★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
島根大学の客員教授である..
by 地球環境直球勝負 at 16:34
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
>ミユキさん 明けまし..
by cicocico at 01:50
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

鎌ヶ谷の長い一日〈4〉

 さて、今回のためのリハで各曲について光田さんからそれぞれ細かく指示があった中で、特に気をつけたのはシンバルのボリュームです。曲中でクレシェンドのロールで盛り上げる部分がよくありますが、最初の頃はつい気持ちが入り過ぎて音が大きくなり過ぎてしまったことがありました。そうなるとせっかくの弦の響きが台無しです。これまでけっこうアコースティックなバンドはやってきたにも関わらずこのていたらく。うーむ。この頃は思うに、というか間違いなく20周年バンドの余韻を引きずっていたんでしょうね、ハイ。そしてこういう編成で演奏する際のコツを光田さんからはアドバイスされました。またドラムの代わりにリズムで支える小バンドよりも、ブリトリではさらに音数は少なくということも意識としては持っておきました。もちろん曲にもよりますが実際、あまりリズムに走ると逆にパーカッションだけどんどん浮いてしまうことがあったのです。

「そうだよねぇ、ここにはギターすらいないんだもんねぇ…」

小編成バンドにもいろんな楽器の組み合わせがありますが、私は、そうだブリトリはピアノ三重奏なんだということを思い出したのです。その昔、初めて「ピアノ三重奏」という言葉を聞いててっきり、ピアノ3台で合奏するんだ!?と驚いた私に光田さんは、ピアノとバイオリンとチェロの組み合わせのことだよと丁寧に教えてくれたのでした。ピアノ三重奏というひとつの決まった形式があるのですからそこを尊重しつつ、あまりリズムとか支えるという意識にこだわらず、時にはピアノあるいはチェロにのっかる感じでもいいんじゃないか。私はそういうふうにイメージするようにしました。確かにピアノもある意味リズム楽器ですからね。

えー、鎌ヶ谷に戻ります。ここでモリタクさんのソロ。バッハの無伴奏バイオリンソナタは圧倒的のひと言でした。クラシックにあまり縁のない私ですがこれは相当な演奏力が必要だってことはわかります。てか絶対そうでしょう。が、それをフツーの顔して弾いちゃうんだよこのおじいちゃんは!何なんですかいったい!ただただ脱毛です。おじいちゃんに負けないくらいに。スタジオでチラッとのぞいた譜面なんて細かい音符がビッシリ並んでてQRコードかと思いましたよ。読み込んだらクーポン出てくるんじゃないだろか。そしてそんな素晴らしい演奏から『やさしさに変わるから』へ。何の違和感無く自然に歌の世界へ導くものすごい導入部になってたわけですが、こういう発想ができるのが光田さんの音楽に対する造詣の深いところですねえ。ここでも間奏をはじめ荒井さんのグロッケンが光ります。僕も何度も演奏したことのある曲ですが、パーカッション的には今回はコンガなどの皮モノを中心にしたアレンジにガラッと変更され、やはりなかなか楽はさせてもらえないのでした。うう脳が。

そしてブリリアントリオのアルバムタイトルにもなっている『出逢い』は、コーラスを入れての演奏は初めてなんだそうです。これがまた自然でねえ、シンプルなのに奥行きと広がりが…っておんなじこと言ってる気がしますが本当にそう感じるんだから仕方ないよなあ。そう、よくチェロって人間の声に最も近い楽器って言われるでしょう?てことはきっと人の声とも相性がいいわけでしょう?てことはシンコちゃんと加藤さんと荒井さんのコーラス隊みたいなものじゃない?でもって加藤さんはモリタクさんのバイオリンに匹敵する程の(←だからどんなたとえだ)声でしょう?これはもう弦あるいは声のカルテットだなあと思ったわけですよ。そんなブリトリの二乗とでも言うようなことになっちゃってるんだからそりゃもう広がるよねえ。前に、このくらいの会場だとお客さまの表情もわかって演奏にも力が入るって言いましたけど、この曲では特に気持ちは込めても力は込めないよう、自分の中のこの歌の淡く切ないイメージ、風景のようなものをこわさないように気をつけました。なつかしい曲が続いて『帰郷』。これも聴くとすぐ映像が浮かんでくるようないい曲です。それと個人的にはなぜか今は遠くへいってしまったギタリストのことを思い出すんです。なんでだろ。一緒にこの曲を演奏したこともあるその方は、今は故郷の広島にいるんですけれど元気かなあ。疲れやすいヒトだったからなあ。そして今、かわってコーラスをとるお二方は、歌以外に小物パーカッションも担当してくれました。たぶん普段楽器をさわることなんてないでしょうし、ましてや歌いながらとなると難易度高いよねえ。それでも光田さんの容赦ない(ウフ♡)指導のもとガンバってくれました。オツカレサマです。

昼の部、前半の最後は『スクリーンの夢』。勢いのある曲がついに出ました。こういう編成でもこれだけ迫力のある演奏ができるんだといつも思います。もちろん弱いところは弱く、弦のピチカートも生かすようにしたり。今回はイントロに加藤さんと荒井さんの二声が重なったことでよりいっそう雰囲気が濃くなったよねえ。いやあコーラスラインのカッケーこと!そして当然ながらここでもシェーカーやカシシなどのパーカッションを駆使するお二方。こういう曲ではより重要度が増しますからね。難易度も増すけども。それでも光田さんの容赦ない(ウフフ♡)指導のもとガンバってくれました。ホントにオツカレサマです。あ、ちょっと待て。オレもガンバったんだよこの曲は。光田さんの口パーカッション(ボイパではない)と生パーカッションとの掛け合い。つーか、ムチャ振りに対して楽器で応えるコーナーなんだけどいつからこうなったんですかこの曲は。おかげでたくさんの機材に加えてこの曲専用おもちゃ箱を持って行くはめになるし。何が必要になるか(というより何を言い出すか)わからないんだもの。だからもう搬入時からガンバってたオレ。まあでもお客さまが喜んでくれたからそれでいいのか。オツカレサマです。

ここでちょっと休憩。ふう。

《続く》
[PR]
by cicocico | 2016-03-10 23:12 | Comments(2)
Commented by 更夜 at 2016-03-10 23:36 x
cicoさん、こんばんは♪
そしてお疲れ様です~。
あの日を思い出しながら、楽しく読ませて
いただいています。
私、音楽のことがよくわからないので、
いろいろそうなんだ~とか、
笑わせてもらったりしながら楽しんでます。
ピアノ三重奏、勉強になりました(^^ゞ。
cicoさん、いったい何種類の楽器を演奏されたんでしょ。
そして、ブログ、お疲れ様です。
ゆっくり休んで、また続きをぜひ♪
読ませていただき、ありがとうございました。
Commented by cicocico at 2016-03-13 18:50
>更夜さん
よく「バカも休み休み言え」といいますが、
これは「バカが休み休み書く」ブログです。
なかなかゴールに近づきませんが、使用上の注意をよく読んで、無理のない範囲でおつき合いいただきますようお願いします。
どぞよろしこ!