりである。前日に石井さんのツアーを終えたばかりの彼は、少々眠たげなようであったが、考えてみるとだいたいがいつもあの眠たげなような笑っているようなマナザシをしているので、いつも通りといえばいつも通りなのかもしれない。本番ではやはりいつも通りの、気持ちのみなぎる歌声を披露し喝采を浴びていた。そして僕もまたいつも通りちびっこのアイドルだった。

行く道すがらの車の中で初めて聞いたこの新曲も、よかった。
[PR]
by cicocico | 2007-05-16 02:22 | Comments(10)

そんなこんな日

 仕事は夕方からだというのに、今日は珍しく早起き(といったって九時過ぎだけど)しました。やろうやろうと思いながらも、そういう時に限ってなかなか都合がつかなかった車のオイル交換。これからまだまだ走ってもらわにゃなりませんのでメンテナンスはちゃんとやるのだ。ということで開店直後のすいてそうな時間をめがけて出かけたのですが、おお、意外にお客さんがいる。週末のせいか家族連れもちらほら。昨日も夜中に24時間営業のガソリンスタンドにいったら車を洗車してる人が3、4人いたし、やはりけっこうクルマ好きって多いのね、とあらためて感心。

それでも40分ほどで無事終わりいったん帰宅。そのまま留守中に届いていた荷物の受け取りその他諸々の用事を片付けるためまた出かける。今度は徒歩で。とほほ、なあんて落ち込む理由はどこにもありませんので上を向いて歩こう!でもそれは商店街では大変危険なのでやめておいたけど。

そういえば先週の宴の席でプロの枝豆職人B先生が、トマトのお酒というのを差し入れてくれた。自らを新しもの好きと公言するB先生は、コレが最近流行ってるらしいんですよ、と言ってすかさず入手してきたのだった。自分はお酒全然飲めないのに。なあんてステキな人だ…。早速みんなで味見をするも、普段あまりそんなおしゃれなものを口にしない人たちばかり(失礼)なので「うーん、トマトジュースをお酒で割った感じかなぁ…」などと、あたりまえのコメントしか言えず、そのわりにはもうちょっと味見をなどと言いながら結局ボトルを空にしてしまったのだった。

本日もなかなかの日射しの下、そんなことを思い出していたら都合のいいことに八百屋の店先にトマトの特売が。迷わず購入。帰ると、もう仕事に行く時間が迫っていたがともかく一個!と、素早く洗ったヤツに去年いただいた『トマト専用塩』が残っていたのを振りかけて食う。
……うーん、シアワセ。

でもってそのあとは日比谷のダンスホールへ行ってきました。生バンドが入っていて踊るところね。わかってるって?知り合いのトラで時々演奏に行くんですが、いやあ相変わらずダンスは流行っているようで、特に週末などは広いホールいっぱいに老若男女が溢れております。ご年配の方も多いのですが、優雅に真剣に楽しげに踊ってらっしゃいますもの。すごいなあとここでも感心したりして。

そしてその行きがけの電車でのこと。途中駅から乗り込んできた数人のうちの一人が、僕の斜め前に背中を向けて立った。ちょっと赤みがかった茶髪はショートカットで耳にかかるくらい。身長は低めで細身な感じだが、なんというかまあちょっとツッパった年頃の男子といったところでしょうか。テニスのラケットかなにかの大きなバックを背負っておりました。で、その彼がたまたま同じ駅で下車したんですが、足元にビニール袋を置いたまま降りちゃったんですね。

中にはスポーツドリンクのペットボトルが数本。こりゃいかんでしょ、とすかさず追いかけ呼び止めた。

「あらヤダ、スイマセンねえホントに…」

振り向いて丁重にお礼を言われたその人は…、彼ではなくて彼女でありました。それも、多少僕よりは先輩と思われる感じの…。

…えーと…、
ちょっとビックリしてしまいました…。
勝手に勘違いしておいてスンマセンです……。と、心の中でアセりつつお詫びしたりなんかしたりなんかしたりして。

そんなこんなの一日でした(←どんな一日だ)

さて、冷やしたトマト食べて…寝よっと。
[PR]
by cicocico | 2007-05-13 02:29 | Comments(10)

まぎらわしいのよっ

 早朝、通りがかった湾岸沿いの造成地。いずれはビルか何かが建てられるであろう大きな空き地の前の道路に止まっていた外国製の大型四輪駆動車のすぐ脇に、見ると一人の男性が倒れていた。おそらくドライバーとおぼしきその大柄な男性は、ちょうど運転席のドアのあたりに横たわったまま動かないようだった。

(おいおい、まさか…朝っぱらから事故かよ…)

そしてちょうどその人を囲むように立って、何やら話し込むスーツを着た若い男女の姿が。そして四駆車の後方にはハザードランプを点滅させて停車しているスポーツカー。どうやらこの二人がやってしまったのだろうか…。

女性が倒れた男性に近づき、しゃがみ込んで何か呼びかけると男性はまだ意識はあるらしく少し身体を動かしたようだった。これは救急車を呼んだ方がいいだろうかと思った時、やおらその女性が取り出しひろげたのは、レフ版(写真などの撮影時に使う鏡状の反射板)ではないか。

ん…?と思いよくよく見ると、倒れた男性はカメラを持っている。そう、なんとそいつはカメラマンで、どうやらその外国製大型四駆を超低いアングルから撮ろうとしていたようなのだった。きっとスーツの若い男女はアシスタントか車の広報、営業といったあたりなのだろう。

まったく、もう……

こんな時間にこんなところで道路に寝そべらないでくれい!何事かと思うじゃないのよっ!!ああ、びっくりした…。
[PR]
by cicocico | 2007-05-10 10:06 | Comments(6)

柏餅

 連休も終わったってのに何じゃい?!という感じでしょうが仕方ないんです。いただきものなんですから。じゃあいただきます!

というわけで柏餅をいただきました。ごちそうさまでした。あんパンには牛乳だけど、和菓子にはやはりお茶でしょうかねえ。その昔、初めて出会った時には柏の葉ごと食べようとしてあわてて止められたことや、いざ口にしてみたらあの香りがどうも好きになれなかったりして。お子ちゃまだったのね。

オトナの階段を(とりあえず時間的には)のぼってきた今はもう、ぜーんぜん平気!というかむしろ昔以上に徐々に和菓子が好きになってるような気がしたり。というか昔から甘いのも好きだったけど辛いのも好きだったり…。それはそれとして。

そんな柏餅を食べていて、急に思い出したことがある。


「柏餅も、ワシか!?」


どっかのじいさんがギョッとして聞き返したかのような、でも、ま、ただの回文ですけど。これを披露しそこねたんだよなあ。ライブも飲み会もあったのになあ。一応季語(季語?)が入ってるのでこの時季が絶好のチャンスだったのになあ。こういうのはもっていきかた次第でおもしろくもつまらなくもなるからと、あれこれ考えているうちに結局忘れてしまったのだった。ちぇっ…。


う………

…連休はとっくに終わったっすね、ハイ。
…階段、下りてるぞって?…ハイ…。

(しかも鯉のぼりの話は思い出せないまま)
[PR]
by cicocico | 2007-05-09 01:06 | Comments(2)