★歯と変装が自慢のPer奏者・Cicoが綴る駄文。多分。
by cicocico
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Cico:井上浩一
65/1/31
横浜生まれの横須賀育ち
丈夫な歯を持つO型
カテゴリ
全体
 お知らせ
最新のコメント
>りかさん お久しブリ..
by cicocico at 18:28
ちこさん、こんばんは、そ..
by りか at 22:56
>マンボ!さん お疲れ..
by cicocico at 09:17
井上先生、発表会お疲れ様..
by マンボ! at 20:04
島根大学の客員教授である..
by 地球環境直球勝負 at 16:34
>しぃさん はぁ〜〜い..
by cicocico at 18:12
わぁ~~い\(^o^)/
by しぃ at 18:34
>更夜さん 長々とおつ..
by cicocico at 23:27
お疲れ様です~。 楽し..
by 更夜 at 09:42
>更夜さん いや〜んビ..
by cicocico at 00:08
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:02
>更夜さん いつも読ん..
by cicocico at 13:48
>更夜さん よく「バカ..
by cicocico at 18:50
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:36
>更夜さん おはようご..
by cicocico at 07:52
cicoさん、こんばんは..
by 更夜 at 23:50
>更夜さん 読み逃げ…..
by cicocico at 11:14
cicoさん 初めまし..
by 更夜 at 00:29
>ミユキさん お祝いの..
by cicocico at 16:38
ちこちゃん、誕生日おめで..
by ミユキ at 19:30
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

リーダーゴコロと秋の空

 吉祥寺ストリングスでのブレストークは久しぶりのお昼のライブでした。ちょっとお天気が心配でしたが前夜からの雨も止み、それほど寒くも暑くもなくお出かけにはちょうどよい感じでしたが、そんな中ライブに足を運んでくださった皆さま、どうもありがとうございました。1部は静かめ、2部は元気にという方向で組み立てた僕らの僕らのリーダー、チャーリーはおなじみの小さいギターでの吹き語りコーナーで、本来ならこの日のお披露目するはずだった『Stardust』を、あくまでも予告編ですよと言いながら前回まるまる演奏してしまったということでこの日もホントに演奏しなかった代わりに、秋の名月にちなんだのかどうかは貞子ではありませんが『It's Only a Paper Moon』そして『Fly Me to the Moon』をお届けいたしました。さらには当日になって突然オリジナル曲の『風の逝く絵』をやるからと言うのです。

「え〜〜っ!?聞いてないよ〜!できるかなあ〜…」

とやや戸惑う私。何しろここしばらくやっていなかった曲なんですから。

「いや、実は前にお客さんからリクエストもらってたんだけど、すっかり忘れちゃってて

というリーダー。もお〜、お願いしますよお。何しろ遠い昔のことは覚えていても、むしろそこそこ前のことはなかな…ね。

「そういう年頃だよね」

と顔を見合わせて苦笑い。まあなんとかリハでサビを落として本番でお届けできたのでよかったですけども。いや、それよりも私がこの日最もビックリさせられたのは2部のことですよ。しっとり目の1部が終わって小休憩に私はいったん外へ出て、携帯で連絡を済ませたり周辺のお店をのぞいたりしていました。そして、出るときにしっかりストリングスの入口の案内板で2部のスタートは14時15分と確認していた私が、キッチリ5分前に戻ってきて地下へ階段を下り、ドアを開けようとした瞬間、思わず手が止まりました。

(ん!?…アレ??

なんと店内からハーモニカの音が聴こえてくるではありませんか。

(えっ!?!…なんだナンダ???

それはサウンドチェックなどではなく明らかに演奏、それも『Orange Blossom Special』じゃないですか。2部の最初は勢いのあるこの曲からという話しでしたが、なんでもう始まってんですか???いくつもの「?」がアタマの中をグルグルしましたが、演奏中に入っていくわけにもいきませんから、仕方なくドアの外でそのまましばし聴いていました。やがて曲が終わりお客様の拍手をきっかけにドアを開けるとみんながいっせいに私を振り返り大爆笑。大笑い海岸じゃありませんか。しょうがないのでひと言、

「表で聴かせてもらったよ!!」

と、いくぶん柳沢慎吾な捨てゼリフでステージに戻りました。ええ、さすがに「アバよ!」とは帰りませんでしたけど(←当たり前)。そんな私を見てリーダーが、

「すごいねぇ。入ってくるだけで、しゃべらなくても笑いをとるヒトって」

とポツリ。だからなんですか、しゃべらなくても笑いを取るヒトって。つーか、早めにスタートするならするでサトーくんでもチャーリーでも連絡してくださいよまったく。ブツブツ。ま、とは言ってもチャーリーのソロ曲だからステージにいたとしてもすることはないんですけどね。ホホホ。とまあそんなこんなありつつも、なごやかにライブは終了したのでありました。この日は連休の吉祥寺で駐車場難民になった私ですが、店を後にしたときにはすっかり日が差して秋らしい雲の広がる空の下、気分よく帰途についたのでした。 

[PR]
# by cicocico | 2017-10-10 00:38 | Comments(0)

お知らせ 

椎名恵
「青と光の Soiree」

2017年12月21日(木)
東京・芝 ザ・プリンス・パークタワー東京 Melody Line
TEL:03-5400-1153
東京都港区芝公園4-8-1
開場18:00 開演19:00(2部構成・途中休憩あり)
21:40終演予定
チャージ:¥5,500(税込・+オーダー)
全席自由席

椎名恵(Vo)
恩田直幸(Pf)、吉澤秀人(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

10/2(月)から一般予約受付開始
その他、詳細についてはコチラをご覧ください

■入場順
(1)メルマガ会員優先予約者
(2)メロディーライン電話予約者
(3)一般メール予約者
当日来場順にそれぞれの列にお並びください。
開場時間になりましたら(1)(2)(3)の順に入場となります。
入場が開始されて来場されたかたは最後尾にお並びください。

《お問合せ》
ザ・プリンス・パークタワー東京 Melody Line
直通:03-5400-1153
ホテル:03-5400-1111

[PR]
# by cicocico | 2017-10-09 09:14 |  お知らせ | Comments(0)

お知らせ

◆シンシア

2017/11/24(金)
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
# by cicocico | 2017-10-06 18:31 |  お知らせ | Comments(0)

シークレットメニュー

d0067750_16101393.jpg

 さて、気がつけばいつの間にかパラダイスカフェでライブをやる日はプレミアムフライデーになっているシンシアさん。9月のプレ金パラも大盛況でございました。皆さまどうもありがとうございました。かつては1曲目だけ決めておいて、あとはその場の雰囲気だったりお客さんの反応を見て次にやるべき曲を指示するという、ある意味出たとこ勝負だったシンシアさんのライブですが、いつの頃からか徐々に事前にいくつか候補曲があがるようになり、時にどんでん返しはあるものの、最近では曲順も含めたメニューがしっかり決められるようになったことは、いつぞやお話ししたかもしれません。何かとお忙しいシンシア姐さんはあまりまとまったリハーサルの時間がとれないということもあり、たいていの場合は堺さんと吉澤さんと3人で何日か前に打ち合わせを兼ねた軽いリハをして、あとは機材の多い僕を含めて当日早めに入ってしっかり合わせるというパターンです。そのためメニューが決まると吉澤さんが僕にメールを送ってくれそれを見て僕も予習しておくのですが、昨年ガラケーからスマホに切り替えた吉澤さんは、いつしかメニューを写真に撮って添付しウチのパソコンに送るというワザを使い出しました。ま、その方が簡単ですしね。ただそれはそれでいいのですが、時に手書きのメニューが達筆すぎて読めない!んだねこれがまた。ホッホッホ。結果、果たしてこれまでにやったことのある曲なのか新曲なのか、新曲だとしたら誰のなんて曲なのか悩むわけです。今回のメニューでは2部(右側)の3番目の曲がわからなくてねえ。

(うわ、なんだこれ!?…I:s…tだかeだか?…トゥザあ゛〜〜っ!わかんないよぉ〜〜っ!!

それらしき単語やアルファベットを並べて検索してもまるで引っかからないし、よっぽど電話して聞こうかと思ったんですが、四苦八苦の末なんとか解読できたこの曲は、おなじみドゥービー・ブラザーズの『Listen to the Music』なのでした。ヒントは4曲目の『How Deep Is Your Love』のアタマの矢印です。これを見ると『How Deep Is 〜』は5曲目に変更されたようですが、そうすっと4曲目が空いちゃうよなあ…どうすんだろ?…、とメニューをジッと見ているうちにふと気づいたのです。一段上に書かれている文字が〈Long Train〉であることに!

(!?…そうか!!ここに『Long Train Runnin'』がくるならこれはドゥービーつながりで…そうか!!

てっきり3曲目はここまでひとつの長い曲名だと思っていたのです。イヤハヤわかりづれえなあ…。そして1部(左側)の2曲目に『ビートルズ2曲』とあるのもよくわかりませんが、これまでの経験からおそらく吉澤さんが何か歌うんだろうということは想像できました。たぶん曲が短いから2曲やるってことでしょう。それよりラストの『3ー9』ですよ。いったい何ですかこれ?3年9組?まさか金八先生ネタでもやるんすかね?それとも『3ー9』でサンキュー??何か最後にふさわしい曲かネタでも(←どうしてもネタにとらわれる傾向が)やるんでしょうか??イヤわっかんねえなあ…。と頭を悩ます私。

(はぁもういいや、もう当日行って聞いてみよう

となかばあきらめて譜面の準備を始めたその時です。ふと前回の曲順表が目にとまりました。そこにはクイーンの『Don't Stop Me Now』に続いてゴダイゴの『銀河鉄道999』が並んでいます。前回すんでのところで回避された曲つなぎを見た瞬間、ハッと気づきました。

(!!…『3ー9』って、そっかスリーナインか!!うわ、なんだ『銀河鉄道999』だったのかよぉぉ!!!

そう、今回もまた私にとって過酷な曲つなぎが用意されていたのです。というよりもうそれ以前にこの段階で相当に体力と脳力を削られていた私。吉澤さんには次回からはぜひちゃんと読める曲名をとお願いしておきました。姐さん次第とも言われましたけど。トホホ。

てことで本日はこれでお開きです。フウ…。

[PR]
# by cicocico | 2017-10-02 23:47 | Comments(0)

秋ミョウガ

 先週の連休中、急に肌寒くなっていよいよ本格的に秋かと思い、よしじゃあ明日は湯豆腐にしようとちょっといいお豆腐を買い込んだところ、台風が去った翌日はよもやの真夏日で仕方なく豪華冷ややっこ食べ放題で乗り切った私です。贅沢にもミョウガてんこ盛りで食ったおかげでそのことを書こうと思っていたのをすっかり忘れ、ついでに親戚の家に携帯も忘れ、あらためて取りに行ったりしているうちに気がつけば秋分の日も過ぎてしまい、もはやすっかり八代亜紀になってしまいました。なんで今更そんなことを言ってるかというと、昨日の夜歩いていたら雨が上がってまた涼しい風にのってフワッとキンモクセイの匂いがただよってきたからです。音楽もそうですが匂いもいろいろ記憶(どうでもいいのもあるけど)を蘇らせてくれますねえ。もう少し秋が安定してきたらきっちり湯豆腐の借りを返そうと思いました。お酒はぬるめの燗でいい。ミョウガ食わなくてもまた忘れそうだけど。


d0067750_17341657.jpg

はい、ミョウガのせいにしない!

[PR]
# by cicocico | 2017-09-24 17:41 | Comments(0)

日差し戻る

 久しぶりによく晴れた9日の土曜日。お久しぶりの椎名さんのライブはたくさんのお客様にお越しいただきました。皆様どうもありがとうございました。それにしても誰ですか、急に涼しく秋っぽくなったなんて言ってるのは。メチャメチャ夏日じゃありませんか。ってスンマセン。イヤでもこれもやはり椎名さんのおかげと言えるでしょう。晴れ女の復活にアッパレあげてください。僕もまた下北沢へ行くこともなくしっかりと現地に到着できました。そして観光客で賑わう昨今何かと話題の築地が目の前のお店はとてもオサレで雰囲気も良く、またスタッフの方々も皆さん何かと親切に応対してくれて、とてもやりやすかったです。ありがとうございました。そんなオサレな会場で穏やかにステージは進行していったのですが、椎名さんが秋といえば皆さんはどんな秋を過ごしていらっしゃいますか、という話になり、

「たとえば、読書の秋、スポーツの秋

と言った時、思わず、

…八代亜紀

と余計な口をはさんでしまった私。いったい何の条件反射でしょうか。パブロフ井上。客席にザワザワとさざ波のように広がる失笑。フフフ。う〜ん、たまりませんなあ(いろんな意味で)。するとすかさず椎名さんが、

アンジェラ・アキ

と返してきたではありませんか。さらにザワザワと広がる波紋。ごめんね、意外と負けず嫌いなもので…、と笑う椎名さん。さすがです(いろんな意味で)。そんなひと幕もありつつも、あたたかく見守っていただいたお客様のおかげでライブは無事終了いたしました。本当にありがとうございました。椎名さんも静かに、でもとても喜んでいらっしゃいました。次回はまたクリスマスライブで。


d0067750_12145591.jpg

とてもオサレ

[PR]
# by cicocico | 2017-09-11 19:15 | Comments(0)

いきなり秋

 9月になったとたんに急に飽きっぽくなった東京地方。もう飽きちゃった、もういいでしょう夏なんかとばかりに気温が下がり、不意をつかれた私などはまた危うくひんやりジェルマットの逆襲で凍死するところでした。まあ今年の夏も夏で暑いんだか寒いんだか、天気もなんだかスッキリしない日ばかりが続いてましたけれども、それにしても唐突に秋っぽくなりました。いきなり秋。いきなりステーキです。そんな中、週末のライブに向けて油断しないよう腰をさすりつつ自主トレする私は、実は先日のリハの時までなんとなく当日は下北沢に行く気満々のすっとこどっこいでした。あっぶね!油断するなって。今回は季節がらの飽きっぽい曲じゃなかった秋らしい曲もありますので、そこはやはり秋っぽく飽きないように演奏したいと思います。ハイ。
[PR]
# by cicocico | 2017-09-07 22:57 | Comments(0)

節目の腰

 8月最後の日曜日。ワタクシにとって恒例の夏の発表会が今年も終了いたしました。ちょうど昨年の今頃に次回は30周年だなんて話しを書いたんですが、正しくは30回目なんだそうでした。最初の頃は会場などの関係もあって冬にやった時期もあり、今のような毎年8月にというペースになったのは数年たってからということで。まあでもほぼ30年ほぼ平成と同じってことでひとつの節目ではございます。演奏の前にはちっちゃな生徒さんがはじめのことばとして「今日はこの発表会の30回目の誕生日です!」と言っていたのになるほどと感心していたワタクシです。フフ、かわいかったなあ。そんな節目の今日この頃は節々が痛いわけだなんて言ってたのも昨年のことですが、まるでその後の自分を予言していたかのように、今回ワタクシやらかしてしまいました。ええ久々のビックリ腰です。それもリハーサル初日に。その日倉庫から楽器をひっぱりだそうとした瞬間、ピキッときて、

(!!!あっ!?ヤバいヤバい!!!)

と思った時にはすでに遅し。しばらく使っていない太鼓だったので奥の方にあったのを、なんの警戒も注意もなくひっぱりだそうとしたのがいけなかったのです。思ったよりも重かったのに無理に力を入れたのが原因です。思えばこれまた昨年末に洗濯機の排水ホース交換の際、無理な体勢で作業をしたため腰イテテ状態になったばかりだというのにこのていたらく。もう油断以外の何物でもありません。何度ビックリすれば気がすむんだとオノレのオロかさにビックリですわ。歩けないほどひどくはないもののやはり痛くない姿勢を探りさぐりの状態。とはいえ大事な初日に欠席するわけにはいきませんからとりあえず湿布を貼り、やはり昨年末に買ったファルセットで腰を固め、楽器もとりあえず必要最低限のものだけどうにか積み込んで、先生方には申し訳ありませんがかくかくしかじかでと緊急メールを送ってから出発。おなじみのもはや永遠に頑としてバリアブルなスタジオを、この時ほどうらめしく思ったことはありませんでした。が、そんないきなり要介護オヤジとなった私を、事情を知った先生方やスタッフの皆さんが総出でサポートしてくれたおかげで、なんとかリハーサルを行うことができたのです。もう本当に心から感謝です。あらためましてありがとうございました。幸い腰は徐々に回復し、その後のリハや昨日の本番も無事することができました。最後まで気を使っていただいた皆様方、本当にありがとうございました。そして一緒に演奏させていただいた生徒の皆さん、心配おかけしてスイマセンでした。これからオジサン油断しないよう気をつけます。ハイ。

こうして節目の発表会が思いのほか早くファルセットが活躍する場になってしまったワタクシですが、この日はかつてご一緒していた先生やスタッフさんとの再会があったり、卒業された生徒さんが子供と一緒に顔を出してくれたりと、とても楽しく懐かしい1日でもありました。皆さまも体調には気をつけてどうぞ元気な日々をお過ごしください。

(と健康食品のCMっぽい終わり)


d0067750_14050266.jpg

いろいろお世話になりました(どちら様も)

[PR]
# by cicocico | 2017-08-28 14:20 | Comments(2)

お知らせ

◆シンシア

2017/09/29(金)【終了いたしました】
横浜 Paradise Cafe'
TEL:045-228-1668
神奈川県横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1
開場19:00 開演20:00(2ステージ 途中休憩あり)
チャージ:¥4,000(税込・飲食代別)

シンシア(Vo)、
吉澤秀人(Gt)、堺敦生(Key)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
# by cicocico | 2017-07-30 05:08 | Comments(0)

ささやかなプレミアム

 シンシアさんのおなじみ金曜のパラカフェ、金パラライブは今回も元気ハツラツに終了いたしました。暑い中お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。そういえばプレミアムフライデーだったこの日。世の中的にはそれなりに盛り上がっていたのでしょうか。少なくともパラカフェのお客様はおおいに盛り上がりライブを楽しんでいらっしゃいました。また、シンシア姐さんのライブとしてはめずらしく大きなどんでん返しや思わぬハプニングやムチャぶりのない、ほぼ予定通りのスムーズな流れでありました。そんな中、個人的な試練だったのは例の『銀河鉄道999』です。何度もお伝えしています通り、この曲のイントロのドラムフィルはカッチョいいんですが、両手だけのカホンでやるのは結構ハードです。にもかかわらず姐さんは突然のイントロサイズ倍攻撃を仕掛けて私の体力を削ぎとっていったりするのですが、この日はまた新たなワザを仕掛けてきました。それは曲つなぎです。クイーンの『Don't Stop Me Now』。この曲とつなげるというのですが、実はこの曲けっこう速いんです。で、リハで試したところ、やはり銀河鉄道とは速度の差がかなりあったので、キーボードの堺さんが、じゃあいったん打ちっ放しの白玉にして、あらためてカウントで出ようかと提案してくれたのですが、

「いや、ここは同じテンポでいい。勢いつくし」

と姐さん。

(!うっそーん

とココロで叫ぶ私。まさかのテンポアゲアゲ攻撃。イヤ気持ちはわかります、わかるんですけどね。ただ、これでまたもしサイズ倍攻撃までかぶせてきたとしたら。ううなんてオソロシイ。と、そんな個人的試練を与えられた私だったのです。そして、結果から言うとこの試練はギリギリで回避されました。この2曲の直前で数人のお客様が踊り出したのを見たシンシアさんが突如曲目を『Jolene』に変更。あとで聞いたら『Don't Stop 〜』だと速すぎてお客様が踊れないからということでした。おなじみの不意の曲目変更がこの日ばかりは私に味方をしてくれたのです。

(ひゃ〜、ラッキ〜〜〜!)

踊ってくれたお客様にココロで手を合わせた私。お客様は神様デス。私にとってのプレミアムな出来事はこれでしたとさ。ふう。

[PR]
# by cicocico | 2017-07-29 20:29 | Comments(0)

網棚にご注意

 いやあ、久しぶりにやらかしてしまいましたよ。電車内に荷物の置き忘れ。網棚にバックを残したまま下車してしまいました。いや実はワタクシ昔から電車の網棚に荷物を置いて座席に座ってしまうと、おそらくフツーの人に比べたらかなり高い確率でそのまま忘れて下車してしまうという体験的自覚がありました。そこでたいていは荷物はヒザの上で抱えるか足元に挟むようにし、もし網棚を利用する場合はたとえ座席が空いていても荷物の前に立つようにしていたのです。ところがこの日、平日の日中で車内が空いていたことに加え荷物が保冷バックに入れたプチトマトだったので、自分のヒザにのせるより網棚の方が少しでも涼しいだろうと思ってつい置いてしまったのです。さらに乗り換えの品川までは1時間近くかかるので、リュックだけ抱えてつい座ってしまったのです。これが失敗。完全な油断でした。案の定、品川に着いた時にはなんのちゅうちょもなくそのまま下車した私は乗り換え改札を通ってJR横須賀線のホームへ。待ち時間が15分もあったのにまるで気づかずノホホンと過ごす私。やがて電車が入ってきたので乗車して吊り革につかまって外に目をやった時、ふと、何かの違和感を感じました。前側にリュックを抱えてる。片手は吊り革を握っている。もう片方の手はあいている…。

…んアレ?…アッ!?

とその瞬間、扉は閉まり動きだす電車。

(あ゛あ゛〜〜〜〜っっっ!!やっちまった〜〜〜〜〜〜〜っっっっ!!!)

片方の手にあるべきバックがないことにようやく気づいた時はすでに遅し。せめてこれが山手線か京浜東北線だったら次の田町で降りてとんぼ返りするのですがこれは横須賀線。同じ1駅でももっと先の新橋まで行ってしまうのです。

(アチャ〜…、なんてこったい

目の前が真っ暗になっていく私。イヤ、ま、電車が地下に潜ってったからなんですけど。そしてジリジリしながら待つことしばし。というか持つこと新橋。到着するや今度は急ぎ足で都営浅草線のホームを目指します。というのも私が乗ってきた京急の快特の行き先は品川のひとつ先の泉岳寺。浅草線との乗り換え駅です。ここでいったん電車は回送となり引き上げ線に入るので、おそらくその時に私のバックは乗務員さんに拾われている可能性が高いと踏んだのです。これがもし直通の快特だったなら、浅草線を通り過ぎ隅田川や荒川も渡った先の京成線の青砥まで行かねばならないところでしたから、まだ不幸中の幸いというべきでしょう。これもまたささやかな大吉効果なのかもしれません。てことで新橋から今度は3駅戻って泉岳寺へ。駅員さんに事情を話すとすぐに調べてくれ、やはり回収されていることがわかりました。

「京急さんの忘れ物預り所で保管してますね。場所は品川駅の下りホームです」

とても親切に応対してくれた都営の駅員さんにお礼を言って、再び品川駅に降り立った私。こうして荷物は無事我が手の中に戻ってきたのです。最初に下車してから約1時間。品川と新橋を不必要にひと回りしてなんとなくすごろくの振り出し状態になり、歩数計の数字も不必要に上積みした私は、この後ようやくプチトマトを知人宅に届けることができたのでした。皆さまも網棚の荷物には十分ご注意ください。

[PR]
# by cicocico | 2017-07-21 00:54 | Comments(0)

お知らせ

Breath-talk

2017/10/07(土)【終了いたしました】
吉祥寺 Strings 
TEL:0422-28-5035
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
開場ーー:ーー 開演13:00 
チャージ:¥2,600(税込)

猪浦“Charlie”教行(Harp)、佐藤豊(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

[PR]
# by cicocico | 2017-07-17 10:28 | Comments(0)

ヤングフォーエバー

 13日、吉祥寺ストリングスでのブレストークライブは比較的無事に終了いたしました。まだ梅雨はあけていないながら大変暑い日が続く東京地方ですが、そんな暑さの中、足を運んでいただいた皆さま、まことに誠にありがとうございました。そんな皆さまのことを想ってか、涼しげな曲を選んでみましたとご挨拶していた僕らの僕らのリーダー、チャーリーことイノーラさんですがいかがだったでしょうか。おそらくは元気いっぱい勢いのある曲ではなくて、ゆったりめしっとりめの曲が多いということを言いたかったんだと思いますが、そんな独特の言い回し猿回しは多少はあったものの、この日はおおむね安定したトークでステージを進行させていたので、私はてっきりまた時差ボケになっちゃったのかと心配したくらいです。それにしては特に海外へ行ったというハナシもなかったですし、おそらくまあ何らかの目に見えない条件が重なったかなにかの理由で本来の意味での「いいステージ」になったのでしょう。次回ライブのために挑戦中という『Stardust』を、あくまでも予告編ですよと言いながらさわりだけでなく、まるまる演奏してしまうなどなかなかの太っ腹ぶりも披露し、結局やっちゃったからまた新曲考えなきゃ、などとつぶやいて笑いを誘うなど、ユーモアある話しぶりといい相変わらずの素晴らしいハーモニカといい、さすがは僕らの僕らの頼れるリーダーといった夜でした。にもかかわらずあえて「比較的無事に」と書いたのにはもちろんワケがあります。めずらしく好調だったリーダーの隙をついて現われた第二の刺客。そう、それはヤングサトーくんだったのです。彼についてはずっと前、私はとある知り合いから「なんとなくボヤボヤしてるよね」と言われたことがあるのですが、そんな見た目のイメージとはウラハラにメキメキと腕をあげたサトーくんのギターは、近頃はもうリーダーのトークにも遜色ないほど安定感は抜群で…ってあ、これだと良さが伝わってるんだか分かりづらいですね。えーと、リーダーのハーモニカにも遜色ないほど音色もキレイだし安定感があるのです。ウン、これホント。なので私も全幅の信頼をおいているのですが、この日、オリジナルの『同じ月を食べてる』を演奏した時のこと。曲の最後、エンディングのキメでビシッと終わった!…と思ったら、

…ん?アレ…??

なんとギターだけまだ残っているじゃありませんか。淡々と弾き続けるヤングサトーくん。すかさずリーダーもアドリブフレーズを重ねてきました。

…ゲ?マジかよ…!?

どうやらいつの間にかエンディングのサイズが変更になっていたのです。そういえば以前にも『Raindrops Keep Fallin' On My Head』のイントロの尺が倍になっていたことがありました。それは何かのイベントでチャーリーとサトーくんが2人だけで演奏した際に変更したそうなんですが、その後3人でのライブの時に誰もそのことを言ってくれなかったものだから、私ひとりがステージで密かにアセッたと言う出来事があったのです。その時のことが瞬間的によみがえり再び密かにアセる私。しかしどうにかうまく取り繕って(実際にはバレバレだったでしょうけど)なんとか演奏が終わりました。すかさず、

「ええと、今回(前の曲からつなぎのため)いつもと曲の入口が違いましたが出口も違いましたね」

と言う正直なリーダー。ああ、やらかしちゃったなあオレ、と思った私はサイズが変更になっていたことについて、

…2人は知ってたんでしょ?

と聞いてみました。するとリーダーはニヤリと笑い、

「いや…サトーくんの仕業

と言うではありませんか。なにイィィ〜!?と彼を見ると、いやあやっちゃいましたと苦笑いしてるのです。あとで聞いたらリピートの回数を間違えてたんだそうですが、それにしては堂々とさも当然といった態度で演奏してるもんだから、てっきり自分が間違えたと思っちゃったじゃないですかまったく。ちくそう。いやあギターばかりか態度も大物になってきたじゃないですか。とすっかりダマされる小物の私。さらにこの日はこれだけにとどまりませんでした。それは2部のステージでのこと。予定では『 GOKIGENI-KAGA』と言う割と元気系の曲のはずが、突然、事前のメニューにはなかった『Orange Blossom Special』をやるというリーダー。まあこういうのはよくあることですので特に驚きはしなかったんです。その日その時でお客様からのリクエストも取り入れたりとかね。だからこの時はまた休憩時間の間に曲目を変えたんだなあと思っていたんです。で、超絶のハーモニカ演奏が終わって次の曲に入る時です。

「今度の曲は結構テンポが速くなりがちなんです。今日はまた勢いのある曲の後なので、つられて速くなりすぎないように気をつけてやろうね」

なんてことを話すリーダーに、一瞬、

…ん?

となる私。次のオリジナル『雨の予感』も確かにテンポはそこそこあるものの、いつもそんなに飛ばしてはいなかったからです。ふとサトーくんの方に目をやると譜面台には『雨の予感』が広げられています。あれえ?そうだよなあ…なんかしっくりこないなあと思いつつもう一度サトーくんを見ると、口パクでなんか言っているのです。

…ん?…ご・き・げ・ん・い…かが…って!?オイマジか!!

間髪入れずリーダーのカウント!ほとんど反射的にカホンを叩く私!そう、始まったのは『 GOKIGENI-KAGA』。曲目が変わったのではなく、単に1曲追加されただけだったのです。なんとか喰らい付いて演奏に入れたからよかったものの、またしてもサトーくんの完全なフェイクにまんまとしてやられた私。オノレちくそう。いやま、勝手に思い込んでた私がワルイんですけどね。ただ、これまでも意外と私のいないところで変更があったりした経緯があるもんですからね。ついついね。いやあそれにしてもいろんな意味で立派になりましたヤングサトーくんも。これからもずっとそんな感じでいってほしいなあ。うん、ヤングフォーエバー!

と、終演後にリーダーとグラスビールで乾杯する彼の姿に、なんとなくかつての面影を重ねる私なのでありました。うふ。

[PR]
# by cicocico | 2017-07-15 19:45 | Comments(0)

お知らせ

椎名恵
「秋月夜のSoiree」

2017/09/09(土)【終了いたしました】
築地 BLUE MOOD
TEL:03-3549-6010 
東京都中央区築地5-6-10 浜離宮パークサイドプレイス1F
開場17:30 開演18:30(2部構成)
21:00終演予定
前売:¥5,200/当日:¥5,700(共に税込・+1ドリンク)

椎名恵(Vo)、
恩田直幸(Pf)、吉澤秀人(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

☆メルマガ会員優先予約受付中(7/14まで)☆
■一般予約開始2017年7月17日(月)10:00から
・BLUE MOOD 電話予約
03-3249-6010(平日9:00~18:00)
03-3549-6010(18:00以降及び土日祝)
・BLUE MOOD オンライン予約
■入場順 (1)メルマガ会員優先予約者(2)一般メール予約者
当日来場順に(1)メルマガ会員優先予約者、 (2)一般予約者 それぞれの列にお並びください。

【お問い合わせ】
BLUE MOOD
03-3249-6010(平日9:00~18:00)
03-3549-6010(店舗直通番号~22:00)

[PR]
# by cicocico | 2017-07-14 10:20 | Comments(0)

散歩のお供に

d0067750_11460922.jpg

 ハイ、買っちゃいました。ええ、買ってしまいましたよ歩数計。これまでさんざんあちこちフラフラと散策(徘徊)していたにも関わらず、こういうものを身につけようという発想がまるでなかった私ですが、最近ふと、そういえば自分は普段いったい何歩くらい歩いているのだろうか?という疑問が頭に浮かびました。散策(徘徊)するときはもちろん日常のある1日にはどのくらい歩いているのか。そんなことが気になりだした私。これって加齢によるものでしょうか。で、確かウチの親が使っている携帯には歩数計の機能がついてたなと思い出した私は、あらためて自分の携帯を確認してみたのですが、残念ながらそのような機能はついていなかったのです。やっぱりらくらくホンじゃないからでしょうか。そこで何度か頭の中で歩数を数えながら歩いてみたのですが、いやもう途中で絶対わからなくなるし他のことが考えられなくなるしで、絶対無理!とあきらめざるをえませんでした。で結局買っちゃったんですが、実はワタクシこの機械のことを今までずっと「万歩計」って言ってたんですけども、それは宅急便やウォークマンなどと同様に、あるメーカーの登録商標だったんですね。今回購入するにあたりいろいろ調べてて初めて知りましたよ。イヤハハハ。ということでこの歩数計、届いた日から外出時には身につけるようにしてるのですが、1万歩を超える日もあれば4千歩くらいの日もあるし外出しない日はもちろん0歩だしバランバラン。まあ当たり前ですか。まだそれほど日も経ってないしね。でもおおよその歩いた歩数とか距離が分かるのはなかなか楽しく、これまた買ってよかったなと思ってます。先週の土曜日は都内にライブを見に行くことになっていたので、これはいい機会だとしっかり歩数計を装備して(といってもポケットに入れるだけだけど)出かけましたよ六本木に。ギロッポンに。今年2月にも50曲ライブにご一緒させていただいた光田健一さんひきいる「ザ・ハモーレ・エ・カンターレ」通称ハモカンのライブを見に行ってきました。いずれおとらぬ実力者4人の歌声が入れ替わり立ち替わり重なり合い支え合い響きあう見どころ満載圧巻のステージ。この秋にはツアーも決定しているそうなので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。この日は昼と夜、少し中身も違う2回公演でしたので、ワタクシは空いた時間を利用してまた周囲をフラフラしてみました。田舎もんのワタクシにはそれこそめまいがするような表通りの喧騒を避けて横道に入ると、ギロッポンといえど場所によってはかなり古そうな建物だったり雰囲気のある路地が残っているではありませんか。また意外に坂道が多いんだなということもわかりました。おなじみの「芋洗坂」の他「スペイン坂」「なだれ坂」「丹波谷坂」「寄席坂」などなど。親切にも標識が設置されていてその名の由来が書かれておりました。もしかすると標識のない小さな坂にもきっとそれぞれ名前や歴史があるんだろうなと思うと、なかなか楽しいギロッポンの街歩きでありました。帰宅後に歩数計を見てみると、おお!なんとおよそ1万5千歩と過去(といってもまだ10日くらいだけど)最高記録を達成!これはなかなか励みになるじゃありませんか。これからも出かける時はコイツを身につけて、むやみにフラフラウロつきまわるよう心がけます。


d0067750_11060057.jpg

素敵なツーショット(まだ75歩。よおし

[PR]
# by cicocico | 2017-06-29 12:19 | Comments(0)

ウチでもスイングしてるぜ!

d0067750_12524709.jpg

 ハイ、買っちゃいました。ええ、買ってしまいましたよ水飲み鳥。いや正直もうこんな昭和なモノもう売ってないだろうと思ったんですが、調べたらまだご健在だったもんですから、見てるうちにやっぱり欲しくなっちゃったのね。で、ウチに届くやさっそく水を与えたんですが、いやあ〜イイっすねこの動き。すごい懐かしくてすごいいやされますわ。ホホホ。もう毎日毎日ず〜っとユラユラコックリコックリしてます。誰が考えたんだか知りませんがすごい科学のおもちゃですよねえ。またこの動く仕組みもさることながら鳥のカタチにしたところがね、グッドですよね〜。ついついず〜っと眺めてしまいます。でもこれ、思い出したきっかけは舟をこいでる人だったんですけど、何気に眺めているうちにふと、酔って寝落ちするオノレの姿のようにも見えてきたりして。イヤハハハ。オノレ!揺れながらだんだんと傾いていってスーッとコップに倒れこんで、そしてハッと目をさますという一連の流れが寝上戸のワタクシの行動パターンにけっこう似てるような。ホホホ。気をつけよ。まあ、そんな意味でも買ってよかったってことで。


d0067750_09311784.jpg 
 寝落ちのワタシ。

[PR]
# by cicocico | 2017-06-20 23:23 | Comments(0)

トリノアプリ

 梅雨入りしたと言われた途端、なんとなく雨の日が減ったような気がする今日この頃。とはいえ晴れても湿度が上がって日中はムシムシとしたムシできない日が多くなってきたり、降れば降ったでうすら寒かったりと、着るものと体調管理には気を使います。これからまた徐々に暑くなっていくでしょうから、しばらくはあまりハードな散策(徘徊)は控えつつも、天気や気温のスキを見つけてはチョロチョロウロウロとしているワタクシです。おかげさまでそうですね、ここのところの対戦成績は3勝9敗くらいでしょうか、若干の勝負強さというか相変わらずの勝負弱さというか、どちらに磨きがかかっているのかわかりませんがそれはさておき。そうやってあちこち歩き回っていて気がついたのは鳥の声です。東京のようなああ〜果てしない〜大都会ではわかりませんが、ウチのまわりだと野山はもちろん町中でもけっこういろんな種類の鳥の声が聞こえてくるのです。で、ちょっと個性的な鳴き声や以前もどこかで聞いたことのある声を耳にした時に、その鳥の名前が分かったら楽しいだろうなあと思ったわけです。スズメやツバメやカラスくらいだったらわかりますよ。でも、あーこれはなんて鳥だろう?と思ってもあとから調べるのってけっこう難しくないですか。名前から鳴き声を調べるならともかく、鳴き声からなんて鳥かを調べるのってねえ。ネットで検索するにしても鳴き声をしらみつぶしにあたっていかなきゃいけないだろうし。図鑑で調べるにしても鳥の声って文字で表すの難しいですよね。カラスは「カアー」ウグイスは「ホーホケキョ」トンビは「ピーヒョロロ」くらいならわかるけども、自分の聞いた鳴き声はなんて表現したらいいのか一般的にはなんて書かれているのかわからないじゃないですか。なのでそういうなんというか逆引き辞典的なものがあったらいいのになあと思ったわけです。たとえば変わった鳴き声が聞こえてきた時にそれを録音するとすぐさま「これは○○鳥です」と教えてくれるバードレコーダーとか。バーコードリーダーじゃないですよ。もしくは今どきだとスマホで使える鳥の声アプリとか。音声で色々検索できるご時世ですからそういう技術を応用して誰か開発してくれないかなあ。もしそんなアプリが手頃なお値段であったらすぐにでも使いたいんだけどなあ(←それ以前にガラケーですけど)。


いや、そしたらもう真剣に買い替え(※)を検討します


(※注:らくらくスマホを含む)



[PR]
# by cicocico | 2017-06-16 00:54 | Comments(0)

お知らせ

椎名恵
「Back to the 70's」

2017/07/16(日)【中止となりました】
下北沢 440(four forty) 
TEL:03-3422-9440
東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル1F
開場18:30 開演19:00(2部構成)
チャージ:¥4,000(税込・+1オーダー)

椎名恵(Vo)、
恩田直幸(Pf)、吉澤秀人(Gt)、井上“Cico”浩一(Per)

■予約開始
2017年6月14日(水)から
メール予約・詳細はコチラをご覧下さい。
■入場順 
(1)メルマガ会員優先予約者
(2)一般メール予約者
それぞれの列にお並びください。
受付番号に関わらず当日来場順です。
※メルマガ会員のかたでも優先予約期間終了後に予約されたみなさんは一般予約となります。

【お問い合わせ】
下北沢440 TEL:03-3422-9440(16:00~)

[PR]
# by cicocico | 2017-06-12 10:24 | Comments(0)

スイングしてるぜ!

「舟をこぐ」というたとえがありますよね。コックリコックリと居眠りしている人が身体を揺らしているアレです。電車の中でもよく見かけますが、実際、電車に揺られているとなぜか眠くなるし、またそのウトウトしてるのが気持ちいいんですよね。で、つい舟をこいでしまうわけですが、先日、ものすごい舟をこいでいる人をお見かけいたしました。お昼を過ぎた頃でしたか、乗り合わせた下りの京急電車はわりと空いていました。僕は座らずに真ん中の扉の近くに立って何とはなしに外の景色を眺めていたんですが、ふと目の端に何かを感じましてね。で、何気なく目をやると女性の方が舟をこいでいたんです。それがね、左方向に揺らいでいるんですが、もうほとんどシートに倒れるんじゃないかというくらい傾くんですが、でも倒れずにフッと復元するんですよ。そしてまたユラユラし始めてだんだん揺れが大きくなってきて(アッ!?もう倒れる!!)というところまでいって、でも倒れずにフッと復元するんですよ。そういうところ、あんまりジロジロ見てちゃいけないなあと思うんですが、そのあまりにスケールの大きい舟のこぎっぷりについ目がいってしまうんです。座っていたのは7人がけの端から3番目あたりでしたが、それでもスゴイなあと思ったのは、右隣りには人が座っていたのに絶対にそっちへは傾かないってことでした。あくまで空いたスペースを利用して(利用して?)スイングしてるんですよ。そう、もはや船をこぐというよりはスイングしてると言った方がいいくらいのスケールだったんです。いっそ、もうそのまま横になっちゃったらと声をかけてあげたくなるような、そんな素晴らしいスイングでした。ところが途中の駅で右隣の人が下車すると、いったん復元したその女性の今度は左隣に、乗ってきたお客さんが座ったんです。

(あちゃ〜、大丈夫かなぁ

と密かに気をもむワタシ。だってホラ、僕も経験ありますけど舟をこぐ時ってなぜか大抵同じ方向にこぐじゃないですか。しかもそんな大きなスイングですから、今度はそのお隣さんの膝の上あたりに思いっきり飛び込んでしまうんじゃないかとハラハラしたんです。だからジロジロ見るなって。ハイ。そしたらね、まもなくまたユラユラし始めたんですけど、なんと!今度は右側の空いたスペースに向けてスイングを開始したんですよ!で、やっぱりシート直前までいって復元という。いやあスゴイ!と密かにココロの中で勝手に拍手しちゃいましたよ。いいじゃないですか、人様には決して迷惑をかけないというその心意気。これもある意味「神スイング」じゃないでしょうか。知りませんか。そんな、なんとなく最後まで見届けたいような思いをちょっとだけ抱きつつお先に下車したワタクシは、なぜだか今、妙に懐かしの水飲み鳥がアタマの中をグルグル飛び回っています。というかコックリコックリしています。買っちゃおっかなぁ

[PR]
# by cicocico | 2017-06-05 22:40 | Comments(0)

虹と紙テープの頃

d0067750_12162731.jpg  暑かったりうすら寒かったりとどうも今ひとつ天気の安定性に欠ける5月ですが、シンシアさんのライブとあってか19日はキッチリと晴れ、気温も上がって夏日の金パラになりました。そして今回もそんな表の暑さに負けないくらいアツかった姐さんのライブにお越しの皆さま、ありがとうございました。お疲れさまでした。前半は『ロックンロール・ウィドウ』や『ああ無情』など、なつかしの歌謡曲、後半はおなじみダンサボー特集ってことで、全体的に歌いまくり踊りまくりミラーボール回りまくりのイケイケ系の夜でございましたが、そんなアツいステージであっても、ここ最近の傾向として常に何かネタを入れたい姐さん。この日はたくさんの紙テープが用意されていたのでどうしたのかと思っていたら、どうやら『銀河鉄道999』でステージに投げ入れるという演出なんだとか。なんでまた急に?と堺さんに聞いたところ、どこかのお店でシンシアさんがキャンディーズを歌った際に紙テープが飛んできたのがよかったらしいよ、と笑って教えてくれました。はあ〜、そうなんすか。で、お店のスタッフさんに協力してもらって何度も練習。

「じゃあひとり2個ずつ持って」

「絶対お客さまに当てないように」

「少し角度つけて上に向けて」

「しっかりテープが弧を描くように」

「イントロのこのタイミングで一斉に」

「アタシの顔にぶつけたら後で蹴り」

などなど、この日一番入念なリハーサルだったんじゃないでしょうか。タハハハ。ただ、私にとってはこの曲の過酷なイントロのサイズが伸びるのだけが心配だったのですが、そこはもうお約束通りしっかりと伸びて強引に私の体力をむしり取っていくという荒技でした。しかしまあうまくテープも飛んだしお客さまも盛り上がったのでヨシとしましょう。スタッフの皆さま、ありがとうございました。お疲れさまでした。ついでに私も、お疲れさまでした。

ところでこのライブの前日にもたまたま横浜に来ていた私ですが、夕方に大きな虹に遭遇いたしました。残念ながら2時じゃなくて4時半くらいでしたけど。いや別に残念でもないか。きっと見てた人もたくさんいたんじゃないかと思いますが、きっちり半円のアーチがかかった実に見事な虹でしたね。と言いつつ写真もないんですけど。いかんせんガラケーじゃあねぇ。この時ばかりはちゃんとしたカメラ持ってたらなあと思いましたよ。僕のところからだと、山下公園のあたりから横浜港をまたいで反対側の埠頭まで、しっかりと虹の架け橋ができていたのでしばし見とれていたんですが、あ、これは横浜ベイブリッジの上にホンモノのレインボーブリッジが架かってるんだ!ということに気づいてついニヤニヤしてしまった、そうですやっぱりワタシが変なオジサンです。イヤでもこれも大吉効果なんでしょうか。なんかとってもいいモノが見られて、なんかとってもいいことがありそうな予感がしましたもの。

で、その翌日


投げられた色とりどりのテープの放物線を見て、

(あこれだったのか……

と腑に落ちた私です。おちまい。



[PR]
# by cicocico | 2017-05-21 20:10 | Comments(2)